山林生活

年末の山林大掃除

年末の山林大掃除

[更新日]
[著作者]

薄ら寒いこの時期は山林を購入したことを忘れ暖房のきいた部屋の中に閉じこもっていたいです。
わざわざ車で100キロ以上走っていかなければなりません。しかもそこに行ってもまだ何も完成していない土地。
それでいて寒いとなると足が遠のいてしまいます。

しかし、年末ということもあり掃除だけはしなければと思いました。

山林全てを掃除しだしたらいつになるかわかりません。
とくにこの時期は落ち葉も酷く、もしきれいにするとなると全てを掃かなければなりません。
さらにはこんなに寒いのに未だ雑草はのびてきています。草刈りもしなければなりません。
その辺に動物のフンや食い散らかした作物も転がっています。一日やそこらで終わる作業ではありません。
そのため山林の大掃除といっても小屋の中を整理するだけにしました。

dsc_0007

大分散らかっています。
当方、学生のころ掃除屋でアルバイトをしていました。公共施設や企業などの床磨きや窓ふきなどの仕事です。
かなり長くやっていたためある程度の技術は持っていると思います。
ハウスクリーニングに頼むよりも自分でやったほうが綺麗にできると思います。
でも、当方は掃除が嫌いなんです。苦手ではないのですが嫌いなんです。

嫌いな理由は「お金がもらえないから」なんでしょう。
自分の部屋を掃除しても誰からもお金はもらえません。
掃除屋というのは業として清掃をしているわけです。ただで掃除はしません。
掃除屋で技術は身についたものの、掃除屋で掃除ができなくなってしまいました。
結果的に片づけられない人になってしまいました。
このような経緯から日常の掃除はせず、本当に困ったらするという状態になっています。

今回の年末の大掃除も決して「年末だから」という理由ではありません。
今回掃除をすることになったのは物が見つからなくなったからというものです。
自宅であれば常日頃そこに常駐しているため多少散らかっていても「どこに」「何が」あるのか見当がつきます。
しかし定期的に通うだけの場所の場合、どこに置いたのかわからなくなってしまうのです。

あれ?かなづちどこ置いたっけ?ハサミがなくなった!!
スコップが無いんだけどもしかして盗まれた!?

作業を止める原因となっているこの紛失トラブル。全ては使ったものを元に戻さないからなんですけど。
これを何とかしようと思い年末の大掃除をすることにしました。

とはいっても別に綺麗にするつもりはありません。
現在、小屋は改修中です。今綺麗にしてもすぐに汚れます。そのため拭き掃除なんてことはしません。
単純に散らかっているものをまとめるだけ。それって掃除では無いじゃんと思うかもしれませんが、それで充分なんです。
何ら掃除屋で培った技術など必要ありません。ただ寄せるだけ。

dsc_0008

ネジはネジ。道具は道具箱。ごみはゴミ箱。
山林購入当初に買った工具も今回の掃除で見つかりました。
今年はもう寒いので山林に行く予定はありません。
年明けも寒いですが、4月までに何とかしないといけない(と思っている)ので来年は頑張ろうと思います。

関連記事

【自家栽培】悠久の時を経て、ついに畑に種を蒔くとき。
【自家栽培】悠久の時を経て、ついに畑に種を蒔くとき。

畑づくりをしていきます。 とりあえず畑の周りに囲いを作りました。あとは種蒔いて待つだけです。 畑の周りを囲う支柱を購入し...

 
泥遊びは楽しい。一からレンガを作ってみる
泥遊びは楽しい。一からレンガを作ってみる

井戸掘りをしたあとの残土があります。 残土に関しては井戸掘り業者に処理してもらうこともできたのですが、その場合処理費用がか...

 
【閲覧注意】山林生活は生き物と共存しなければならないらしい
【閲覧注意】山林生活は生き物と共存しなければならないらしい

ですよね...。いますよね....。 まさかの玄関口。小屋の入り口にGさんがいらっしゃいます。 しかしこれま...

 
杉の木から出る樹液?杉脂?って食べられるの?
杉の木から出る樹液?杉脂?って食べられるの?

当方が所有する山林はすでに小屋があり、ある程度開拓された土地でした。これらは前所有者が知り合いと共に開拓していったわけですが...

 
土地を買って小屋暮らしという選択は正しいのか
土地を買って小屋暮らしという選択は正しいのか

人は生きていく上で衣食住が不可欠。しかしそれを満たすためにはお金が必要。 できる限り出費をおさえた生活を考えた時、一番削れ...

 

Profile

Author:

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らし、土地持ちホームレスを目指し開拓中⇒プロフィール

お気に入りRSS