山林生活

アプリがクラッシュ!スマホでじぶん銀行から引き出せない

アプリがクラッシュ!スマホでじぶん銀行から引き出せない

[更新日]

キャッシュレス生活をしよう。去年のはじめにそのように言ってから一年が経ちました。
そしてキャッシュレス生活ではなくウォレット生活に移行しました。財布を持たない生活。スマホによる電子決済。数枚のカードでの生活が始まりました。カード一枚とスマホだけで今のところ何不自由ありません。これを可能にしたのはスマホがあれば口座から引き出せる「じぶん銀行」というものがあったからです。

【ミニマリスト】キャッシュカードすら持たないウォレットレスな生活
【ミニマリスト】キャッシュカードすら持たないウォレットレスな生活

高いものはいいものだ。 この考え方は当方の基本原則となっております。値段が高いということは相応の素材を使っ

電子決済やクレジット決済が全ての店で通用するというわけではありません。今回の増税で対応店舗もかなり増えたのでしょうが、それでもまだ現金取引だけしか対応していないところもあるのです。そのような店舗があるため一応一万円だけは忍ばせているんですが、もしかしたら一万円では足りないことがあるかもしれません。キャッシュカードがあればコンビニATMで銀行から引き出すことができます。しかしそのためにはキャッシュカードを持ち歩かなければなりません。ウォレットレスでできる限りものを持たないミニマム生活を目指しているのに、一万円以上の現金が必要になるかどうかわからないのに、そのためにキャッシュカードを持ち歩くなんてナンセンスです。でも、やっぱりお金を引き出せる環境は残しておきたい。

このような悩みがありました。

それを叶えてくれたのが「じぶん銀行」というものでした。じぶん銀行はキャッシュカードを持っていなくてもスマホにアプリを入れていればコンビニATMで現金を口座から引き出すことが可能なんです。この機能が使えるのはじぶん銀行ともう一つ地銀のヤツがあったと思います。これであればキャッシュカードを持ち歩かなくても不測の事態が生じた際に現金を引き出せるわけです。そんな便利で自分好みのサービスがあるということですぐに口座を開設、アプリを導入しました。

それから半年間経ちましたが、結局一度も使っていません。基本的に高額なものはクレジットカードで支払いができます。そして現金払いしか対応していなかったとしても事前に分かっていることが多いため現金を用意してしまいます。このようなことがありわざわざ口座から引き出さなければならない状態にはならなかったわけです。そのため口座は塩漬け状態でした。

そして今年に入り三週間ほどバンコクに行っていました。出来ればもう少し長くいたかったのですが金銭面や日本での仕事があるため仕方なく戻ってきたわけです。また何とかしてお金を用意し、海外でのんびり生活をしてみたいものです。そうなんです。どうしても旅行はお金がかかるんです。宿泊費や食費、移動費など。
節約すれば日本と同じかそれよりも出費は少なくできる!なんて言っている人はいますが、煩悩の塊である当方にとってはそれは難しく、外貨を手に入れたら「なんだか人生ゲームの紙幣みたいだな」と言いながら計画性もなく使い果たしてしまうわけです。

日本では電子決済が主となっておりますが海外で電子決済を使用する場合は現地のアプリを入れたりしなければなりません。そのためもっぱら現金払いです。ホテルはカード決済、ちゃんとしたレストランやショップであればカード決済、でもちゃんとしたところに行く機会がない。そのためほとんどが現金支払いになっています。現金は日本円もしくは米ドルを現地に持っていきその都度両替をするか、またはカードでキャッシングという形を取っています。
今回の旅行はキャッシング無しで考えており現金を持っていく形としました。ホテル代はカード決済、つまり食事代と移動費などを現金支払いにしようと思っていたわけです。そうするとお金を持っていかなければなりません。

出発当日、一応現金は持ってきたものの少し足りないんじゃないかという気持ちになりました。もしかしたらあんな店やこんな店に行くかもしれない。そうなれば結構な金額とられるかもしれない。ひもじい思いはしたくないので余裕を持っておきたい。
まぁ足りなければキャッシングすればよいわけです。でもキャッシングってあまり良い響きではありません。要は借金ですからね。帰ってきたら返すとしても気持ちの良いもんではないわけです。できれば現金を持っていきたい。

あるじゃん。持ってるじゃん。そうじぶん銀行。

手元にスマホがある。あとはコンビニでお金を引き出せるわけです。ということで羽田空港に向かう道中にコンビニに立ち寄りました。ATMの前でアプリを立ち上げます。今回これで引き出すのは初めてです。

じぶん銀行アプリ「アプリがクラッシュしました。再設定を行ってください」

ん!??これまでアプリは何度か立ち上げており、不具合は無かったのですが突然クラッシュしました。そして再設定のアナウンスがされました。どうやら再設定をしなければ出金どころか残高を見ることもできないようです。ということで再設定を行います。しかし再設定は手元にキャッシュカードを用意しなければなりません。

詰んでるじゃん。これから飛行機に乗って海外に行くのにキャッシュカードは家にある。どちらにしても引き出せないので羽田空港に向かいました。その間ネットで色々調べていると「ログインできなくなる時がある」という書き込みや中には「不正アクセスがどうの...」という書き込みも。不正アクセスで預金なくなるのは困るわけです。せめて不正アクセスがあったかどうかの確認をしたい。ということでじぶん銀行に確認の電話をしました。

電話では当方の個人情報を告げます。契約者名や住所、電話番号など。そして最後にキャッシュカードの裏面の情報が必要とのこと。

それがないから電話をしてるんです!

それがないから電話をしているのにそれがなければ対応してくれないとのこと。そもそもがアプリクラッシュによって今の状態になっているわけです。お金引き出せないうえに自分の口座が安全かどうかもわからない。しかもこれより三週間日本から離れるわけです。この状況を担当者の人もわかって欲しい。

担当者「海外に行くのはご旅行でしょうか?」

そこ、いる~??その情報、必要??
こちらの状況を危惧してなのか、担当者からの提案内容は「カード紛失扱いで口座停止」というものでした。再開するのに再発行手数料が2000円かかりますが、キャッシュカードが手元になくても口座を保全できるとのこと。帰ってきて手続きに時間がかかるのと2000円がかかるのは仕方ありませんが、不安のまま三週間気にするよりも停止してもらった方がよいです。こんな感じでバンコク出発前の羽田空港で口座停止の手続きをしました。
帰ってきて早速口座再開の連絡を入れます。カードを郵送してもらい、アプリの再設定をすればまた使えるようになるとのこと。

また使えるようにって、使えてなかったじゃん。

そうです。不測の事態のために用意したじぶん銀行。キャッシュカードがなくても引き出せるという触れ込みでしたが、アプリに不具合があれば引き出せなくなってしまうわけです。今回の旅行は手持ちの現金でどうにかなりました。というより引き出せなかったのであんなことやこんなことを出来なかったという側面もあります。
お金を引き出したい時に引き出せない。アプリの不具合があるたびに口座の心配をしなければならない。このような悩みがついて回ります。そこで当方は一つの結論に至りました。

キャッシングでいいんじゃないか?

お金、借りればいいじゃない。だってお金がなくて困ってるんでしょ?だったら借りちゃえばいいんだよ。

どうやらじぶん銀行からお金を引き出すためには手数料が必要とのこと。まぁ当然のことです。キャッシングであれば同日返せば金利はかからないとのこと。だったらそっちで充分ですよね。

どうしてもキャッシングという言葉に抵抗があったのでキャッシュカードがなくても銀行から引き出せる形を探し、その結果じぶん銀行にたどり着いたのですが、アプリの不具合一発で引き出せなくなってしまうわけです。それであればクレジットカード一枚で対処していけばよいと思います。そもそも現金が緊急で必要ってことがこれまでなかったので今後必要なことがあればカードでキャッシングする形を取ります。というわけでじぶん銀行にお金を預けるのはこれで終了。日本に戻ってきてカードを再発行。そして窓口に連絡をして利用できるように再設定しました。早速引き出したいと思います。

お客様のアカウントは現在利用制限となっております。

もう、これなんなんでしょうかね...。

関連記事

井戸水の水質検査がでました。
井戸水の水質検査がでました。

水質検査の結果が届きました。 今回水質検査をしたのは念のためです。飲み水にするつもりはそもそも考えていませんでした。 将...

 
アウトドアでも使える!堅牢性の高いLenovo ThinkPad 13
アウトドアでも使える!堅牢性の高いLenovo ThinkPad 13

パソコンが届いたということで早速都心に戻りました。 近くの宅配業者の営業所止めでもできたのですが、PCの設定があるため自宅...

 
土地を買って小屋暮らしという選択は正しいのか
土地を買って小屋暮らしという選択は正しいのか

小屋暮らしをしてみたいと考える人は結構多くいるようです。とくに都会で忙しい日々を送っている人は田舎で自然に囲まれた生活に憧れ...

 
【税金】建物があると例え山林でも宅地扱いとなり固定資産税がかかる
【税金】建物があると例え山林でも宅地扱いとなり固定資産税がかかる

先日、税務署から連絡がありました。 連絡内容は当方が所有している山林の課税に関してです。本年度が課税対象年で、これまで課税...

 
余った石膏ボードの再利用のための実験
余った石膏ボードの再利用のための実験

小屋暮らしのため、小屋を改修しております。前オーナーは山林小屋の壁をOSB内装用合板を使っていました。個人で作成したため隙間...

 

Profile

Author:山林生活

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2020 山林生活 All Rights Reserved.