山林生活

‐【コンビニ酒】地元酒「燦爛 吟醸酒」を呑む【益子町】‐

【コンビニ酒】地元酒「燦爛 吟醸酒」を呑む【益子町】

[更新日]

代わり映えのしないコンビニの棚。酒はいつも同じ。
そのためいつも似たようなものを購入しがちです。しかしコンビニによっては少しばかり特色を出しているところもあります。

コンビニの種類は大きく分けて二つ。

一つは余った土地にコンビニを立て、コンビニオーナーとして脱サラしたりして始めるところ。
もう一つは元々酒屋とかの店舗だったが、コンビニに鞍替えしたところ。
当方が好きなのは後者の元店舗のところです。

少子化や商店街の衰退。ネット販売や格安酒屋の登場、飲酒人口の減少などで酒屋だけで成り立たなくなったところがコンビニとして心機一転しているところは珍しくありません。とくに酒屋は酒も売るしツマミも売ります。地方であればそれ以外のものも。要はコンビニと大してかわりはありません。そのためコンビニに切り替えるところが多いのでしょう。酒販免許があるためそのあたりの手続きも不要。また酒屋ではタバコも扱っているためここの販売許可も不要。比較的簡単に切り替えができるのでしょう。

コンビニに切り替えるとそのコンビニ色に染まってしまうわけですが、そこは元酒屋。以前から付き合いのある酒卸業者も知り合いが多いのでしょう。当然そのあたりもコンビニのラインナップに入れてくるわけです。コンビニオーナーにどの程度の裁量を与えられているのか知りませんが、この独自性を出すところは当方は好きな部分です。

なんだか知らないけれど酒販コーナーが充実している。
普通、コンビニでこんな酒取り扱うものなのか?

この普通ではない感じがコンビニに行ったときに味わえるというのは素晴らしいです。
今回はそのような気持ちを味わわせていただきました。

とはいっても元酒屋とか関係なく、地元の酒だから置いてあったんだと思いますが、今回手に取ったのは益子町の酒造が造った「燦爛(さんらん)」です。

当方、日本酒は好きなのですが違いがそこまでわかりません。醸造酒に関してはワインもそうだしビールもそうだし、どれを飲んでも大して変わりないと感じてしまいます。当然甘い、辛い、酸っぱいとかその辺はわかるのですが、

「最初だけで酔っぱらったらなんだっていいじゃん」

というのが当方の考え方。とくにワインに関しては「赤は渋い」「白は酸っぱい」という分類わけですからね。
不味かったとしても最初我慢すればあとはどんな味でも受け入れられます。正直なところ何飲んだって最終的には同じアルコールなんでどうでもいいんですよね。
多分今回飲んだ「燦爛 吟醸酒」も美味しいやつなのでしょう。非常に飲みやすかったです。吟醸酒は口当たりがよいものが多いです。当方のようにクセの強いのが好きな人間は吟醸酒よりも純米酒とかのほうがよいのかもしれませんね。味音痴だからクセが強くなくてはいけないのかもしれません。

でもこんな感じでその土地に行ったらその土地のものを呑めるのは素晴らしいです。
道の駅とかでも売っていますが、大体が四合瓶か一升瓶です。ワンカップがあるといいんですがね。今回のも300mlの瓶です。できれば180mlのやつがあると二種類楽しめるんでいいんですけれど。なかなかワンカップで種類豊富というのが少ないのが残念です。

今回の酒のアテは干し芋です。乾きものでありながら若干湿っている。

酒のアテだとしょっぱいものを選びがちですが、こういう甘いやつも合うんですよ。当方はアンコとか羊羹とかも酒のアテとして考えています。日本酒に羊羹とか結構合うんです。酒を飲む人は甘いものを食べないというのは嘘で、酒が好きだからこそ甘いものとも合わせられるんです。ウィスキーにチョコとかが合うように、日本酒に和菓子ってのも合わせられるんです。

酒を飲む人は甘いものを食べないって人はそもそも甘いものが好きではない人なのでしょう。

でも今回は羊羹とかではなく、甘みを抑えた干し芋。理想はその土地で採れたものを酒の肴にしたいのですが、そこはコンビニおつまみです。隣県の茨城の干し芋となりました。この干し芋とお酒って結構合うんです。今回は日本酒でしたがモルトウィスキーとかにも合いますね。火が無いため冷たいままの干し芋でしたが温めてから酒の肴にするっていうのもよいのかもしれません。これからの時期にちょうどよい酒の肴。ぜひ試してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
【安酒】ブラックニッカはウィスキー界のセーフティーネット
【安酒】ブラックニッカはウィスキー界のセーフティーネット

大衆居酒屋とか行くと必ずあるウィスキー銘柄。とくにハイボールブーム以降はウィスキーの知名度も上がり、頼む人も増えたのか、大体...

 
蒸留しないのに度数30%ある純米酒を飲んでみた。
蒸留しないのに度数30%ある純米酒を飲んでみた。

ビール、焼酎、ウィスキー。 基本的にこの三つがメインとなっています。最近ではやはり安い焼酎がメイン。 でも地方に行くとそ...

 
LAPHROAIG SELECT CASK(ラフロイグセレクトカスク)を飲んでみて
LAPHROAIG SELECT CASK(ラフロイグセレクトカスク)を飲んでみて

当方が初めてウィスキーを口にしたのは恐らく幼稚園生のころでした。 当然ただの苦くて変な感じの飲み物という認識でした。あ...

 
ウィスキーの値段が高騰している問題について
ウィスキーの値段が高騰している問題について

当方酒飲みです。 いわゆる「飲む」「打つ」「買う」を地で行く社会不適合者なのですが、最近のお酒の値段について「高いなー」と...

 
山林で酒盛りをはじめてみる
山林で酒盛りをはじめてみる

猿です。 この季節は人里近くまで降りてくるようです。 かなりの数当方の所有している山林にも表れます。 当方...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.