山林生活

‐国際線にも持ち込めるポータブル電源「RAVPower」のレビュー‐

国際線にも持ち込めるポータブル電源「RAVPower」のレビュー

[更新日]

無駄に買ったファイヤースターター。それと同じように無駄に買ったものがあります。
当方は以前車中泊用にANKERの大容量モバイルバッテリーを購入しました。

当方が買ったころは品薄状態。Amazonでは品切れ。代わりに転売の人が定価よりも高値で出品していました。
ただたまたま池袋のヤマダ電機に在庫があったためわざわざそこまで足を運んで買いに行きました。価格は5万円です。
結構高い買い物でしたが、なんだかんだで役に立っております。山林にいる時も電源はこれを使っていますからね。
あとはソーラーパネルで充電もできますし、やっぱり高いものは良いものです。

そんなPowerHouseですが、先日のAmazonプライムセールで値引きしていました。値引き率は20%引き。約1万円安かったのです。
もう一台買う?と思ったのですが、20%引きですからね。これが40%引きなら即買いだったのですが、人気商品なんでそこまで値下げはできないのでしょう。
しかし買わないとなると購買欲求が高まってしまいます。

何か買わねばっ!!

PowerHouseは大容量で当方のお気に入りです。
デメリットがあるとすればその重さと大きさです。
こんなの普段から持ち歩いていたら数年後には腕マッチョになってしまいます。基本的に持ち運びはできません。そのため車内におきっぱとなるわけですが、普段使いできるモバイルバッテリーが欲しい!

といろいろと探していると良さげな奴がありました。

「ポータブル電源 RAVPower 20100mAh/65W」という商品です。

こちらの商品、AC100Vのコンセントがあります。
65Wということなのでノートパソコンは充電できそうです。
20100mAhなので充電できる量は限られていますが、仕方がありません。
サイズはPowerHouseよりも小さいですからね。

大きさについてですが太さはミネラル麦茶の600mlくらい、高さはXperiaXZと同じサイズです。ドリンクフォルダに収まるサイズです。ちょっと太めなので持ちづらいですが、まぁ妥当なサイズです。重さも585gなんでまさにミネラル麦茶ですね。

AC100VとUSBポート、それとUSBType-Cポートがついています。
Type-CはMacBook用みたいですね。

安定の中華製。

PowerHouseも中華製なんで、もう爆発なんて気にしません。

入力は19V/1.6A。付属のアダプターで充電できます。19Vだったらソーラーパネルでも充電行けそうですね。でもDCプラグの穴が小さいんですよね。この辺の規格、どこも同じやつにして欲しいです。その都度プラグ買ったりアダプタ買ったりしなきゃならんので。変換プラグキットもあるんですが、毎回切り替えないとならんのが本当にめんどくさいです。こういうやつで入力がUSBとかだとなおうれしいんですが…。

このRAVPowerを買った理由はもう一つあります。それは機内持ち込みが出来るということ。

まずPowerHouseは国内線、国際線、どちらも持ち込めません。
PowerHouseは434Wh。国内線の場合160Wh以下であれば機内持ち込みは二つまで可。全く持ち込めません。
しかしRAVPowerは74.37Wh。問題なく持ち込めます。100Wh以下であれば複数持ち込むこともできます。
また国際線に関してもほとんどのところが100Wh以下であれば持ち込み可能です。つまり、RAVPowerは海外にも行けるってことですね。
唯一、中国国際航空が少しシビアで50~100Wh以下の持ち込みは最大二つまでのようです。

流石は中国です。バッテリー関連商品は中華製のものが多く出回っていますが、自国の商品を信用していないのでしょう。

飛行機にも乗れて海外にも行ける。ちょっとだけかさばりますが、個人的には今のところ満足しています。
PowerHouseに慣れているため電池のなくなりが早いように感じてしまいますが、このサイズだとこの程度なんでしょう。

ちょっとおしゃれ感あるし、なんとなく「できる男」っぽさもあります。MacBookを使っている人はtypeCのUSBポートもあるので使いやすいかもしれません。
見た目がスタイリッシュなのでカフェでこれを使って利用するのもいいでしょう。またキャンプに持ち込んで使うっていうのもよいかもしれません。

モバイルバッテリーって持ち運びやすさを重視して平たいやつばかりですが、その持ち運びの部分を捨ててまでこの形にしたのに魅力を感じてしまいました。
ただ、太い筒状の形のためビジネスバッグには入れづらい形です。ミネラル麦茶はいるなら入れられます。

充電するためのDCジャックに難点がありますが、今のところ後悔してません。なかなかACコンセント付きのモバイルバッテリーって少ないんですよね。どうしてもPowerHouseみたいに大きくなっちゃいます。当然電力を多く使うわけなので仕方ないですが、この手ごろなサイズでAC電源がついているっていうのは利用価値が高いのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
【光あれ】パナソニックLEDランタンと充電について
【光あれ】パナソニックLEDランタンと充電について

地方に行けば夜は真っ暗。星々が綺麗に見えるところもあります。 千葉の山林も周りに民家が無く、街灯もないため夜は一面の星空で...

 
アイコスかプルームテックかそれが問題だ。
アイコスかプルームテックかそれが問題だ。

仕事があるから仕方ないよねー。 仕事を理由にして山林に行っておりません。 今月もしくは二月には再始動をしようと思って...

 
【車中泊】寒さ対策のため車内で電気毛布を使ってみた。
【車中泊】寒さ対策のため車内で電気毛布を使ってみた。

暖冬らしいです。でも暖冬といっても例年通り寒い日があるのは事実。寒い日や暖かい日が事前にわかり、そして暖かい日に車中泊ができ...

 
【ラオス】ナイトマーケットで明日の衣類を買う
【ラオス】ナイトマーケットで明日の衣類を買う

ビエンチャンの夜は基本的にカップラーメンです。 あまり夜出歩きたくないんですよねー。治安のこともありますが、いろんな誘惑が...

 
【ラオス】ビエンチャンでの食事事情。
【ラオス】ビエンチャンでの食事事情。

小心者の当方にとっては勇気ある決断が出来るわけもなく、ただレールに沿って歩いていくことしかできません。それは海外旅行でも同じ...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2019 山林生活 All Rights Reserved.