山林生活

【Unihertz Atom】世界最小で防水、堅牢性もあるアウトドア向きスマホ

【Unihertz Atom】世界最小で防水、堅牢性もあるアウトドア向きスマホ

[更新日]

昨年だったでしょうか?無駄なものを買ってしまいました。
当方は「世界最小」とか「世界最軽量」とかとりあえず世界一っていう商品を買ってしまう癖があります。
だって世界一なんですよ!それを持っていればある意味世界一になれるわけです。それであれば買わないわけにはいかないでしょう。

そんな感じ全く必要ないのに、ついつい勢いで買ってしまって。その結果大体後悔します。これまで様々な後悔を経験してきました。それでも当方は可能性を求めて邁進するのです。
昨年当方が購入したのは「世界最小スマホ」というものです。

世界最小スマホ「Unihertz Jelly Pro」が安いので買ってみた感想。
世界最小スマホ「Unihertz Jelly Pro」が安いので買ってみた感想。

世界最小スマホ「Unihertz Jelly Pro」が安かったのでつい買ってしまった。実際の大きさや使い勝手な

Unihertz Jelly Proのアンドロイドのスマートフォンなんですが、結局はほぼ使わずに過ごしました。唯一使ったのは2月に海外に行った際にポケットWi-Fiのデータ通信のトップアップをするために使っただけ。なんだったら別にこのスマホが無くても大丈夫でした。持ち運びはしやすいのですが小さいため電池の持ちが悪いし。何の役にも立っておりません。

小さいので押しづらい。というより押せないといったほうがよいのではないでしょうか。

確かに小さいです。小さいのは正義です。でも使いづらいです。
Jelly Proを使った結果、当方は以下のように第二弾を求めていました。

次回作は防水で堅牢度が高く不要なものを排除した最小スマホであることを期待しております。
当方のようなにわか山林生活者が求めるということはアウトドアな人たちも購入するのではと思います。
小さくて防水機能なら登山やマリンスポーツなんかでも小さいから重宝しそうです。そういうの期待しています!

防水であればアウトドアでも使える。それが小さいスマホなのであれば持ち運びも楽なんです。Unihertz Jelly Proは小さかったという点は高評価なんですが、小さいだけで他の部分が物足りない。このままでは使えるところがかなり限られてしまいます。実際何にも使っていませんでしたし。
でも防水とかだったらそれを持ったまま海に入ることができる。それでいて小さいわけですから持ち運びもしやすいわけです。登山などでも使える、キャンプとかでも防水であれば使い勝手がよさそうです。そんなスマホあったらいいなー。

と思っていたら、まさか最小スマホを出していたUnihertzが新作を出していました。

Unihertz Atomという商品です。
IP68防水、防塵、耐衝撃機能を登載しています。

ただ小さいだけではない。なんだったら当方の意見を全て受け入れてくれています。まさかこんな忠実に当方が求める機能を再現してくれるとは思いませんでした。なんだったら当方の意見を参考にして作ったんじゃないかってくらい忠実に再現されています。恐らく当方と同じような声が多かったのでしょう。小さいだけでは意味がなく、携帯性が高いからこそ堅牢性や防水性を望みたいというユーザーの声がしっかりと反映されています。

CPUのスペックこそ低いものの、そんなものは求めていません。重要なのは「壊れづらい」こと。

当方のように物を粗雑に扱う人間にとっては高性能でも耐久性が低いものだとすぐ壊してしまいます。それよりも堅牢性が高く耐久力のあるスマホの方が望ましいのです。ゲームとかもしないし、やることといったらネットサーフィンと電話、メール、LINE、そして大人の嗜む動画を観るくらいです。そのためスペック的には足りるのでしょう。
バッテリーも2000mAhと増量。Unihertz Jelly Proは筐体が小さいため電池サイズも小さかったです。Jelly Proの電池は950mAhなのでバッテリー容量は倍のサイズになっています。
多少Unihertz Atomは大きくなってしまいましたが、それでも手のひらに収まるサイズです。求めるべき機種がついに出ました。

Jelly Pro サイズ:92.3×43×13mm 60.4g
Atom サイズ:96×45×18mm 108g

若干厚みが増した程度でしょうかね。そこまで大きくなっている感じはしません。

【Jelly Pro】
■CPU:ARM Cortex-A53 クアッドコア 1.1GHz
■RAM:2GB
■ROM:16GB

【Atom】
■CPU:Octa Core 2GHz
■RAM:4GB
■ROM:64GB

性能もなんだかんだで上がっております。
値段も前の機種から倍にはなっておりますが三万円以下に抑えてくれているところがうれしいです。どこぞの国が作っているiPhoneは10万円とかしますからね。流石はメイドイン中華です。低価格で提供してくれるのはうれしいです。爆発こそ怖いですが、そんなのはどこの国のスマホも同じでしょう。マルウェアが入っていたとしても当方が盗まれて困るデータなんかとくにありません。そんなの気にしていたら中華製なんて購入できませんからね。

Unihertz Jelly Proについてはサブ機にすることすらためらうくらいでしたが、Unihertz Atomであればサブ機ではなくメインとして所有してもよさそうです。Unihertz Atomとタブレットの二台使いとかよさそうですよね。中華ということで少し不安はありますが、こんな感じで求める機能を再現してくれているのであればそれに応えるのが筋なのでしょう。とくに日本のスマホは当方の求める機能とは別の方向に向かっていますからね。日本のメーカーと比べてもUnihertzの製品は当方の考えにすごい近いところがあります。昔はSONYがその辺を叶えてくれたのですが、今、SONYはどこにいるのでしょうか?

Unihertz Jelly Proは堅牢性も高く防水なのでとくにアウトドア派の人はいいんじゃないでしょうか。当方も一応アウトドア派。最近畑を耕しているとき、もっとアウトドア向きのスマホが欲しいと思っていたところだったのです。そうなるとやっぱりUnihertz Jelly Proが今のところ一番買うべき商品なのでしょう。

まぁこれだけ絶賛していてまだ購入はしていないのですが、あとはボタンを押すだけです。今、使っているXperiaの調子が悪いんですよね。これを機に中華スマホデビューですかね。

Pocket
LINEで送る

関連記事

         
【掃除のプロ】素人でも窓掃除を簡単に出来るスクイジーについて
【掃除のプロ】素人でも窓掃除を簡単に出来るスクイジーについて

明らかに当記事をアップするタイミングを逃した感じがします。本来であれば12月の初旬あたりにこの手の話をすれば良かったのですが...

 
電流電圧テスターでモバイルバッテリーの電流を確認する。
電流電圧テスターでモバイルバッテリーの電流を確認する。

せっかく買ったんだからいろんな電圧を計りたい。 [amazonjs asin="B01A5Z5YI2" locale=...

 
XperiaXZレビュー。格安microSDは果たして大丈夫なのか??
XperiaXZレビュー。格安microSDは果たして大丈夫なのか??

以前使っていたスマートホンの調子が悪くなりましたので機種変更をしました。 以前の機種はアローズNX。富士通の機種で購入...

 
憧れのピルケース。キーホルダーとしても使えるし便利かも
憧れのピルケース。キーホルダーとしても使えるし便利かも

年を取れば人は身体がいうことをきかなくなる。本来の能力を発揮できない。そもそも本来の能力なんて大したこともないのですが、その...

 
新型iPhoneXSを買わずにいまさらiPhoneSEを今更購入する
新型iPhoneXSを買わずにいまさらiPhoneSEを今更購入する

先日iPhoneXRおよびiPhoneXSが発売されました。 しかし、高いです。スマホに10万円台を払わなければならな...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2019 山林生活 All Rights Reserved.