山林生活

‐ACアダプタ以外で充電できるモバイルバッテリー‐

ACアダプタ以外で充電できるモバイルバッテリー

[更新日]

当方はこれまで色々なサイトを見て様々なポータブル電源やモバイルバッテリーを見ました。そして購入しました。山林生活や小屋暮らし、そして車中泊をする際、ポータブル電源はかなり役に立ちます。とくに車中泊をする際、エンジンを切れば電力の供給がなくなります。そのためバッテリーを用意しなければなりません。

サブバッテリーの人も比較的多いようですが、ポータブル電源を使っている人も多いようです。当方はANKERのPowerHouseとSuaokiのポータブル電源の二台持ちで車中泊を有意義に過ごせております。ポータブル電源さえあれば車中泊の夜の過ごし方も有意義になるわけです。

しかしポータブル電源のデメリットについて、単純に蓄電池なわけなので電力を使えばバッテリーの残量が減り、ポータブル電源 を充電しなければならないことです。充電するためにはシガーソケットを利用したり、付属のACDCアダプタを使って充電したりしなければなりません。

車であればアダプタなんて大して邪魔にはなりませんが、持ち運ぶとなると結構邪魔です。

そもそもPowerHouseはどちらかというと据え置きのポータブル電源。ポータブルといっても手で持ち運ぶのはでかいし重いです。そのため当方は持ち運び用にモバイルバッテリーを買いました。

モバイルバッテリーといっても小さなものから大きなものまであります。

当方が購入したのはこちらです。

サイズはペットボトルを少しばかり大きくしたくらい。容量は20100mAh程度です。これを選んだ理由はAC電源を利用できるためだったからです。出先でノートパソコンを充電したいとなった時、AC電源が必要になります。このモバイルバッテリーはノートパソコンを使う人用に作られたものと考えてよいでしょう。ノートパソコンやスマホも充電できるということで重宝しております。またこちらの商品は飛行機に乗せられるサイズなんです。今後もし当方が海外に旅に出た時でも出先で使えるというメリットがあります。

しかし、一点だけ不満があるのです。

それは入力に関してです。出力はUSBからAC電源までカバーしておりますが、入力はAC 19V/1.6Aとなっており、付属のアダプタを使わなければなりません。自宅で充電をして持ち運ぶという形であれば使えますが、このサイズのモバイルバッテリーを持ち運ぶときは大概連泊して外出することが多いです。飛行機に乗せる時も現地に滞在するわけです。
もし充電をするのであればアダプタも持っていかなければならない。それではポータブルの意味が薄れてしまいます。

出来ればUSBとかで充電できるものはないだろうか?
ということで探したところ、いくつかあるようです。

こちらは26800mAhあります。少し大きめですね。ACアダプタから充電するだけでなくUSBtypeCからも充電でき、ソーラーやシガーソケットからも充電できるという優れものです。重量は1.5㎏ほどあるのでもう少し軽いやつが望ましいですが、充電方法が複数選択できるっていうのはいいですね。

TowerCell+ 20,400mAhという商品でこちらは20400mAhあり、当方が持っているモバイルバッテリーと同じくらいのサイズです。形も似ております。こちらはtypeCで充電するタイプです。充電方法は限られておりますが、サイズ感は26800mAhのヤツよりも小さいです。さらにはMATECHという日本の企業が出しているものです。恐らく中身は中華な感じがするのですがいかがでしょうか。

RoyPow ポータブル電源 R150 33333mAhで結構大きいですがこちらも充電方法が様々あるので便利です。1140gほどあります。見た目がアウトドアな感じがして好きです。車に積んでおくのはよさそうですが、このサイズになると持ち運びが大変そうです。

この中で選ぶのであればMATECH TowerCellでしょうね。
容量が多い方がよいですが、大きければその分サイズも大きくなってしまいます。飛行機内に持ち込みが出来、充電方法もUSBで充電できる。それを叶えてくれるのはMATECH TowerCell+ ポータブル電源になると思います。もう少しこの手のやつでいろんな商品が出てくれるとよいのですが、なかなかないですよね。そもそもAC100Vの国が少ないため、作っても売れる国が限られてしまうのでしょう。

それだったらそもそものノートPCをUSBで充電できるようにすればよいのでしょう。タブレットはUSBで充電できるものもあります。surfaceとiPadはtypeCで充電できるということでした。それであればハードを買い換える方が早いのかもしれませんね。本当であれば今頃surfaceGoかiPadを持っていたのですが、悩んでしまった結果、優柔不断モードが発動してしまい、いまだに購入できておりません。もう少ししたら新しい機種の話も出てくるかもしれないのでそれまで少し我慢しようかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
世界最小スマホ「Unihertz Jelly Pro」が安かったのでつい買ってみた感想。
世界最小スマホ「Unihertz Jelly Pro」が安かったのでつい買ってみた感想。

世界最小とか世界最軽量とか、どうしても気になっちゃうんです。 これまでもその言葉に魅かれては騙され、つらい思いをしてきまし...

 
セルラーモデルのipadの再利用方法。カーナビに利用してみた
セルラーモデルのipadの再利用方法。カーナビに利用してみた

サンバーバンを購入したわけですが、残念なことに何の設備もついていません。 当方、まだ山林に住んでおらず都内から定期的に...

 
嗅ぎ薬、ヤードムの魅力とは
嗅ぎ薬、ヤードムの魅力とは

先月末よりラオスに行っていました。 何もしない旅というのは疲れなくて本当に良いものです。普段と同じ生活を暖かいところで過ご...

 
【自家火力発電】バイオライトを取り出して火遊びをはじめる
【自家火力発電】バイオライトを取り出して火遊びをはじめる

元々インドアな人間なので、外で何かするというのがあまり好きではありません。 冬はコタツにはいってみかんを食べる。そして...

 
山林で使うため堅牢性の高いパソコンを買ってみた。
山林で使うため堅牢性の高いパソコンを買ってみた。

これより山林開拓を再開しようと思います。これまでは月に一回、いや半年に二回程度しか行っていませんでした。 そのため作業は思...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2019 山林生活 All Rights Reserved.