山林生活

Googleのpixel3aのカメラ性能が意外にすごかった

Googleのpixel3aのカメラ性能が意外にすごかった

[更新日]

Googleのpixel3aがやっと使い慣れてきました。これまでずっと日本製のスマホを使っていました。以前はXperia、その前はアローズ。その前もアローズだったと思います。やっぱり日本のスマホは日本人に適した感じです。そしてGoogleのスマホは多少日本人から離れている気がします。文字入力とかはXperiaの方がよかったですね。ATOKを導入すべきか悩みどころです。

とくに大きな不満というのはありません。むしろ良好な方が多いです。でも痒いところに手が届かないってことがあります。別に届かなかったとして不都合はないのですが、届いてくれるとすごい便利になるのでしょう。もしかしたら当方が勉強不足で実際は届くのかもしれません。今のところ改善策は探していますが見つかっていません。本当にどうでもよいことで、恐らくこの問題に憂いているのは当方ぐらいです。その程度のことですので改善した際にお話ししたいと思います。

そしてカメラ機能もかなり扱えるようになってきました。

購入当初はXperiaと比べるとマニュアルモードがないためしょぼいみたいな話をしていましたが、オート撮影が結構ちゃんとしています。撮影モードはいくつかあるのですが、一番楽にそれっぽい絵が撮れるポートレート撮影。

タダの紙コップなのにこんな感じで雰囲気を出してくれます。
被写界深度というもので被写体以外のものをぼかして撮影するわけです。

恐らくデジタル処理なのでPhotoshopとかでも修正できるんだと思いますが、それを撮影ボタンを押すだけで叶えてくれるわけです。紙コップのクセに最近で一番きれいに撮れた感じがします。

この機能を知ってからはずっとこの形で撮影しています。被写体に背景を入れて撮影するだけでそれっぽいやつが撮れます。この機能は新しいiPhoneにもあり、そっちの方が深度の度合いを修正できるっぽいですね。pixel3aは無しか有りかの選択のみです。

こんな感じで撮影しているとパーキングの普通の蕎麦もなんとなく美味しそうに見えてしまいます。ただ背景を入れなければ後ろがぼけてくれないため、構図が若干おかしくなります。蕎麦撮ってるのになぜか微妙な角度から撮らなければこの感じにならないわけです。

でもいいですよね。なんとなくいいカメラで撮った感じ。

たかだかビールでもそれっぽい感じだしてくれてます。いかにも山林で楽しい小屋ライフを満喫してます風が出せてます。
こんな生活に憧れちゃう人もいるんじゃないでしょうか。

梅雨空の中時の晴れ間。
心地よい風が吹くバルコニーにてビールを片手にゆるりとした時間を過ごす。

初夏の訪れの前にちょっとだけフライング。

実際はコンビニでビール買ってきて汗かいたから飲んだだけです。

買って飲んだだけ。しかも雨降ってジメジメして羽虫が飛んでます。

普段なら発泡酒なのになんとなくそれっぽいバドワイザーを購入してみました。ちなみに個人的には発泡酒が好きです。でもバドワイザーしたおかげかそれっぽい雰囲気があります。

こういう感じで撮影できるのであればミラーレスカメラとか不要なんじゃないかと思えてきました。

そもそもミラーレスカメラが欲しいと思ったのは夜の撮影に関してです。千葉の夜。東京から100kmしか離れていないんですが星空が綺麗なんです。しかし手持ちのスマホのカメラだと撮影しても黒い画面。月を撮影しても光がちょろっと写るだけなんです。この思いを届けたいという気持ちがあり、やっぱり買うんだったらミラーレスなんだろうなぁって思っていました。

しかし一眼レフもミラーレスも結構大きいんです。ミラーレスで最小最軽量といっても相応の重さと大きさ。そしてそこにレンズをつけるのでやっぱりでかくなっちゃうんです。ではコンデジを買えばいいじゃないか?となってもそれであればスマホのカメラで充分なんじゃないかという答えにぶち当たります。またそもそもネット上に載せるのであれば高解像度で撮影しても画質を落とさなければなりません。高画質である意味がそこまでない。やっぱりミラーレスはいらないんじゃないか。
これの堂々巡りとなっており、カメラを買いたいとなってからだいぶ期間が経ちましたが、もういいかなぁという気持ちになっております。そこに今回のpixel3aのカメラ機能。

夜でも夜景モードという形で撮影ができます。なんだったら目視で見えていない雲とかもこれで撮影できています。多少の光があればそれを増幅して撮影しているみたいですね。夜の22時頃、街灯は一切なく月明かりだけでこのような写真が撮れるわけです。これまでどうせ撮れないということで諦めていたのですが、今回こんな感じだったのでついついはしゃいでしまいました。

どうやら当方の山林には蛍がでるようです。出るといっても大量にいるわけではなく数匹飛んでいるだけです。でもこういうのが夜になると見れるんですね。これまで夜は車の中に籠り、酒を呑み動画鑑賞タイムでした。自然にいながら全く自然と触れ合わない贅沢スタイルを続けていたのですが、こんな感じで自然に触れあえるのもいいもんです。

今後は蛍が撮影できればそれもアップしたいと思います。
でも動くやつを撮影するってなると綺麗に撮れるのでしょうかね?

他にもpixel3aには実は隠されていた(当方が知らないだけ)機能があるのかもしれません。また何かよさそうな機能があれば報告します。

関連記事

世界最小スマホJellyProを一カ月使ってみた感想
世界最小スマホJellyProを一カ月使ってみた感想

jellyProという世界最小スマホの存在を知り、勢いで購入してしまいました。別にほかにスマホがあるのにもかかわらず、最小ス...

 
プルームテックのリキッドタイプカートリッジが使い勝手が良かった!
プルームテックのリキッドタイプカートリッジが使い勝手が良かった!

VAPEにして一カ月ほどが経過しました。ニコチンリキッドと、においのキツイフレーバーリキッドと携え、優雅なたばこライフとなっ...

 
スマホを財布代わりに!ウォレットレスな生活を目指す
スマホを財布代わりに!ウォレットレスな生活を目指す

先日よりミニマリストを目指し、キャッシュレス化ではなくウォレットレス化を目指し始めました。 財布を持たなければ無駄なことを...

 
【光あれ】パナソニックLEDランタンと充電について
【光あれ】パナソニックLEDランタンと充電について

地方に行けば夜は真っ暗。星々が綺麗に見えるところもあります。 千葉の山林も周りに民家が無く、街灯もないため夜は一面の星空で...

 
【PS5B】suoakiのポータブル電源の問題点
【PS5B】suoakiのポータブル電源の問題点

今回山林の滞在に二つのポータブル電源を持ってきております。 一つは以前から所有しているANKERのPowerHouse。こ...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2019 山林生活 All Rights Reserved.