山林生活

‐サブバッテリーにするか大容量モバイルバッテリーにするか‐

サブバッテリーにするか大容量モバイルバッテリーにするか

車中泊で一番重要となるのは電力でしょう。

電気があればなんでもできる。

車にはバッテリーがついてますが、直流12Vです。日本の家電製品は交流100Vです。
そのため車のバッテリーにつないでも動きません。
コンバーターを使って普通の家電製品を動かすこともできますが車のバッテリーだけでは限度があります。
電子レンジや冷蔵庫を持ち込んで…というわけにはいきません。
また直流を交流に変えたりすればロスが生じます。そのためコンバータを使って…というのはあまり現実的では無いようです。

電気に関しては山林開拓の際にいろいろと勉強しました。
そのため多少はわかり始めてます。ただわからないことがまだあります。
今回の車中泊の旅でもっとわかるようになりたいです。

車中泊では電機が必要。その電力をどこから供給するかというのを現在考え中です。

一つは単純に車のバッテリーから供給する方法です。

エンジンがかかっていればバッテリーが充電されます。一応日本を周ろうとしているため常に充電はされるわけです。
しかし車が停まれば充電されないため消費量が多ければバッテリーが上がってしまいます。
一つのバッテリーでは心細い。それであればバッテリーを二つにすればよいではないか。
色々調べているとバッテリー二個乗せという方法がある模様です。
メインのバッテリーのほかにサブバッテリーを車に積み、そっちも充電させちゃおうってやつです。
ただ繋げばいい…ってわけではないようですね。

アイソレーター…サブバッテリーチャージャー…

なんだかよくわかりません。

本当はソーラー発電をしたいのですが、ソーラーを載せるための架台が必要、ソーラーパネルも載せなければならない。
バッテリーにつなぐためのシステムも必要…。お金もかかるし知識も必要です。

技術や知識がないと何もできない。
結局のところ無い知識を補完するためにはお金で解決しかないようです。

お金があればなんでもできる。

いろいろと発電システムのことを考えた結果、大容量のモバイルバッテリーを購入することとなりました。
ネットで探すと以下のモバイルバッテリーがよさそうです。

個人的にはsuaokiのモバイルバッテリーが車中泊に適してそうです。
このモバイルバッテリーはシガーソケットで充電ができる、ソーラーパネルでも充電ができる。
しかも車のバッテリーが上がった時にジャンプスターができるという優れものです。
ただずっと品切れ状態だったため購入したのはAnkerのものとなってしまいました。

Ankerのモバイルバッテリーはシガーソケットでの充電はできないようです。
ソーラーに関しては今のところ未発売らしくこれもできないようです。
またジャンプスタートもできないということなんで車中泊で使うのは少し物足りないかもしれません。
安心のAnkerですがsuaokiのほうが車中泊に適していますね。
ちなみにAnkerのモバイルバッテリーPowerHouseも在庫不足のようです。転売する人もいるみたいで価格が高騰してますね。

ほんとのところはsuaokiの大容量120000mAhモバイルバッテリーが欲しかったんです。
しかしない以上は手元にあるもので何とかしなければなりません。

AnkerのPowerHouse。これを車でどのようにして充電するかを考えていかなければなりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.