山林生活

‐【一蘭】100%とんこつ不使用ラーメン屋さんに行ってみた【ハラル】‐

【一蘭】100%とんこつ不使用ラーメン屋さんに行ってみた【ハラル】

[更新日]

西新宿七丁目の小滝橋通り沿いはラーメン激戦区となっております。
西新宿七丁目自体はそこまで大きな街ではありませんが、それなのに30軒ほどのラーメン屋があります。毎日食べても一カ月かかるわけです。

ブートレグにラーメンに。混沌とした住みやすい街・西新宿七丁目
ブートレグにラーメンに。混沌とした住みやすい街・西新宿七丁目

新宿はうるさい街で住み心地が悪いようなイメージがありますが、新宿駅界隈でも比較的住みやすい地域があります。一番近

そして店の入れ替わりも激しい場所です。
人気店は生き残り、ダメなところはすぐにいなくなってしまいます。潰れるということはその程度の店なんだと思いますが、せっかく出来たのだから潰れる前に食べたいものです。

前に住んでいたころは店が出来たらとりあえず行ってみることにしていたのですが、引っ越してしまうとわざわざ西新宿七丁目まで行くことも少なくなりました。でも気になる店舗が出来たので今回はそのためにこちらに訪れました。

気になる店舗とはこちらです。

まさかの一蘭。

全国に70店舗。大体どこの都市にもあるラーメン店。

そうなんです。
どこにでもあるラーメン店なんですが、こちらの一蘭はほかの店舗とは違うのです。

一蘭と言えば福岡の屋台ラーメン。つまりとんこつラーメンなんですが、こちらの店舗は「100%とんこつ不使用ラーメン」が売りの店なんです。お店がオープンしたのが今年の2月末。5カ月ほど経ちましたので大分落ち着いた頃だと思い、今回行くことにしました。

正直なところ一蘭は以前は行っていたのですが、最近は足が遠のいていました。その理由は値段の高さです。ラーメンと替え玉を頼むと1000円を超えてしまうのです。味は美味しいんですが金額を考えると行かなくなってました。とんこつラーメンであれば500円で食べられるところもあるのでそちらに行ってしまいます。500円で替玉二つまで無料なんです。貧乏性の当方はやっぱり味よりも量なんです。

一蘭は値段が高い。そして混んでることが多いです。

新宿にはこの店舗を含め三軒の一蘭があります。歌舞伎町と新宿三丁目にあるのですが、どちらも混んでるんです。その混みの原因は外国人観光客です。日本人は少なく、観光客向けの店になっている状態です。そんなわけで行かなかったんですが、「100%とんこつ不使用ラーメン」というちょっと変わったラーメンだから行っちゃいました。

店内はほかの一蘭同様のつくりです。店の混雑状況は昼時でしたがだいぶ空いていました。特に並ぶこともありません。

ラーメン一杯が1180円。替玉が210円。

替玉二つ頼んだら1600円のラーメンになるわけですね!

最近ではそんなに食べられなくなりましたが、以前は替玉二つとか余裕でした。普通のラーメンに1600円は出したくないですよね。かといって替玉なしだと損した気分になってしまいます。そんなわけで替玉と普通のラーメンを選択。

これが一蘭の「100%とんこつ不使用ラーメン」です。
見た目は一蘭の豚骨ラーメンです。お味に関してですが、とんこつ風の鶏出汁ラーメンという感じでしょうか。豚骨ラーメンよりあっさりした感じです。チャーシューの代わりに牛弥郎と呼ばれる牛のばら肉を煮込んだヤツが乗っています。あとはいつものネギと赤いタレ。
当方はてっきり肉を使っていないベジタブルなラーメンをイメージしていたのですが、普通の鶏出汁ラーメンでした。
そう考えるとなんてことはない感じがしますが、豚骨を使わずに豚骨ラーメンの味を目指しているという点では特殊なのでしょう。

味は美味しいです。でもこれだったら一蘭食べるかなといったところ。

そもそもこの店舗は理由があって豚が食べられない人のために一蘭を食べてもらおうというのがコンセプト。当方は特に食の禁忌というのはなく、虫でも食べますのでここに来る意味があまりないのです。

記した通り一蘭は外国人観光客が多く利用しております。日本は仏教と神道ですが信仰心が薄いです。外国人は信仰心が強く食べられない食材もあります。とくにムスリムは豚肉が食べられません。世界の人口の約3割がイスラム教徒なわけです。当然訪日外国人の中にも多くいるでしょう。

とんこつ不使用というだけなのでハラル料理ではないのでイスラム教徒の人は食べられないわけですが、今後はハラール認証を取りイスラム教徒の人でも食べられるように目指していくのでしょう。

個人的にこの試みは評価できます。日本に旅行に来たのに宗教上の理由で食べられないというのはかわいそうです。特にラーメンは中華料理から独自に発展した日本料理です。日本に行ったのにラーメン食べられないというのはかわいそうです。そしてトンコツラーメンの味を知ってもらうためにはこんな感じで別の食材を使うしかないわけです。このラーメンを知らずに出されたら鶏と豚骨の合わせ出汁だと思うくらいトンコツっぽさはありました。この部分では成功なのでしょう。

値段が高いというのは難点ですが、そもそも当方は普通の豚骨ラーメンでいいわけですからね。
そんなわけなんで、この店も日本人からするとそこまで魅力のある店ではないということです。とんこつ食べられるのであればわざわざとんこつに味を目指した鶏ガラスープよりも普通の一蘭のとんこつラーメンを食べますよね。だからそこまで混んでいないのでしょう。そしてハラール認証も受けていないため、その人たちの入店も今のところ期待ができない。認証が取れれば、一部の訪日外国人の人気店になるかもしれませんね。

そして当方は普通のとんこつラーメンが食べたくなりました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
御苑内は撮影禁止!?200円から500円に値上げになった新宿御苑
御苑内は撮影禁止!?200円から500円に値上げになった新宿御苑

暖かい季節となりました。当方は冬が嫌いです。理由は寒いから。寒いと何もやる気が起きません。人間が冬眠できるのであれば冬場は活...

 
松山城という誰でも考えそうな観光ルートを巡る旅
松山城という誰でも考えそうな観光ルートを巡る旅

松山に来ております。 愛媛には仕事で何度か訪れておりますが、あまり観光はしたことがありません。 前回車中泊できた時はすで...

 
【新宿二丁目】遊女の投げ込み寺成覚寺と太宗寺を散策【ゲイタウン】
【新宿二丁目】遊女の投げ込み寺成覚寺と太宗寺を散策【ゲイタウン】

新宿二丁目の一丁目寄り来ております。 もともと新宿はこのあたりが中心でした。今の新宿駅は江戸の頃の新宿から外れた場所です。...

 
一人でブルーシート敷いて花見してたら、それはホームレスではないか?
一人でブルーシート敷いて花見してたら、それはホームレスではないか?

また名古屋に行くこととなりました。前回は滞在時間も短かったのですが、今回は宿泊するためとんぼ返りではありません。 とい...

 
東日本大震災から8年が経ちました。
東日本大震災から8年が経ちました。

震災があったのは2011年3月11日。その時は新宿にいました。 あのときは本当にこの世の終わりかと思いました。都庁が揺れて...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2019 山林生活 All Rights Reserved.