山林生活

【インド人もびっくり】西葛西は世界で一番東にあるインドだった

【インド人もびっくり】西葛西は世界で一番東にあるインドだった

[更新日]

香辛料を使って料理を作る。最初の頃は時間をかけて作っていましたが慣れてくると短時間で料理が作れるようになりました。出汁に香辛料に塩気。これだけで美味しいものが作れます。缶詰の中身を鍋に入れてニンニクとショウガ、それにマサラを入れて塩で味を調えればカレーが出来上がるんです。

缶詰は鯖缶とかでも作れるんで簡単です。調理時間は10分程度です。
カレーって時間をかけるものだと思っていましたが全てのカレーがそういうわけではないんです。煮込みカレーは時間をかけると深みが出ますが、こういったチープなカレーは短時間で作れるんです。お茶漬け的なやつでしょうかね。

少し手を加えればさらに美味しくなりますがそれでも時間はかかりません。缶詰を精肉や鮮魚に変えるだけです。
買ってきた鶏肉を焼いて香辛料と塩気を足せばいいわけですからね。同じ香辛料を使っているため基本的な味はほぼ一緒ですが何も考えずにすぐ作れるという部分でかなり役立っています。出先でも香辛料とニンニクチューブがあれば簡単に作れるのでアウトドア飯にもなりそうです。今度山で実践したいと思います。

こんな感じでカレー作りにはまっているのも昨年インドを目指していたからです。
ミャンマーから陸路でインパールへ向かう予定でした。

【ウ号作戦】令和のインパール作戦は失敗。総員、帰還せよ。
【ウ号作戦】令和のインパール作戦は失敗。総員、帰還せよ。

今回宿泊しているホテルは日系ホテルです。そのため露天風呂があります。夜だけでなく朝ぶろも入れるようです。夜は24

しかし予定通り進むことができずインド行きは失敗。さらにはコロナウイルスの影響で取得したビザは廃止となってしまいました。現段階でも入国は困難な状況。仮に入国できるとしても今の状態でインド旅行には行きたくないです。

そしてインドに行くのはちょっとやめようとも思ってました。
そもそもインドに対してそこまで魅力を感じていません。インド旅行を終えた人が「インドに行って人生観が変わった」なんて言う人がいますが、たかだかインド行ったくらいで人生観が変わるような人は精神に何らかの疾患を抱えている人か覚醒する薬や自然由来の何らかのドラッグを摂取した人なんだと思います。人生観がそんなコロコロ変わっていたらもうそれは人ではない何かです。またインド行かなきゃ自分が探せないような人はどこに行ったって同じなんでしょう。
そんなわけで「別にインド行かなくてよくね?」という気持ちが強くなっていました。

インドなんて別にどうでもよいと思っていたのですが、先日大成建設のCMを見ました。
最近の大成建設のCMは新海誠監督が制作しているようです。ベトナムやシンガポール、スリランカなど東南アジアや中東を舞台にした企業のCMでザックリといえば「先進国で富裕層の多い日本生まれの日本人が故郷を離れて東南アジアの現地でも頑張ってますよアピールをする」CMです。そんななかにミャンマー編というのがありました。

これ、この金色の建物はスーレーパゴタですよね。

ミャンマーにある寺院です。こちらもキレイでしたがシュエダゴン・パゴダもキレイでした。日本の寺院とは違いきらびやかでした。

寺院といえば古っぽく静寂なイメージでした。木の年輪。木目が語る時の流れ。
静かなところで皆が修行し、それで悟りがひらけるものだと思っていましたがそうではなくキラキラした金の装飾だったわけです。まるで歌舞伎町にあるロボットレストランのようでした。これまで思っていた仏教とは少し違いました。そして...、

ミャンマー行って人生観が変わった!自分、見つけられました!

神様だってあの感じ好きなんでしょう。
DVDいかがっすかー?って声をかけてくる街中。ギラギラするネオンの中で「今日は遊び?それともこっち??」って言われるの、好きなんでしょう。ミャンマー行ってわかったんです。歌舞伎町こそ悟りをひらくための場所なんだと。でもここではない何かがインドにはあるんです。
ミャンマーでこんな感じなんだからインドいったらもっとすごいのでしょう。自分を見つけられちゃうんでしょう。これは今に始まったことではなく500年前からインドはそのように思われていた地域なんです。

「yeah!! オレは菩薩に会った三蔵法師♪ 中国人に散々奉仕♪」

昔の賢人もこんなこと言ってるんです。そうなるとやっぱりインドに行かなきゃダメなんでしょうね。

そこに行けば何かがあるかもしれない(多分何もない)。
そこに行けば何かが見えるかもしれない(多分何も見えない)。
そこに行けば何か掴めるかもしれない(多分何も掴めない)。

こんな感じでインドを求めているのです。

しかしいつ行けるかわからないインド。再度ビザの取得が必要だし、そもそも海外に行くことすらできない状況です。ワクチンが出来上がれば緩和されるのでしょうが、それもいつできるか、本当にワクチンができるのかもわからないといったところ。今年中に行くというのは無理でしょう。また来年も怪しい感じです。このまま海外には出れないようになってしまうかもしれません。そんな折、日本に世界で一番東にあるインドがあるという情報をキャッチしました。

ということで行った先は西葛西駅です。
東西線西葛西駅。このように書くと「西」ばかり出てきます。そして西の読み方もザイ、ニシ、サイと全部違う。英語で「g」を読まない単語があるからわかりづらいなんてことを言いますが、日本語こそ意味が分からないことが多すぎるのでしょう。私たちは慣れてしまっていますが、外国人からしてみれば理解するのが大変なんでしょう。
そんな外国人泣かせの地名の西葛西ですが、ここ、外国人の街なんです。

西葛西ときいてイメージするのは何でしょうか。今ではとくに問題は無いですが一昔前は足立区北区と同じように治安の悪い地域という印象がありました。
このあたりは準暴力団、半グレ集団の怒羅権が結成された地なんです。

怒羅権とは中国残留邦人の2世や3世、そして中国人らが構成している準暴力団です。チャイニーズドラゴンなんて呼ばれ方もしています。

第二次世界大戦末期、日本が統治していた満州国にソ連が宣戦布告をしました。その一週間後に終戦を迎え、当時満州にいた人たちは取り残されることに。翌年の春から在留邦人の引き上げは開始されたものの1958年には引き上げ終了としたため全ての人が日本に帰ってきたわけではないそうです。
その後日本と中国の国交が正常化され、終戦から36年経った1981年に日本人との血縁関係のある残留孤児を日本で引き受ける形を取ったそうです。

しかし日本人と血縁関係があるといっても育ったのは中国です。日本の文化もわからず、日本語もわからないそんな環境に馴染めない彼らたちはいじめの標的となったそうです。結果的に隅っこに追いやられたのでしょう。
やられたらやり返すといわんばかりに徒党を組みいじめてきたやつに仕返しをするために残留孤児たちが手を組んだのがはじまり。自分たちの組織するチームを「怒羅権」と呼び、コミュニティを作ったんだそうです。

しかし若い人が集まれば悪いことも考えます。その結果当初の目的とは変わり、暴走行為や恐喝、傷害事件へと発展したのです。
昔は学生が江戸川区を歩いていると突然絡まれてカツアゲされる、鼻に割りばし突っ込まれて掌底打ちをされるなんてウワサもありました。現在準暴力団と指定されており、過去には歌舞伎町で日本刀でヤクザの腕を切り落としたなんて事件もあったのであながち嘘でもないのでしょう。そんなわけで葛西の印象はあまり良いものではありませんでした。

西葛西の駅前に子どもの広場という公園があります。
こちらが怒羅権結成の場所なんだとか。中国人にとって神聖なものであり想像上の動物なのに身近な存在である龍を組織の名称にしたのは中国人のアイデンティティの確立と龍とかドクロとか未成年における中二病的発想からこのような名称にしたのでしょう。

ちなみにこちらの公園は通称「恐竜公園」と呼ばれています。ドラゴンっぽいのがいるのですがこれが名付け親で無いことを祈っています。

なぜここが結成の場なのかというと中葛西に残留孤児の一時入居施設があったからです。

現在はその施設は障害者支援ハウスとなっています。
そんなわけで昔のように西葛西は荒れてないようです。

残留孤児に関しては生活保護不正受給などの問題を抱えていますが、そのあたりの話をするとかなり深く、ヤバそうな話に発展してしまうのでそれについてはまた別の機会にしたいと思います。

話が逸れてしまいましたが西葛西に来たのはインドを求めてやってきたのです。

以前は中国残留孤児でしたが現在はインド人が多いんだとか。

西葛西はリトルインディアと呼ばれており現在インド人が多く住んでいるそうです。日本全体のインド人の外国人登録者数は38000人(2019年)ほど。江戸川区には4148人のインド人が住んでおり、その多くが西葛西に住んでいるんだそうです。西葛西の人口は45000人なので約一割がインド人ってことのようです。

インド人が多くなったのは90年代後半、2000年問題があったためです。インド人は二桁の掛け算を暗記している、インド人は頭がよくエンジニアを多く輩出しています。2000年問題の対応のためビザの発給を緩めた結果、インドから技術者が来日したんだとか。
来日するのは高学歴のインド人。しかもエリート駐在員。しかし日本人からしてみれば発展途上国から来た人としかみてくれません。インドってガンジス川で死体が流れている横で水浴びしているイメージがあり、どちらかというと劣悪な環境のインドの印象が強いのですが皆が皆そういう生活をしているわけではありません。日本に来て働けるということはそれなりの地位のある人なのです。でも日本人の考えるインド人は悪い印象しかない。そのため部屋を貸してくれるオーナがおらず住居を探すのも困難だったそうです。
いまですら外国人お断りという賃貸がある世の中です。20年前はもっと酷かったのでしょう。
そんな住まいの確保に悩んでいたインド人に手を差し伸べたのがそれより前から日本に住んでいたインド人だったそうです。その方が尽力して「インド人嘘つかない」と言ってまわったおかげでインド人を受け入れてくれる不動産業者が西葛西に増えたんだとか。要はほかの地区だと受け入れてくれなかったが西葛西は受け入れ態勢が出来ていたので自然とインド人が増えたようです。このようにして西葛西はインド人のコミュニティができたんだそうです。

こちらが在日インド人の父と呼ばれる方が経営されている紅茶屋さんです。
未だにインド行っていないけど、チャイを作りたいので買いに来ました。

チャイ用の茶葉を購入。チャイに使う茶葉は細かいヤツが適しているのですが、この手の茶葉を取り扱っているところが少ないんです。チャイはほとんど粉製品でお湯を入れたらできるというインスタントのものばかり。でもここであればチャイ用の茶葉が買えます。これで今度自作してみます。

街中を歩いているとインド人っぽい人を見かけます。新宿でも多く見かけますが西葛西の場合は家族連れや子供を多く見かけます。

こちらのURに多くのインド人が住んでいるんだとか。基本的に来日して働いているインド人はエリートが多いです。その辺の日本人よりも教育がしっかりとされ、とくに不祥事が起こることもないのでしょう。ちなみに江戸川区議会議員に元インド人の方もいらっしゃいます。それだけインドとこのあたりは深いつながりがあるということです。

インド人によるインド人のためのインド食材店です。
香辛料は大久保でも買えますが、せっかくここにきたので買って帰ろうと思います。

購入したのは米とコリアンダーシード、マサラ、丁子です。レンズ豆も売っており、インド料理っぽいので買おうと思ったのですが調理方法が分からなかったので今回は買いませんでした。まずはスタンダードにこれらでカレーを作ろうと思ってます。
この手の香辛料をデパートとかで買うとかなり高いです。こういうところで買えば安い金額で大量に手に入ります。もちろんどこで製造されているかも不明だし、いつ作られたのかも不明です。透明の袋の中にそれっぽい粉が入ってるだけです。

街をぐるっと廻ってみましたがリトルインディアとはいうものの西葛西はそこまでインドっぽい感じはしません。もっとインド料理屋が軒を連ねている感じだと思ったのですがコリアンタウンのように主張はしていないです。

ただ駅前の商店街にはカレー屋が一軒もありません。
普通であればカレーのファーストフード店があるもんですがそういった店が無いんです。まぁ周りにインド人が多く住んでいる中で日本人がカレーで勝負することもないのでしょう。

駅から少しだけ離れると何軒かインド料理屋があります。正直どこの店がよいのかわかりません。

インド料理といっても南インドだったり北インドだったり地域によって味付けも違うのでしょう。インド=カレーになっていますが、カレーもいろんな種類があるわけです。
かといって調べるのも難しいのでなんとなく地図で見て近場のところを選んでみました。

日替わりカレーセットを注文。カレーを二種類選べて主食はナンかロティを選べます。ロティを選択しました。それにサモサってやつとサラダとラッシーが付いてきます。
カレーはレンズ豆のカレーとじゃがいものカレーです。

よく見るとロティは炭水化物、米もジャガイモもひよこ豆も炭水化物でした。そしてサモサというのはジャガイモに玉ねぎや肉を混ぜたコロッケのようなもの。要は炭水化物。

なんでいつもこんな感じで炭水化物ばかりになるのでしょう。

まぁでも美味しいんです。最近は家でカレーを頻繁に作っているのと外食も控えていたので外でカレーを食べる機会が減っていますが、このインドっぽい感じがいいですよね。インド行ったことないですけど。

この芋のカレーが結構うまいです。

しかし辛いんです。辛さは増量できるようですが辛さをおさえることはできないようです。インド人が作るインド料理、そして近隣にはインド人が多くいてその人たちも食べに来るのでしょうが、ここは日本です。1割はインド人ですが残り9割は日本人。さすれば出てくるインド料理も多少なり日本人向けの味付けになっているのでしょう。それでも辛いのであればやはりインドの食べ物はこれよりも辛いのがデフォなのでしょう。インド旅行でお尻が痛くなること間違いなしのようです。

極東のインド、つまり本当の東インドというつもりで訪れたのですが西葛西はとくに普通の街でした。でも今後もっとインドっぽくなるのかもしれません。近い将来荒川で水浴びする人が現れるかもしれません。

これまでコリアンタウンやチャイナタウンといったところには行ってましたがこんな感じで日本国内にも在日外国人の街が多くあります。埼玉の蕨市には“ワラビスタン”と呼ばれるクルド人が集まる地域があり、群馬にはブラジルタウンがあります。海外に行けない今このように日本国内でも海外旅行っぽいことができます。

横浜にはタイ人街があるんだそう。
ということはマッサージパーラーもあるんでしょうかね??そう思って調べたところ黄金町のそばのところでした。つまりアレの残りってやつのようです。

遥かな時代の階段を。横浜娼婦の行先は【ハマのメリー】
遥かな時代の階段を。横浜娼婦の行先は【ハマのメリー】

黄金町は以前違法風俗店が軒を連ねておりましたが、黄金町に住む市民や行政、警察が手を取り合いバイバイ作戦というのを

外国人街ができる理由は様々あるようです。

関連記事

御苑内は撮影禁止!?200円から500円に値上げになった新宿御苑
御苑内は撮影禁止!?200円から500円に値上げになった新宿御苑

暖かい季節となりました。当方は冬が嫌いです。理由は寒いから。寒いと何もやる気が起きません。人間が冬眠できるのであれば冬場は活...

 
カーフェリーで桜島へ。レンタカーで島を一周してみて
カーフェリーで桜島へ。レンタカーで島を一周してみて

鹿児島は晴れです。この日を待ち望んでいました。 天気が良ければ桜島も綺麗に見れるわけです。前回見た時は灰色の空で雨模様。そ...

 
【たんぼ】町田には昔、風俗街があった(厳密には町田ではない)
【たんぼ】町田には昔、風俗街があった(厳密には町田ではない)

町田に来ております。 町田は東京都が実力支配している領土です。 歴史を紐解くと1868年に廃藩置県後、町田は神奈川の領土...

 
浅草の光と影-裏浅草で何を見たか
浅草の光と影-裏浅草で何を見たか

雷門です。やっと浅草のメインのところまでたどり着きました。 雷門の前は何度もバイクや車で通り過ぎています。しか...

 
【大阪民国】裏コリアンタウンとなった今里新地【遊廓】
【大阪民国】裏コリアンタウンとなった今里新地【遊廓】

大阪には五大新地と呼ばれるところがあるそうです。 有名なところは先日訪れた飛田新地です。ネームバリューも規模も新地の中で一...

 

Profile

Author:山林生活

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2020 山林生活 All Rights Reserved.