山林生活

車検費用が30万なので車を新調することに

車検費用が30万なので車を新調することに

[更新日]
[著作者]

サンバーのエアコンがつかなくなってから一カ月以上が経過しました。今年は猛暑。日中は40℃にまで上がった日本ですが、そんな中エアコンなしで今年の夏を過ごしました。このまま待っていれば秋、冬と涼しくなるわけです。これで今年も何とか過ごせるなーと思っていたのですが、今月車検です。当方二度目の車検です。とはいっても購入した時が車検直前だったのでサンバーに乗っていたのは丸二年ということです。

これまで様々なトラブル、困難を乗り越えてきました。

東名高速道路を走っていたらエンジンルームから変なにおいが...。サンバーのコンプレッサが焼き付く。
応急処置並びにリビルド品のコンプレッサ交換合わせて10万円ほど。

サンバーのエアコンコンプレッサが焼き付く
サンバーのエアコンコンプレッサが焼き付く

スバルサンバーのコンプレッサは消耗品!?夏場の暑い時期に突然エアコンが効かなくなりました。どうやらサンバーのエア

一度目の車検。ノーマルタイヤは溝がないためスタッドレスタイヤを夏から履き続ける。そのまま二年間、アスファルトタイヤを切りつけながらスタッドレスタイヤで走りぬけました。

たまたまタイヤハウスを見たらオイルまみれに。シャフトブーツ破損の巻。6万円ほど。

サンバーのドライブシャフトブーツが壊れてしまう
サンバーのドライブシャフトブーツが壊れてしまう

サンバーを購入してもうじき二年が経ちます。 走行距離は三万キロくらいでしょうか。 二年間で三万キロ。西日本周

エアコンが壊れるの巻。勝負で補修材を入れるも効果なし。3万円。

【ガス漏れ】サンバーエアコンまた壊れる
【ガス漏れ】サンバーエアコンまた壊れる

所有する車に対して愛着はありますか? 当方は一切ありません。 サンバー自体は魅力的な車であることは確かで

そのほか細かなトラブルや補修に関しては数えきれません。本来車はカスタムして利便性をよくするものなのですが、当方がこれまでしてきたのは維持するためにお金をかけてきたわけです。それで今回の車検。

話によると、まずタイミングベルトの交換が必要。ちょうど10万キロです。またマフラーが錆びて朽ちているため車検を通せない。マフラー交換が必要。
タイヤはスタッドレスで溝がなくなっている。交換が必要。そしてエアコンの修理が必要。車検費用を合わせると30万円ほどかかるみたいです。

ちなみに当方のサンバーは色々合わせて50万円ほどで購入しました。すでに修理で20万、そして車検で30万。高い買い物です。
この30万円を使って、その後何のトラブルもなく使用できるのであれば安い金額かもしれません。
しかし、また同じように壊れる可能性はあるわけです。

もう悩まない。買い替えです。

車ってちょっとやそっとじゃ壊れないと思っていたのですが、ハズレ引けば壊れるんですね。そもそもがサンバー購入した時「タイヤが四つついてて動けばいい」くらいで考えていました。もともと山林にセルフビルドで小屋を建てる予定だったため、その資材運びで車が必要だったわけです。購入当初はそんな感じだったのですが、車中泊なるものに味をしめてしまったせいか、居住性に重きを置くようになってしまいました。

中古はやだ。新車がいい。

行きつくところはここです。サンバーで痛い目を見ましたからね。新車であれば一定距離、一定期間の保証もあるのでしょう。

居住性を求めるのであればやはり普通車。理想はハイエースなどでしょうが、税金も高いし大きいし、といった問題があります。そのためやはり貧乏人には軽自動車に限られます。そんな中で今一番欲しい車両は何なのか考えます。

新型ジムニー。

ここに行きつくわけです。ジムニーだと車内が狭いので車中泊には適していないかもしれません。また資材を運ぶのも同様に適していないのでしょう。そして当方は基本舗装路しか走る予定はありません。全くジムニーの走行性能を生かすことはできないのですが、この車が欲しい気持ちは強いのです。

サンバーに乗ってみて車とは何なのか、車選びとは何なのかというのがようやく見えてきました。

車選びは、自分の目的に適した車を探す、居住性や性能の高いものを見つける、かわいいものかっこいいものがよい。このように選び方は様々ですが、これらはどうやら違うようです。

行きつくところは「所有欲」なんだと思います。

所有欲を満たせない車では愛情もかけられず大切に乗りたいとは思えません。しかし所有欲を満たせる車であれば多少の困難、不便も愛嬌として受け入れられるのでしょう。そのことから性能ではなく、今欲しい車を手に入れる。まさにこれなんだと思います。それを満たすのが新型ジムニーなのです。別に山道を走るつもりなんてありませんがそれでもこの車に魅力を感じてしまいました。そのためサンバーは捨て、新型ジムニーに変更します。

ジムニーであれば車中泊はしづらいかもしれません。しかし、そこには愛があるんです。愛さえあれば!愛さえあればっ!!

ジムニー、在庫ありません。受注生産なので納期は早くて半年。まぁ一年くらいかな。

スズキさん、それってどういうことですか?ここまでジムニー愛を語ってるのに、それを受け止めてくれないなんて...。どうやら新型ジムニーは大好評のようで普段の倍稼働させて生産していても納期は早くても半年後になってしまうようです。今月に車検が切れるサンバー。いつくるかわからないジムニー。サンバーの車検を取れば30万円かかる。車検を通さなければ車に乗れない...。

ということで、ジムニーは諦めました。まぁ軽のくせに高いし、いつ来るかわからないものを待っていても仕方ないです。
そんなやつ捨ててしまえばいいんです。

新型ジムニー?車中泊不便でしょ?日本の道は舗装されてるんですよ。そんな車を町中で乗ってたら恥ですよ恥。

こんな感じで言い聞かせて、ジムニーは諦めました。旧型のジムニーは手配できるようですが、それでは所有欲を満たせません。
満たせない上に不便ときたら何の価値も見いだせないでしょう。

行きついた先は、エブリイです。

けっしてスズキのホームページを見ていてジムニーダメだったから目に入ったエブリイを選んだというわけではありません。
一応車屋さんとも以前から話していました。エブリイであればチェーン式のタイミングベルトだから長持ちだと。そして荷室も広く、燃費もサンバーより良い。所有欲は満たせませんが、利用価値はありそうです。そのためエブリイに決めました。

納期は一カ月ほどです。車検ギリギリといった感じです。ちなみにエブリイワゴンではなく商用タイプの方です。値段もそっちの方がリーズナブルですからね。
エブリイについてはまた別の記事で詳しく投稿していきます。

とりあえず、サンバーとはさよならをすることになりました。農道のポルシェなんて二つ名がついていましたが、サンバーに対して何の思い入れもありません。車中泊までしたのに、なんなんでしょうね。所有欲を満たせていない車だからなのでしょうか。ただの金食い虫、穀潰し。そんなサンバーにはさよならです。

サンバーで日本一周?車中泊の旅に出る-車中泊の旅壱日目-
サンバーで日本一周?車中泊の旅に出る-車中泊の旅壱日目-

車中泊の旅のはじまりです。とりあえず西方向へ。サンバーバンで目的も目的地も決めずに進む車中泊の旅です。

キャリア、取り付けたけど出番なしだったな....。

関連記事

車中泊で使う机。イレクターパイプテーブルが破損
車中泊で使う机。イレクターパイプテーブルが破損

山林にいる時も車中泊で過ごしています。この時期日中は車内にいれないくらい暑くなります。日が落ちてからは涼しくなります。やっと...

 
【DA17V】収納スペース及びテーブルの作成【エブリイ】
【DA17V】収納スペース及びテーブルの作成【エブリイ】

有意義な車中泊ができるよう、荷室をカスタムしております。 エブリイの課題点はやはり収納スペース。本来荷室は荷物を入れて...

 
ガソリンスタンドのコイン洗車機を使ってみた
ガソリンスタンドのコイン洗車機を使ってみた

当方が初めて購入した車はミニでした。 子供のころから憧れていた車に乗れたというのは感動でした。本当は緑のミニに乗りたかった...

 
【DA17V】アイボルトを使ってフロントガラスにカーテンを取り付ける
【DA17V】アイボルトを使ってフロントガラスにカーテンを取り付ける

車中泊をするときは、駐車スペースに車を停め、マルチシェードを取り付け、荷物を移し...。 車中泊をする際、毎回この作業...

 
【DA17V】エブリイ自作換気扇取り付け計画
【DA17V】エブリイ自作換気扇取り付け計画

山林の開拓に行こうと思いつつ、全然行っておりません。空き時間はあるのですが、連泊できるほどの空き時間がない。日帰りで行くのも...

 

Profile

Author:

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らし、土地持ちホームレスを目指し開拓中⇒プロフィール

お気に入りRSS