山林生活

‐プライバシーポリシーのページを作成をする【GDPRとか】‐

プライバシーポリシーのページを作成をする【GDPRとか】

EU一般データ保護規則(GDPR)とかいうの流行ってるんですか?なんだかよくわかりませんが、プライバシーポリシーを見直さなきゃーみたいな話を聞きます。

かんけーないさー。

と思っていたのですが、どうやらアフィリエイトではこのプライバシーポリシーが必要みたいなんです。Googleアドセンス広告もAmazonアソシエイトプログラムもサイト上に個人情報保護方針が無いと利用できないんだとか。というより審査が通らないみたいなんです。

ちなみに当サイトにはプライバシーポリシーは見当たらなかったと思います。

いや、あったのかな?
審査が通ってるということはあったのでしょう。
ちょっと覚えていませんが、まぁ過去のことは過去のこと。
せっかくなんで作っていきましょう。

便所の落書き以下のブログに個人情報保護方針も何も無いとは思うのですが、ワードプレスもGDPRの関係でプライバシーポリシーについて「書けよ、お前」って言ってますからね。

そのため必要な情報を書いていきます。

プライバシーポリシー(個人情報の取り扱いについての指針について)

山林生活(以下「当サイト」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、個人情報保護の

当サイトのフッターにリンクを設置しました。

内容を見ていただければわかる通り、アナリティクスとアドセンス、Amazonアソシエイトに必要な文言を入れていきます。基本的に個人情報なんて取得するつもりも無いし利用するつもりも無いのでなんとなーくゆるーい感じで書いていきます。大体どこのサイトもなんだか畏まった感じで書いていますよねー。多少砕けた感じの方が良いのではないでしょうか。

しかし、そもそも個人情報ってなんじゃろ?ってことなんですよね。

「個人情報とは個人を識別することが出来る情報」

まぁ当然のことですよね。
経済産業省のサイトではアクセスログについて以下のような記述がありました。

ホームページを閲覧した際に記録されるアクセスログについては通常そこから得られる情報は、アクセス日時、相手側のドメイン名、IPアドレス、基本ソフト、ブラウザの種類等であり、一般にそれ自体から「特定の個人を識別できる」とはいえないことから、基本的に「個人情報」に該当しないと考えられる(当該アクセスログを保有する者において、他の情報と容易に照合して特定の個人を識別できる場合には、当該アクセスログを保有する者と本人との関係において「個人情報」に該当する。)。

IPアドレスだけでは個人情報にならないというのが「お上」の見解です。
つまりクッキーを集めようがIPアドレスを集めようが、それらで個人を特定するのが困難なのであればそれは個人情報ではないという判断なのでしょう。だったら不要じゃねーか!といいたいんですがアフィリエイトでは必要なんですよね。

ちなみにEU司法裁判所がIPアドレスは個人情報と判断したようです。
今後日本もこれに合わせてIPアドレスは個人情報だーってなるんでしょうね。
AmazonもGoogleも海外企業。そのため日本の法律では大丈夫だからっていうのは聞いてくれないのでしょう。

アフィリエイトをしていないのであれば、個人情報は集めませんし何もしませんって書けるわけですが、そんなこと書けばアフィリエイトを停止されてしまうので。

そもそも当サイトは日本国内だけでなく今後世界にはばたくわけですので、世界基準でやっていくしかないわけです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.