山林生活

アイリッシュウイスキー・ジェムソンのコーヒー割

アイリッシュウイスキー・ジェムソンのコーヒー割

[更新日]
[著作者]

山林滞在の際に必ずお酒を買っていきます。
山に入ると買い物に行くのもめんどくさくなります。お風呂の時を狙う、建材を買うときについでに買ってくる。こんな感じでお酒を買うこともあるのですが、敢えて山を下りずに堪え凌ぐことをしたくなる時もあるのです。まさに今回がそう。

暑いとなにもする気なくなるんですよ。

車を動かすことすらめんどくさい。動かすとなると荷室をちょっとばかし片づけなければなりません。その片づけるのがめんどくさい。そして山籠もりをすることとなるのです。この季節はむしろ山に籠るのに最適なところもあるんです。もちろん暑くて作業ができないという最大のデメリットはあります。そして汗もかく。でも水浴びをしてもしんどくない。むしろ気持ち良い。そしてペットボトルに水入れておけば勝手にお湯が出来上がっているわけです。

湯を沸かす必要がない。
毎日暖かいお湯でシャワーを浴びれるわけです。お風呂に入らなくても清潔を保てる。あとは食材さえあれば山籠もりができるってわけなんです。

そのようなこともあり、食材も多めに。前回から自炊をしております。そのため穀類は揃っています。無いのはおかずですが缶詰でどうにかできます。つまり酒さえ買っておけば問題ないというわけです。

長期滞在の酒。そうなるとスキットルボトルの小さいのでは足りないです。
天気が悪くなって何もせずにいれば酒盛りが始まります。そうなれば昼から飲んでることもあるわけです。
ある程度のサイズが必要です。

といっても4リットルのウイスキーとかは買いません。単純にウイスキーであれば720ml程度、焼酎だと一升があれば十分でしょう。

いつも通りスーパーの酒販コーナーで悩みます。
毎回ここにきて思うんです。こんなことであれば前もって酒屋で買っておけばいいんじゃないかと。またはネットで買えば好きなものを選べるのではないかと。
やはりスーパーだと選択肢が狭いんです。基本的に売れ筋の酒がラインナップとして並びます。ビール、日本酒、ワイン。このあたりは比較的揃っています。次いで焼酎といった感じです。もちろん色々あるのですがどれも無難なラインナップ。どこの店でも手に入る酒。

そうなるのは当然です。売れるかわからない酒の在庫を抱えるよりも確実に買う人がいる酒を置いた方がよい。その結果特殊なものは置かないのでしょう。テキーラはありますが一種類だけ。ウィスキーも無難なモノばかり。

こんな感じなので前もって酒屋で買っておくというのが一番なのでしょう。
でも、でもです。この選択肢が限られた中でどれを選ぶかという楽しみも一つなんです。一番の無難なウイスキーは角であり、麦焼酎なら二階堂かいいちこ。それを買えば何ら不都合もない。でも、それをあえて違うところを攻めるのです。違うといっても選択できる幅は狭い。誰でも知っている酒。でもあまり飲まない。そういうのを選んでいきたいじゃないですか。

ということで今回選ばれたお酒はこちらです。

アイリッシュウイスキーのジェムソンです。
日本で作られたウィスキーはジャパニーズウィスキーと呼びます。つまりアイリッシュウイスキーはアイルランドで作られているウィスキーってことです。私はヨーロッパとか全然興味がないし、寒いし行くこともないのでしょう。正直アイルランドとイングランドの区別もあまりつきません。でもこれって韓国と日本の区別がつかないとヨーロッパの人が言っているのと同じ感じなんでしょう。アイルランドとイギリスとは昔から領土の問題などで揉めていますからね。傍から見ればどっちでもいいじゃねーかってことなんですが当事者からすれば納得ができないのでしょう。

アイルランドといえばギネスです。
私はギネス大好きなんです。どこの飲み屋に行ってもギネスがあれば「とりあえずギネス」で始まります。そしてギネスのまま終わっていきます。なんだかんだでアイルランドと私は関わっているようです。

そんなアイルランドの代表的なウイスキージェムソンです。
歴史は古く240年前からあるようです。現在はペルノリカールが運営元となっています。バランタインもシーバスもペルノリカールが販売元です。モエヘネシー同様にペルノリカールも私にとっては重要な会社です。スーパーで売ってる率が高いのは売れ筋とかではなく販路を持ってるところが牛耳っているといった感じなんでしょうかね。そして消費者はそれに踊らされているという感じなんでしょうか。

でも、美味しいんです。

アイリッシュウイスキーといってもジェムソンはまぁ普通のブレンデッドウイスキーです。甘みが強く飲みやすい。だからコーヒーにも合うんでしょうね。スムースな味わいでクセがない。そうです。クセは無いです。水割りとかにするとちょっとアルコールっぽい感じが出ちゃいます。一番の飲み方はブラックコーヒーで割るか、もしくはストレートで。

ウィスキーのコーヒー割って結構おいしいんですよね。自分で入れたコーヒーでもいいし、売ってるコーヒーでもいいし。ブラックコーヒーで割るのがいい感じです。アイリッシュコーヒーというカクテルがあり、そちらは砂糖入れたり生クリームを足したりするのですが、そういうの別にいらないです。ただ単にコーヒーだけ。

コーヒーにアルコール足した感は否めませんが、これがいいんですよ。
アルコールとカフェインでいい感じです。紅茶じゃなくてコーヒーがいいんです。

本日のアテはクルミと三島食品のゆかりです。
クルミを最近よく食べるようになりました。どうやらクルミに含まれるなんちゃらってヤツが身体にいいらしいです。でもクルミばかりだと飽きます。そのためゆかりも持ってきました。本来パスタとかご飯にかける用に持ってきたやつです。これを舐めて酒を呑む。塩気がいい感じなんです。絶対に身体に悪い飲み方ですよね。アイリッシュウイスキーはしょっぱいものよりもチョコとかドライフルーツとかがよさそうです。しかしここは山林。残念なことに今回甘いものを買ってきませんでした。次回からは角砂糖でも車の中に入れておきます。

関連記事

【自作カクテル】スミノフウォッカでシークァーサーハイボール
【自作カクテル】スミノフウォッカでシークァーサーハイボール

お酒は生で飲め。 基本的にお酒は造り手の気持ちを考えてそのまま飲むように心がけております。基本的にストレート。それが一番良...

 
ゴールドと呼ばせない!クエルボ・エスペシャル【レポサド】
ゴールドと呼ばせない!クエルボ・エスペシャル【レポサド】

酒は百薬の長なんて言われていた時代もありましたが、現代では一滴の酒も体に良くないと言われています。常習性もあり体への負担も大...

 
ベトナム式米焼酎「ルオウ・ネプ(Rượu nếp)」
ベトナム式米焼酎「ルオウ・ネプ(Rượu nếp)」

ベトナムはビールが安いのでどうしてもそちらを飲みがちとなってしまいますが、せっかく海外にいるわけです。地元の酒、飲みたいじゃ...

 
邪道のヘネシーコーク。おススメの午後の紅茶ヘネシー
邪道のヘネシーコーク。おススメの午後の紅茶ヘネシー

キャンプや車中泊の時、また山林滞在の時に飲むものといえば焼酎です。ビール党ですが、空き缶の処理や冷蔵庫の無い環境等を考えると...

 
フィリピンのご当地焼酎 椰子花糖で造った死の酒「ランバノグ」
フィリピンのご当地焼酎 椰子花糖で造った死の酒「ランバノグ」

旅行に行くとその土地の名物料理を食べたいし、そこで飲まれる酒も飲みたいです。 日本国内だと各地に地酒があるため比較的日本酒...

 

Profile

Author:

山林生活

山林生活を目指す。
でも都市型生活、旅行を中心にブログを書いてます。⇒プロフィール

お気に入りRSS