山林生活

飲み方はストレートで!アネホだけど低価格なテキーラ「パトロン」の味

飲み方はストレートで!アネホだけど低価格なテキーラ「パトロン」の味

[更新日]
[著作者]

去年末、血液検査の数値があまり芳しくなく禁酒の契りを交わしました。外では飲むが自宅では飲まない形にしたのでしょう。こうすることで飲酒の機会はグンと減りました。しかしコロナの影響で外食は禁止。それにより禁酒の契りは破れ、今では以前とあまり変わらずに飲んでいます。

結局アルコールが無いとダメな人間なんです。
アルコールは生きる意味であり明日への糧。酒がないのならば死んでるのと同義。それであれば「モノ言わぬ臓器」にもう少し頑張ってもらうしかありません。

こんな感じで晩酌を正当化。それで飲み続けています。
でも酒量はかなり減りました。以前は「飲みだしたら際限なく飲むのが酒の神バッカス対する礼儀」、「酒に失礼だからツマミは食べないのが理想的な飲み方」と言っていましたが、それだと肝臓に負担が大きいので酒量を抑えています。ビール一杯だけの時もあり非常に健康的になりました。それにより荒ぶっていたγ-GTPも落ち着いています。

しかしビールだけだと物足りない。ワインだけだと物足りないんです。
そんなこんなで購入したのがこちらの酒です。

パトロンというテキーラです。

テキーラって罰ゲームで飲む酒のイメージがありますが、それは熟成していないホワイトテキーラです。今回購入したのは樽で熟成したもの。テキーラにはプラタ、レポサド、アネホとランク分けされています。プラタはブロンコとも呼びます。ブロンコは白色ってこと。罰ゲームで飲むのがプラタで、できたての樽熟成をしていないヤツ。そのため本来のテキーラの味はプラタを飲むのがよいのでしょう。

レポサド、アネホと順に熟成の期間が変わります。
アネホの上にエクストラアネホもあるのですが、基本的にアネホがテキーラの最上級品です。今回購入したのはパトロンのアネホです。

テキーラは記した通り罰ゲームの酒のイメージが先行しています。そのためイメージもそちらに偏っています。「強い」「きつい」「くさい」この三つのイメージがあり、塩とライムで飲むのが印象深いですがアネホになるとその飲み方はもったいないです。ほぼウイスキーと一緒、なんだったらウイスキーよりも上品な味わいです。

テキーラで一番好きな銘柄はポルフィディオアネホ。厳密にいうとテキーラではなくアガベスピリッツになるのですが、ここのブランドのやつが好きなんです。味がまとまっててテキーラ臭さやアルコールっぽさがあまりありません。甘みが強くブランデーに近い味わいってところでしょうか。

しかし値段が高いです。以前は7000円前後で買えたのですが現在は14000円を超えています。そして最近では味が違うやつが出ているみたいなんです。以前も正規品と個人輸入でカラメル色素を添加したやつとそうでないヤツがありました。人気のお酒なのでいろいろとあるのでしょう。しかし14000円を出すのはちょっと気がひけます。そのため今回は諦めたのです。

それでもやっぱりテキーラが飲みたい。その際に選んだのがパトロンでした。
値段は4000円。ポルフィデイオよりは安いですが晩酌で飲むにしては少し高めです。

安くて美味しいお酒を。流石に1000円台というわけにはいきません。多分プラタでも1800円くらいはします。メキシコに行けば安いのでしょうがここは日本です。そこまでテキーラを好んで飲む人がいません。需要が無ければ供給も少なく値段は高くなってしまうのです。でもポルフィディオの半額以下で買えます。

見た目は若干薄い色です。
個人的にはこのボトルのデザインがあまり好きではありません。これはパトロンに関してだけではなくテキーラ全体の問題だと思います。

とりあえずちょっと変わった形のボトルにしてみました感。

これがどうも気が乗らないんです。ウイスキーって基本的にボトルの形が統一されています。でもテキーラはボトルデザインがメーカによって千差万別。先のポルフィディオもボトルデザインが他とは違います。かわいらしいボトルなんですがガラスの強度は低いし形がいびつなんです。見た目も重要だと思いますが取り扱いが面倒になるんです。見た目じゃなくて味で勝負してほしいんです。

では問題の味に関してですが、ポルフィディオと比べると物足りない感じです。

飲み方はストレートで。塩もライムも不要です。ショットグラスに注いで飲む。これが一番おいしい飲み方のはず。

色の薄さもそうですが、これが味に出ています。熟成年数が短いのが原因でしょうか。深みはあまりありません。
テキーラのよさはあるんです。プラタとはちがって角が取れて丸みがあります。アルコール臭はありません。テキーラの甘みがしっかりと出ています。上品でテキーラっぽさは抑え気味。品のよいプラタといった感じでしょうか。

飲みやすいテキーラって感じ。
テキーラの独特の臭みがないため飲みやすくなっている分、臭みを消したことによるテキーラの魅力が少し減ってしまっている感じがします。
もう少し熟成させると深みが出そうな感じです。

それでも4000円は妥当な金額なんじゃないでしょうか。

関連記事

アイリークカスクストレングスはラガヴーリンのはず
アイリークカスクストレングスはラガヴーリンのはず

冬の寒いときはなかなかビールって気分にもなれず、ストロング何某も飲む気になれません。やっぱり体が温まるものを飲みたい。そのた...

 
伝説の焼酎と言われた青ヶ島のあおちゅう
伝説の焼酎と言われた青ヶ島のあおちゅう

暑くなるとビールが飲みたくなってしまいます。 しかし山林ではビールは基本的に飲みません。 里に下りた時についでに買ってき...

 
「弘前シードル工房kimori」のドライシードルとスイートシードル
「弘前シードル工房kimori」のドライシードルとスイートシードル

日中にりんご公園に行きシードルを購入しました。シードルはリンゴを発酵させて醸造したお酒です。 お酒のつくり方は...

 
一気飲み用のテキーラ「トレス・レイス・テキーラ」の味
一気飲み用のテキーラ「トレス・レイス・テキーラ」の味

シングルモルトウイスキーが高いので最近は焼酎がメインとなっています。でもちょっと違った味も飲みたくなるものでラム酒やテキーラ...

 
【ふなスパ】日本酒ふなぐちのスパークリングを飲んでみた
【ふなスパ】日本酒ふなぐちのスパークリングを飲んでみた

私が好んで飲むのはビールなんですが、ビールは残念ながらプリン体が多く含まれております。痛風に近い、準痛風の身にとってはビール...

 

Profile

Author:

山林生活

山林生活を目指す。
でも都市型生活、旅行を中心にブログを書いてます。⇒プロフィール

お気に入りRSS