山林生活

【ラオス】何もなくはない!ビエンチャンの観光とグルメ

【ラオス】何もなくはない!ビエンチャンの観光とグルメ

[更新日]

ラオス二日目です。
二日目といっても昨日はただ到着しただけです。20時頃に到着。SIMカード作ったり両替したりと最低限のことは昨日済ませました。しかし当方にとっては未開の地。夜中に出歩くわけにもいかず、コンビニでカップラーメンとビールを購入してホテルに籠っていました。
本日はせっかくビエンチャンに来たわけですので観光っぽいことをしてみようと思います。といっても歩いていけるような場所を巡るだけなのですが。

パトゥーサイを見に行く

一応ラオスに来る前に少しばかり観光地的なものを調べてあります。とくに興味はないのですが、せっかくブログとして書くのであればこの手のことにも触れておかなければなりません。一番メジャーなところはおさえておかなければなりませんよね。

ラオス、ビエンチャンにある凱旋門、パトゥーサイです。フランス領だったラオスならではの建造物です。凱旋門なんだけども仏教色満載です。恐らくここがビエンチャン一番の観光スポットです。

そして、観光スポット一つ目にしてすでにクライマックスです。

もうこれで終わりの感じです。

凱旋門は本場のものは見たことがありません。当方が見た凱旋門はこのパトゥーサイと新世界の通天閣くらいです。
通天閣には登ったことがありませんでしたが、こちらは入場料を2000キープ払えば登ることができます。門の脇のところの入り口にスタッフがいるのでそちらの方に2000キップを支払い入場します。

門の内部はお土産コーナーなどがあります。
中は殺伐とした感じです。

ビエンチャンは古き良き町を今でも残すところです。そのため高い建物がなく、パトゥーサイを登ればあたり一面を見渡すことができるという触れ込みです。
たしかに周りに高い建物がないため遠くまで見えますが、見えるだけでとくに何もありません。恐らく大阪の通天閣を登るのと何も変わりありません。でも通天閣の入場料は少し高かったきがします。こちらであれば2000キップなので登ってみるのもよいかと思います。

とくに感動というものはありません。

少し高いところに上っただけですからね。周りにどのような建物があるか知ったうえで登るのであれば楽しいんでしょうが、周りに何かあるか知らないで登ればただの景色です。パトゥーサイはまだ建設途中なんだとか。しかし予算の関係で建設が頓挫しているみたいです。せっかくだから凱旋門の上にエッフェル塔でも建てればよいと思います。そしてパトゥーサイの周りで串カツでも売っていれば良い観光スポットになるのでしょう。

このパトゥーサイに来るために少々歩いたわけですが、やはりバンコクのようには栄えていないのがよくわかります。田舎なんだなーって感じです。でも乾季だからなのかハエや蚊がそこまでいない感じです。いるにはいるのですが、そこまで気になる量ではありません。でも虫避けスプレーは必要ですね。

ラオスのグルメ、ラープを食べる。

とりあえず店に入ったらビールを頼みます。ラオスビールはビアラオというのが有名なようです。ノーマルのものから少しリッチなゴールド、そして黒ビール的なものもあります。今回ゴールドを飲んでみましたが確かに少しばかりコクがある感じです。でも当方としてはうっすいビールの方が好きなんですよね。水代わりに飲むのであれば味がそっけない感じでするっと飲める方が好みです。そのためゴールドよりもスタンダードの方が好きです。スタンダードももっと薄くてよいとも思っています。

ラオス料理で一番有名なのがラープというものです。ラオスに来る前にイメージでラープを作ったのですが、全くの別物でした。初めてではありますが、辛いのはいろんなところに支障をきたすので辛いの無しで作ってもらいました。とくに肉料理について宗教上の禁忌は無い地域なので、鳥、豚、牛の三種類のラープがあります。またそれ以外にもダックと書かれているのはアヒル?と川魚を使ったラープもあるようです。

味についてはかなり当方好みの感じです。要は肉入りサラダなんですが、肉のほかに玉ねぎ、バジル、ミントが入っています。またショウガで味付けされているのですが、味付けが日本食っぽい感じです。

ミョウガとシソとショウガを合わせてひき肉を混ぜたものといった感じでしょうか。バジルはシソと同じような品種です。おそらくミントと玉ねぎが合わさってミョウガっぽさを出しているんだと思います。味付けはナンプラーだと思いますが、これを醤油で作れば和食料理として出されてもわからない感じです。そんな感じなので魚のラープも結構おいしいかもしれません。

今回はカオニャオ(もち米)でいただきます。というよりラオスの米食はもち米らしいんです。もち米も香りがしっかりしています。バナナの皮で炊いているのでしょうか。ほのかに木の香りがついています。

今回は辛くないヤツを頼みました。次は普通に辛いヤツを頼んでみようと思います。それ次第にもよりますが、当方はタイ料理よりもラオス料理のほうが好きかもしれません。タイ料理って少し油っぽいところがありますが、ラオスはさっぱりしているんですよね。当然ラープは肉サラダなんでさっぱりしているんだと思いますが、酢を使ってすっぱくしているというわけではなく味付けがなんとなく日本食に近い感じです。このラープが人気ということなのでラオスご飯は期待できそうな感じです。

観光はこんな感じで終了ですかね。昨年のバンコクに行った時もチャトチャックの市場を見たくらいで何もしませんでしたからね。別に観光しなければならないわけでもなく、そもそも見たいものはとくにありません。唯一見たいところがあるとすればメコン川くらいでしょうか。ルアンパバーンまでは行くのしんどいですからね。ビエンチャンでただ無駄な時間を消費するだけです。

これならビエンチャンの滞在って1日で日数は足りるんじゃないか?

そうです。ビエンチャンで観光をするという考え方が間違い。ビエンチャンは何もせず、ボーっとその日を過ごすというのが一番の楽しみ方なのでしょう。色々見て回りたいというような感じだと物足りないかもしれませんが、このダラダラした感じって気分いいですよね。遺跡とかがる場所だと見に行かなきゃ損って気持ちが前面に出るし、実際に見に行くべきなのでしょう。でも何もないのであればわざわざ観光とかしなくてもいいわけです。凱旋門は行くべき場所ですがパトゥーサイはまぁ行かなくても大丈夫なんじゃないでしょうかね。それよりも一日をのんびり過ごすことを考えた方がよいでしょう。

Pocket
LINEで送る

関連記事

         
山林生活者だとしてもナチュラリストとは限らない
山林生活者だとしてもナチュラリストとは限らない

先日、仕事兼プライベート?でインドネシアのバリ島に行ってきました。 山林を所有して以降、旅に出ると見るところが変わりました...

 
【ラオス】ナイトマーケットで明日の衣類を買う
【ラオス】ナイトマーケットで明日の衣類を買う

ビエンチャンの夜は基本的にカップラーメンです。 あまり夜出歩きたくないんですよねー。治安のこともありますが、いろんな誘惑が...

 
【支付宝】中国旅行のキャッシュレス問題
【支付宝】中国旅行のキャッシュレス問題

天竺に行くため、色々と調べております。いつ天竺に行くかの予定も決まっておりません。でもこんな感じで思いをはせるのも旅の醍醐味...

 
アイコス吸ってる奴、バンコク禁止だってよ
アイコス吸ってる奴、バンコク禁止だってよ

やっとバンコク行きが決まりました。 本来であれば2月の初旬に行く予定がズルズルと延びて気が付けば月末です。 今回、バンコ...

 
【ラオス】ビエンチャンPVOにてカオチーを食べる
【ラオス】ビエンチャンPVOにてカオチーを食べる

先日タラートサオに行きましたが、どうやらタラートサオの裏手に新たなショッピングモールがあるみたいなのでそちらに行ってきました...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2019 山林生活 All Rights Reserved.