山林生活

オオスズメバチの巣が敷地内に!どうやって対処するか。

オオスズメバチの巣が敷地内に!どうやって対処するか。

[更新日]

購入した冷蔵庫。さすがに小さすぎました。卵10個入りパックを斜めに入れ、納豆の小さいパックが三つ。無理やり500ミリのペットボトルを入れて限界です。小さいですがちゃんと冷えています。
最近寒いしこれから寒くなるので暑い時の能力がどの程度なのかわかりませんが、今のところ満足しています。ただ小さいので入れられる限度があり、そのほかは車中泊の際に購入したクーラーボックスに入れています。500ミリのペットボトルを冷蔵庫で冷やし、クーラーボックスに入れる作業を毎日やっています。ここのところ涼しいのでクーラーボックスの中も冷たいです。クーラーボックスにはネギと調味料が入っています。

冷えた飲み物に関してですが当方には不要です。比較的お腹が弱いので冷たいものがあまり受け付けません。ビール好きですが飲むとお腹を壊します。トイレがその辺の状態で腹痛はいろいろと大変なんで。今回は常温か温めたものしか飲んでいません。

ペルチェ式冷蔵庫に関してですが、かなり汗をかくようで...。さすがに車に積んで動かすというのは厳しそうですね。とくにサンバーはそこまで大きくないので、寝床が濡れてしまいます。小屋に置いておくだけなんで別に濡れようが燃えようがどうでもいいんですが、車で使うのはちょっと厳しそうです。

そんな感じで山奥の暮らしを満喫していますが、山ということで色々と不便なことがあったり危険なことがあります。とくに山の中だと獣のこえが響き渡ります。この辺だとイノシシやサル、そして鹿とキョン。このあたりの獣を頻繁に見かけます。夜になると鳴き声が聞こえるんです。都内だと喧嘩しているネコの声や飼い犬の吠える声くらいでしょうが、千葉はキョンの鳴き声がするんです。
キョンだと思います。鹿かもしれませんが、女の悲鳴のような少女の断末魔のようなのが聞こえるんです。少女の断末魔を聞いたことがないのですが、イメージしているような鳴き声が聞こえるわけです。もしかしたらリアル少女の断末魔だったかもしれませんが...。

まぁ鳴き声はずっといれば慣れてくるもんです。キョンは襲ってくることもないのでとくに気にしません。山の中で襲ってくる獣はイノシシと猿くらいでしょうかね。今のところ襲われていませんがそこは注意しなければなりません。とくに夜トイレに行くとき。トイレといってもトイレではなく野原なわけです。夜行性の動物がその辺ウロウロしている中でしなければなりません。注意って何をすればよいのかわかりませんが、トイレ行くときはできるだけ物音を立てながらしています。

こんな感じで獣への対処は万全です。問題は虫です。ハエや蚊などの虫は当然います。そしてオオゴキブリもいます。危険なのはアブや蜂ですね。とくに秋口は蜂が活発化します。毎年テレビとかでもスズメバチがどうのとかで特集が組まれたりしています。スズメバチに刺されたらアナフィラキシーショックで死ぬ可能性もあるんだとか。それもそうですがかなり痛いらしいんです。子供のころにあしながバチに刺された経験はありますが、それよりも痛いらしいんですよね。あの時も結構痛かったと記憶していますが。

そんなハチですが当然いるわけです。しかもオオスズメバチでしょうか。キイロスズメバチでしょうか?撮影した画像を見る限りスズメバチで間違いなさそうです。こいつが小屋の脇にある花壇のところに巣をつくっていました。だいぶ寒くなってきているのでもうそろそろ終わりの時期ではありますが、このように外に飛んできます。そして車にへばりついています。車の表面温度が高いためスズメバチが集まってくるようで。この温度の高いところに集まってくるのは蜂の生態なんでしょうね。アブですら嫌な存在なのにここでスズメバチです。ちょっとでも巣に近づくとカチカチと警戒音を出してきます。あれに刺されたら大変なことになります。

どうしても山林なんでこのようなことは起こりえる環境です。スズメバチ以外にもいろんなハチが飛んでいますからね。流石に自分で処理できるはずもなく、そもそも処理できる道具がありません。あるのは蜂除けのスプレーだけです。かといって業者を呼ぶにしてもお金がかかるし。どうやら冬になればいなくなるそうなのでそれまで待つしかありませんね。

草木が生い茂ってたり、倒木があったりするとそこに巣をつくられやすいようです。オオスズメバチは地中に巣をつくります。雨が凌ぎやすい場所や周りから発見されづらいところに巣をつくるんだとか。つまりちゃんと草刈りをしてきれいにしておけばオオスズメバチに巣をつくられることもないのでしょう。とりあえず今は刺されないように気を付けるってところでしょうかね。来年に向けて巣が作られづらい環境にするしかないのでしょうね。しかし常にあたりを警戒しながら作業をしなければならないのでしんどいです。
近づかなければ襲ってこないのですが小屋の入り口のそばなので近づかないわけにもいかないんです。また火をたくとそこにスズメバチが寄ってくるんです。恐らく熱を感知して寄ってくるのでしょう。これでは何もできません。
オオスズメバチの天敵はオニヤンマなんだそうです。オニヤンマはオオスズメバチを捕食するそうです。オニヤンマのいるところはオオスズメバチの巣が作られづらいんだそう。つまりオニヤンマが生息しやすい環境づくりが必要ってことですよね。ハチに関しては山林ということでその辺にいっぱい飛んでいます。今後も付き合っていかなければなりません。でも敷地内に巣をつくられると作業効率が落ちてしまいます。なんとか来年は巣が作られないようにどうにかしたいです。

関連記事

泥遊びは楽しい。一からレンガを作ってみる
泥遊びは楽しい。一からレンガを作ってみる

井戸掘りをしたあとの残土があります。 残土に関しては井戸掘り業者に処理してもらうこともできたのですが、その場合処理費用がか...

 
【iPhoneでは土を耕せない】小屋暮らしはミニマリストには不向き
【iPhoneでは土を耕せない】小屋暮らしはミニマリストには不向き

スローライフな生活、ミニマルな生活をしてみたい。だから小屋暮らしとか山林暮らしとか憧れる!っていう人がなんだか周りに多いので...

 
セルフビルドで小屋を建てるための建築確認の要否について
セルフビルドで小屋を建てるための建築確認の要否について

10平米以下の建物であれば建築確認は不要。 ネットだとこのような書き込みがあり、当方も漠然とこんな感じで思っていました。...

 
【山林版Airbnb】山林レンタルビジネスについて
【山林版Airbnb】山林レンタルビジネスについて

先日とある方から問い合わせがありました。 内容としては当方が所有している山林をレンタルしないかというもの。要は山林版の...

 
井戸モーターの目隠しを作成してみる。
井戸モーターの目隠しを作成してみる。

当方の所有する山林に先日井戸を掘りました。 井戸水のくみ上げはモーターです。手押し式のものと悩みましたがやはり楽して水が欲...

 

Profile

Author:山林生活

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2020 山林生活 All Rights Reserved.