山林生活

‐畑を耕すも鳥獣被害の危機‐

畑を耕すも鳥獣被害の危機

そこまで寒くない!しかも湿度も50%と安定しています。
やはり締め切ったまま朝まで過ごすのとでは全然違います。
前回、車中泊した時は全ての窓を閉め、マルチシェードを取り付けていました。
朝起きると窓はびしょ濡れ、布類も若干湿っぽかったのですが今回は至って普通でした。
やはり車中泊は窓を開けて換気をしなければならないってことなんでしょうね。
昨日は暖かい陽気だったためよかったです。

本日の作業は畑仕事です。
せっかく春になりますのでこのタイミングで種を蒔けば、初夏に収穫できるのではないでしょうか。
これまでも一応種を蒔いてきましたが基本全滅という状態でした。その理由は3点。

1.水やりなどの世話ができない。
2.栄養が不足している。
3.虫に食われる。

水やりに関しては山林に来る回数を増やすしかないでしょう。
栄養が不足している部分はやっぱり肥料を買わなければなりません。
虫についても対策をしなければなりません。

建材購入ついでに肥料も買ってきます。
ホームセンターで大量の肥料を買うのもよいのかもしれませんが、今回は100円ショップで購入します。
地域柄なのでしょうか。鴨川にある100円ショップは肥料や園芸品が結構そろっています。
100円ショップだけで賄えそうです。

とりあえず土を掘り返します。
そして石灰苦土を蒔きます。本来であれば蒔いた後数日おかなければならないみたいですがそんなことは気にしません。
続いて肥料を投入。最後に種を蒔きます。

今回植えたのは枝豆とバジルです。
以前もこの二つの種を蒔いたのですが、枝豆は鳥に食べられてしまいました。バジルは虫の食べられてしまいました。
そのためトンネルを作って網を被せます。

これで鳥、虫に食べられる心配がなくなりました。
これまでただ植えただけで放置してただけですからね。
農業能力が少しアップしたのではないでしょうか。

普通山林や里山暮らしは野菜がメインですが、当方の食事は缶詰の肉、魚がメインです。
野菜が育てばそれをメインにできます。
今回はバジルと豆ですが、これで成功すれば野菜を多く育てようと思います。

こんな感じで農作業をしていたのですが、少々厄介なものを見つけてしまいました。

動物の糞と足跡です。
恐らくキョンのものだと思います。
当方一応狩猟免許を取得していますんで、鹿と同じ足跡、糞です。
ただこれらがあったのは畑の真ん中でした。
畑は一応ネットで四方を囲っているのですが…。

と、周りを見たところ破けている個所が!

そこまで大きな穴ではないのでやはりキョンなのでしょう。網が破られた跡があります。
ナイロン網なので噛み切られたのでしょうか。。。
勝浦市はキョンの農作物被害が酷いらしいですね。
実際に走り回っているところをよく見かけます。
とりあえず応急処置として穴の開いているところを塞ぎ、余っている木材板で目隠しをしてみました。

作ったトンネルは100円ショップで買ってきたものです。強度は無いです。
畑の中に獣が入れば一瞬で壊されてしまいます。
鳥獣が入らないような造りにしなければならないようですね。。。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
山林生活の食事事情
山林生活の食事事情

夜明けとともに起き、日の入りとともに寝る。 健康的です。 すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有...

 
車中泊をしやすいようにサンバーを改造する
車中泊をしやすいようにサンバーを改造する

山林に来ているのに小屋の修復作業もせず、開拓もせず、どうすればサンバーの車中泊がしやすいのかなぁ~って考えています。 ...

 
山林の食事。自家栽培のことを考える。
山林の食事。自家栽培のことを考える。

納豆と卵とみそ汁。先日里に下りた時に副菜を購入しました。 ザーサイです。 漬物系が一品あればと探したのですが、ど...

 
ビジネスホテルの電気をつけるアレを買ってみる
ビジネスホテルの電気をつけるアレを買ってみる

仕事の関係で山林から外れていました。 山林で生活をするためには種銭がが必要。 自給自足で何とかしたいのですが、残念ですが...

 
勝浦の銭湯「松の湯」に行ってみた
勝浦の銭湯「松の湯」に行ってみた

風呂無しワンルームです。当方の山林は風呂無しワンルームなんです。 山林で生活、小屋暮らしをしてる人ってやっぱりドラム缶...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.