山林生活

【アウトドア飯】冷たくても美味い「いなば食品」のカレー缶詰

【アウトドア飯】冷たくても美味い「いなば食品」のカレー缶詰

[更新日]

先日ネコのおやつと呼ばれているチャオちゅーるを食べてみました。ネコの餌は塩気が薄いということでしたがしっかりとした味付けで、これが旨かったんです。その理由は製造元がいなば食品だから。

【コロニャ対策】本当のネコまんま「チャオちゅ~る」を食べてみた
【コロニャ対策】本当のネコまんま「チャオちゅ~る」を食べてみた

小屋のテラスで酒を飲み、葉巻を吸う。これが小屋の楽しみです。周りには人がいない。人の声もしない。鳥のや虫たちの声

そりゃいなばであれば問題ないです。なんだったら普段からいなば食品のものばかり食べていますからね。

酒のつまみがないかと探したら缶詰があったので食べました。みごとにいなば食品。なんだったらチャオちゅーると同じなんじゃないかってくらいのツナ缶です。どちらかというとチャオちゅーるの方がしっとりしていて食べやすかったとも思えました。
こんな感じで日常的にいなば食品の缶詰を食べています。とくに山林に至ってはそれがメインとなりつつあります。

メインとなっている原因はカレーの缶詰です。
これまで缶詰ってシーチキンや鯖缶、コンビーフといったものが多かったです。それ単体で食べるのではなく、食材の一つとして利用する。そう、食材の一つとして利用するものを単体で食べることが多かったわけです。上記のようにシーチキンを酒のつまみにしたり、コンビーフにかぶりついたり。もともとが食材なのでちょっと味気ないわけです。そのままかじりつくのも粋狂のようなもので、「男のアウトドアはやっぱりこれだね」ってやつをやりたいがために食べているところもあります。
でもいなば食品はその認識を覆したんです。

それが、いなばのカレーです。

カレーの缶詰です。カレーといえばレトルトパウチに入ったカレーのルゥを鍋で温めてご飯にかけて食べるというのが基本でしたが、いなば食品のは缶詰に入ったカレーで、温めることなくそのままでも美味しく食べられるというのが特徴です。つまり湯を沸かす必要もなく、ご飯にぶっかけるだけでカレーができるんです。山の中だと調理器具が乏しい、調理がめんどくさい、そもそも調理する食材がない。そんなわけでレトルト食品やインスタント食品に頼りっきりとなってしまっています。カップラーメンばかりだと味気ないんですが、このカレーの缶詰のおかげでご飯がおいしくなったわけです。アウトドアといえばカレーですが、これからの時代は作るのではなく持ってくスタイルが主流になるんじゃないでしょうか。ということでいなば食品の缶詰に関してお話したいと思います。

缶詰はいくつかあります。そしてカレー以外のものもあります。
まず当方が一番好きなやつは「チキンとインドカレー 黒カレー」という商品です。

こちら人気商品のようでスーパーでも売り切れていることが多いです。缶詰のクセに味が調っているんです。若干量が少ないのですが、そこは辛さがカバーしてくれます。少量で米を掻っ込めます。

同じ商品で「チキンとインドカレー 赤カレー」がありますが、こちらはマイルドな商品です。個人的には黒が一番おいしいです。なんだったら山林に滞在していない時も食べています。

「バターチキンカレー」ってやつもいいですね。これもハズレではないです。ココナッツカレーが大丈夫な人は美味しく食べられるでしょう。基本的にどれもココナッツが入っています。そのためちょっと本場っぽいんです。アジアご飯が好きな人には合うのでしょうね。

これはタイカレーです。タイカレーは何種類かあります。そしてこれらの商品全てタイで生産されています。いなば食品の工場がタイにあるのでしょうね。そしてタイ料理。ということは本物ってことじゃないですか。おそらく製造している人もタイ人なんでしょうから、タイ人がタイで作るタイカレーってわけです。個人的にはイエローよりもグリーンカレーが好みです。

具が溶け込んだシリーズというのもあります。具が溶け込んだのか、それとも具無しなのかはわかりませんが、こちらも味がしっかりしてます。ご飯に合ってるんです。でもこれはソースとして使うのでしょうね。

それ以外に「ガパオチキンバジル」というのがあります。鶏肉のバジル炒めです。これはもう少し変化が欲しいところです。目玉焼きがあると美味しく食べられるんですがこれ単体だとちょっと物足りないです。

個人的にはタイで食べたマッサマンカレーの缶詰があるとよかったんですがね。と思ってネットでマッサマンカレーの缶詰を探したところ、以前いなば食品で「いなば じゃがいも・豆のタイカレー マッサマン」というのを出していたそうです。現在はラインナップから消えており、ネット通販サイトも在庫切れとなっているのであまり人気がなかったようです。やっぱりカレーは甘いのよりも辛い方が日本では人気なんでしょうね。
以前がこれ以外にもココナッツミルクとタロイモのスイーツの缶詰などかなり勝負した商品もありました。今はそれらはなくなり現在のラインナップで落ち着いていますが、本場のタイで生産しているわけです。いろんなタイ料理で勝負してほしいですね。まぁタピオカココナッツ缶詰とか一度も手に取りませんでしたが。

いなば食品は安心できるところがあります。これからもお世話になります。

やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫。

関連記事

復活したガストバーガーは以前とは様子が変わっていた
復活したガストバーガーは以前とは様子が変わっていた

すかいらーく、ジョナサン、ガスト、サイゼリヤ。 日本にはいろいろなファミレスがあります。先日も山口空港でココスに立ち寄りま...

 
【インド人を目指せ】CTC製法の茶葉でつくる自作マサラチャイ
【インド人を目指せ】CTC製法の茶葉でつくる自作マサラチャイ

今年初めにバンコクに三週間ほど滞在し、帰りに空港で紅茶の茶葉を買って帰りました。その茶葉自体はタイティー用の茶葉でしたが、香...

 
山林で作物を育ててみる
山林で作物を育ててみる

人は生きていくうえで食物を口にする。世の中には霧を食べ呼吸だけで生きているブレサリアンなる人もいるみたいですが、そんな生活は...

 
チキンラーメンかサッポロ一番かアウトドアに適してるのは?
チキンラーメンかサッポロ一番かアウトドアに適してるのは?

山林での食事はインスタント麺が主となっております。以前はご飯を炊いたりしていました。ご飯を炊くための飯盒や土鍋もあります。し...

 
【コロニャ対策】本当のネコまんま「チャオちゅ~る」を食べてみた
【コロニャ対策】本当のネコまんま「チャオちゅ~る」を食べてみた

小屋のテラスで酒を飲み、葉巻を吸う。これが小屋の楽しみです。周りには人がいない。人の声もしない。鳥のや虫たちの声と、顔の周り...

 

Profile

Author:山林生活

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2020 山林生活 All Rights Reserved.