山林生活

【自給自足】自家栽培したサトイモの収穫

【自給自足】自家栽培したサトイモの収穫

[更新日]
[著作者]

先日山林に行った際、当方が丹精込めて作ったサトイモがなくなってました。植えてから半年くらいでしょうか。手塩にそして愛情をかけて育てたのに全て消えて亡くなりました。どうやら親が収穫したとのこと。すでに山林にはサトイモはなく。実家に保管されているということなので見てきました。

サトイモは何個くらい植えたでしょうか。たしか20個ほどだったと思います。
植えたのは五月の半ば。植える時期が少し遅かったのですが、意外にもしっかりと育っていました。
他の枝豆とか大根とかしょぼかったですからねー。たしかトマトも植えたと思いますが、どこに植えたのかもわからず、芽を見ることなく消えてなくなりました。大葉とかも虫に食われ、見るも無残な姿に。

そんな中サトイモはすくすくと育っていました。

それもこれも当方が愛情込めて育てたおかげだと思います。それと千葉という環境がよかったのかもしれません。千葉県はサトイモの生産量が日本一のようです。つまり、栽培に適した気候というわけですね。芋はそこまで手がかからなく比較的育てやすい。当方にとっては好都合の作物なのかもしれません。

しかししっかり育っていたといっても見えているのは葉の部分だけ。芋は根っこの方が重要で、そちらが育たなければ意味がありません。ただ育っているかどうかを確認する術はなく、収穫を待つしかなかったわけです。本来であれば収穫をして来季の五穀豊穣を願い、飲めや歌えやの乱痴気騒ぎをする予定でしたが、それができなかったのが残念です。でも収穫されたということは食べることができるってわけですね。

これが親芋ですね。当方が植えたやつです。
こいつらがどんどん子芋を作り、子々孫々と続いていくわけです。
サトイモの親芋も食べられるみたいなんで回収したそうです。大体20個くらいでしょうかね。親芋ひとつにつき10~15個の子芋が取れるとすると200~300個はとれる計算になるわけですね。
300個っていうとかなりの量ですね。20個の親芋でこの量ですからね。子芋だから小さいんだと思うのですが、かなりの量になるのでしょう。消費するのが大変そうです。

芋は連作できないみたいですが、畑自体の土は入れ替えるのでまた植えてもよいかもしれません。今季はなんとなく空きスペースに植えただけですが、来季は計画的に植えれば1000個、2000個といった具合にサトイモを取ることも可能なのでしょう。そうすればこれで商売もできそうな予感がしてきました。なんせ完全無農薬ですから欲しがる人も多いと思います。

山林で育てた無農薬サトイモ。

いいじゃないでしょうか。

自然豊かな山林で育てた無農薬サトイモ。

いいじゃないでしょうか。

山林界の巨匠が自然豊かな愛情込めて育てた無農薬で栄養たっぷりの健康サトイモ。

いいんじゃないでしょうか。

ただ次はサトイモではなくサツマイモを育てたいと思ってるんですよね。サトイモって皮剥くの面倒じゃないですか。
ゴツゴツしてて剥きづらいし。サツマイモだったらその辺気にしなくていいですからね。
さて、本丸の子芋はどこにあるのでしょう。

このゴミ袋に入ったサトイモは食べられないやつなのかな?小さすぎると皮むけないですからね。
小さすぎてきぬかつぎとしても食べられそうにないですね。自然の中で育てているわけですのでこういう食べられないサイズの作物が育つのも仕方ないです。この食べられないサイズがいるから食べられるサイズのものが育つとも考えられます。人間社会と一緒ですね。踏み台になるサトイモがいるということです。

さて、収穫されたサトイモはどこにあるのでしょうか?

なんとなく察しがついているかと思いますが、コレです。

これが子芋らしいです。ゴミかと思ったらゴミじゃなかったみたいです。

ゴミだけど、ゴミじゃなかった!

収穫量は10個程度。全然収穫できていません。
予定では200~300だったのに。ネットで調べたら収穫の目安は種芋一つ中10~15の子芋って書いてあったのに。

20個育てたのにそこから生まれたのはたったの10個。

核家族かオマエは!

少子化の波がサトイモにも来ているようです。
こんなんじゃ商売どころか夕飯のおかずにすらなりません。
肥料は蒔いた(途中からやらなくなった)。水も上げた(途中からやらなくなった)。しかしなぜ育たない。種芋のクセに種なしなのか?

理由が全くわかりません。

当方の力不足、知識不足、資金不足、そしてやる気不足。いろいろと不足していたところは否めません。
でも、土に植えておけば育つのが作物でしょ?このサトイモたちは子孫を残したいと思わないのかい?

悪いのは当方ではありません。悪いのはサトイモです。だって中国産だったし、値引きされてたし。売れ残ってたし。本当に残念なサトイモでした。

まぁそもそもサトイモっておいしいとは思いますが無くても別に困りません。なんとなく育つかなーって気分で植えただけです。

これは失敗ではない。もう一度言いますが「これは失敗ではない」。

来年が楽しみですねー。来年はサツマイモ植えたいです。山林界の異端児が育てた無農薬さつまいも。いいんじゃないでしょうか。

関連記事

平成最後の山林開拓【大地を平らにする計画終了のお知らせ】
平成最後の山林開拓【大地を平らにする計画終了のお知らせ】

初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。 当方が所有する山林に生えている梅の...

 
山林だとしても小屋があると宅地扱いで税金が課せられる
山林だとしても小屋があると宅地扱いで税金が課せられる

4月に入り税務課より山林の固定資産税の手紙が届きました。 昨年末、税務課より手紙が届きました。そこには「お前にも税金を課し...

 
【小屋暮らし】コンポストトイレ、果たして必要なのかどうか?
【小屋暮らし】コンポストトイレ、果たして必要なのかどうか?

山林を購入する前はトイレのことでずっと悩んでいました。 山林を買ったらまず初めにトイレを作る。 コンポスト式にして乾...

 
土地を買って小屋暮らしという選択は正しいのか
土地を買って小屋暮らしという選択は正しいのか

人は生きていく上で衣食住が不可欠。しかしそれを満たすためにはお金が必要。 できる限り出費をおさえた生活を考えた時、一番削れ...

 
山林生活におけるラジオの重要性
山林生活におけるラジオの重要性

娯楽がない。もちろん山林なのでそんなのは当然です。あるのは木と土。そして獣と蜂くらいです。 どろんこ遊びも毎日は飽きち...

 

Profile

Author:

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らし、土地持ちホームレスを目指し開拓中⇒プロフィール

お気に入りRSS