山林生活

山林における食生活

山林における食生活

[更新日]

山林生活といっても車中泊を山の中でしているだけの状態です。
車中泊と違うところは火を使って調理が出来ること。買い物ができないことでしょうか。
一応冷蔵庫はあるもののペルチェ式の小さなもの。そのため食べるものも限られてしまいます。

基本は米と麺です。これらは常温保存が出来るので主食となります。

これに副菜が何品かつくのが理想ですが、山林生活だとそれが難しいです。

米+ふりかけ=ふりかけごはん
米+納豆=納豆かけごはん
米+生卵=卵かけごはん
米+干しシイタケ=キノコごはん
米+乾燥わかめ=ワカメごはん
麺+生卵=卵ラーメン
麺+生卵+乾燥わかめ=わかめ卵ラーメン
米+カレー=カレーライス

先日缶詰のカレーを食べた衝撃が忘れられません。

基本穀物と乾物で生活をしています。
野菜はたまに畑から取ってきては味噌汁(インスタント)の具に足したり、ラーメン(インスタント)の中に入れたりはしているものの明らかに足りません。

ビタミンはビタミン剤で。

家畜のような食生活をしております。
ただ、この食生活をしていると意外にも体調がよいのです。
どうしても俗世に戻ると肉がメインとなってしまいます。

鶏肉豚肉牛肉に羊肉馬肉...。肉と名乗るものは何でも食べます。メインが肉。サブが米。なんだったら米も食べません。

若いころはカルビに白いご飯が至極でしたが、年を取ると量を食べれない。そして油物が受け付けなくなります。
脂身は好きです。しかし体が拒否反応を示し、食べられなくなってしまうのです。

カルビよりもロース。
ごはんではなくお酒。

身体が受け付けなくなったとはいえ、やっぱり肉好きであるから俗世では肉料理を堪能してしまいます。
しかしここは山の中。肉はその辺で走り回っておりますが捕獲するすべもなく、仮に捕獲が出来たとしても捌く技術もありません。
結果肉料理はできません。そのため肉なし生活が続いているわけなんですが...。

体調がすこぶる良いんです。

肉を食べるとやっぱり消化に体力を使います。また油物は胃がもたれます。内臓への負担が大きいです。
負担があれば体力も奪われます。結果的に常に疲れている状態になります。
でも肉を食べないと内臓への負担も少なくなります。恐らく最近調子がよいのは肉食をしていないからなのでしょう。

当方、ベジタリアンでもビーガンでもなく、またそれを目指すつもりも毛頭ございません。
なんだったら肉だけでもいいです。

肉タリアンです。

山林での唯一の肉はカルパス(ドライサラミ)と魚肉ソーセージです。
一応焼き鳥の缶詰も買ってきておりますが、使える肉はその程度です。

体調は良いとはいうものの、肉に対するあこがれは強まるばかり。
その結果、俗世に戻ると...。

肉食べちゃいますよねー。しかも脂たっぷりのホルモンです。
仕事の関係で昨日下山し、街に戻りました。ビールにホルモン。最高です。
結果、体調が悪くなったのは言うまでもありません...。

関連記事

山林で作物を育ててみる
山林で作物を育ててみる

人は生きていくうえで食物を口にする。世の中には霧を食べ呼吸だけで生きているブレサリアンなる人もいるみたいですが、そんな生活は...

 
ジャパニーズラープと黒糖焼酎「里の曙」で作る黒糖モヒート
ジャパニーズラープと黒糖焼酎「里の曙」で作る黒糖モヒート

暖かくなってきました。暖かいとラオスの食事を思い出します。 ラオスで食べたもので印象的だったのがラープでした。ほぼ毎日のよ...

 
【アウトドア飯】七輪で作るワイルドステーキ丼
【アウトドア飯】七輪で作るワイルドステーキ丼

山林で食べる食事といえば缶詰です。最近ではカレーの缶詰を主に食しています。それとパスタと袋めん。どれもインスタントなんです。...

 
その辺に生えている実を食べてみた
その辺に生えている実を食べてみた

山林生活といいったら、 ・自分で作物を育て自給自足をする。 ・薪を割りそれを燃料にして調理をする。 まぁこんな...

 
カラスノエンドウで炊き込みご飯を作る
カラスノエンドウで炊き込みご飯を作る

先日、その辺の雑草でサラダを作りました。 葉っぱ=サラダ という安直な考えですが、揚げ物料理ができるわけでもない...

 

Profile

Author:山林生活

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2020 山林生活 All Rights Reserved.