山林生活

ペットボトルを使って魚を捕まえてみる

ペットボトルを使って魚を捕まえてみる

[更新日]
[著作者]

先日役所に確認したところ、ペットボトル漁法はやり方次第で問題ないといった感じでした。
そのため試そうと思います。

二リットルの空ペットボトルの上の部分だけ切ってそれをひっくり返しただけです。
蓋の入り口サイズのものしか入らないわけですが、まぁ試しで作ったものです。
別にこれで生計を立てるわけでもなく、ずっと続けるつもりもありません。

ただ単に魚が取れるかどうかを試したいという好奇心によるものです。

エサはその辺にいた虫を入れました。また乾燥シジミがあったのでそれも入れます。
匂いで誘引しなければならないためシジミを入れました。
食べるかどうかもわからず、この匂いに引き寄せられるのかもわかりません。

先日雨が降ったためか水量が以前よりも増えております。
とりあえず深そうで流れの緩いところに設置してみました。

二日間放置してどれくらい罠にひっかるか試してみましょう。

えーっと。二日放置した結果ですが。

なにもありませんでした。死んだ虫と水を吸って大きくなったシジミがあるだけです。
まぁなんとなくこうなるんじゃないかなーと予想できていました。

そもそも大量に魚がいるわけでもなく川自体浅いです。そんなところでワナ仕掛けても引っかからないでしょう。
獣のいない歌舞伎町で箱ワナしかけるようなもんです。引っかかるのは獣とかしたホストかそのホストに仕留められた風俗嬢でしょう。獲物はもっと深い場所にしかいないのです。こんな浅瀬じゃ何も取れません。
いないのでは捕獲できないし、いてもこんなのじゃ引っかからないのだと思います。もっとちゃんとしたワナを作り、エサもその辺の虫や「これで大丈夫なんじゃね?」って気分でいれた乾燥シジミではダメなようです。

そもそもこんなワナって意味があるのでしょうか?
ペットボトルは罠にするのではなくリサイクルに出すのが世の中のためなんだと思うのです。
捕獲出来たらとりあえず食べてみようかなーって思っていたのですが、残念ですがこれはなくなりました。
もう少しこれについて知識が集まれば再度挑戦しますが、当分はないと思っていてください。

シジミ、食べればよかった~。

関連記事

【アウトドア飯】冷たくても美味い「いなば食品」のカレー缶詰
【アウトドア飯】冷たくても美味い「いなば食品」のカレー缶詰

先日ネコのおやつと呼ばれているチャオちゅーるを食べてみました。ネコの餌は塩気が薄いということでしたがしっかりとした味付けで、...

 
これぞアウトドアの神髄。リアル山林ごはん
これぞアウトドアの神髄。リアル山林ごはん

やっぱりアウトドアといったらカレーですよねー。 以前100円ショップで買ったカレーの缶詰が美味しくありませんで...

 
【アウトドア飯】スキレットですき焼きを作ってみた
【アウトドア飯】スキレットですき焼きを作ってみた

山林での食事は米炊いて卵かけたり、キノコと一緒に炊き込みご飯にしたり。あとはインスタントラーメンやパスタです。とくにパスタが...

 
その辺に生えた雑草を食べるのがナチュラリストなのだと思う
その辺に生えた雑草を食べるのがナチュラリストなのだと思う

草だらけの山林です。手入れをしないと雑草がどんどん生えてくるんです。山奥であれば木々が日を遮るので雑草は生えづらいで...

 
【アウトドア】一切作らないカレーの作り方
【アウトドア】一切作らないカレーの作り方

私の出身は神奈川です。多摩川沿いのため子供のころはキャンプなんかもしていました。 また中学生に入り行動範囲も広がり、夏に子...

 

Profile

Author:

山林生活

山林生活を目指す。
でも都市型生活、旅行を中心にブログを書いてます。⇒プロフィール

お気に入りRSS