山林生活

酒と尿-山林のトイレを考える-

酒と尿-山林のトイレを考える-

[更新日]

バーボンを片手に広大な山林を開拓する...。

嘘つきました。バーボンではなくテネシーウィスキーです。
嘘つきました。山林の規模は小さいです。

焼酎もいいけどウィスキーもいいですね。当方ウィスキー好きです。
焼酎も好き、ウィスキーも好き、ビールも...。結局のところなんでもいいっぽいです。
酔ってなくても大してわからないのに酔っぱらえば酒の味なんてわかりません。
そのため何でもいいんですが、それでもやっぱりおいしいと思う酒が良いじゃないですが。

おいしい酒 ×
おいしいと思う酒 ○

ウィスキーは基本的に40度くらいあります。ジャックダニエルも40度。
焼酎と比べるとアルコール度数は高めです。

基本はストレートで飲みます。ショットグラスがないので紙コップ。
風情はありません。
男らしくラッパ飲みっていう方法もあるんですが、飲みすぎるのはいろいろとよくないのでほどほどにします。

そういえば、少し汚い話になりますが、先日埋まりました。
食事をしながら当サイトを見ている方もいらっしゃるので直接的な表現は避けますが、

当方の分身が母なる大地へと放出され、満タンとなりました。

意外に早いもんですよね。ただそれだけで満タンになったわけではありません。
出した後は猫のように土をかけます。そのためその分も含まれます。
また少し浅めに掘ったためそこまでの量が溜められない造りでしたね。

すでに二号機を作成しました。前回よりも少し深め。

これで「多い日も安心」です。

さらに汚い話を続けます。
トイレの臭い問題に関してです。
当方、今後はコンポストトイレを作成しようと思っています。
菌などの自然の力を借りて糞を処理する。
そしてそれを肥料にするってわけなんですが、臭いの問題が出るみたいなんですよね。
その臭いのもとは尿のようなんです。尿が発酵しアンモニアが発生。それが刺激臭のもととなります。
それなのであれば大と小を別々に分ければ解決です。

まぁそれで解決なわけなんですが...。

当方、どうやら別々にできないようです。

尿だけは単独で出来るんです。しかし大をしようとすると小も一緒に出るんですよね。
今回別々に分けようとしていたのですが、どうも踏ん張ると小が出ちゃうんです。
先に小をしてから大をすれば大丈夫なんでしょうか。今度それを試してみます。

同時出しは日本人の特権なんていう記事を見たことがあります。
外国の方はおしっこと便を一緒に出すことができないんだとか。
日本人でも同時に出すことができない人もいるみたいですね。

オレにはそれができる!出来る漢は違う!!

まさかこんなことで悩まされるとは思いませんでした。
しかしこんなことで悩んでいても仕方ありません。同時に出るのであればそれの対処法を考えるしかありません。
まぁ何とかなるでしょう。悩むよりも酒飲んで忘れすしかないですね。酔いつぶれるまで飲むしかありません。

Pocket
LINEで送る

関連記事

         
ザ・バルヴェニー 12年 トリプルカスクを飲んでみて
ザ・バルヴェニー 12年 トリプルカスクを飲んでみて

高いものは良いものだ。 この考えは当方の基本原理となっています。お金を払えば程度の良いものが手に入る(手に入る可能性が...

 
井戸モーターの目隠しを作成してみる。
井戸モーターの目隠しを作成してみる。

当方の所有する山林に先日井戸を掘りました。 井戸水のくみ上げはモーターです。手押し式のものと悩みましたがやはり楽して水が欲...

 
瓶と紙パック、ペットボトルで味が違う?パックの焼酎はどんな味?
瓶と紙パック、ペットボトルで味が違う?パックの焼酎はどんな味?

山深い山林には当然人はいません。当方の山林に来るのは村の猟師と少し離れたところに住む農家の人くらい。その人たちも毎日来るわけ...

 
泥遊びは楽しい。一からレンガを作ってみる
泥遊びは楽しい。一からレンガを作ってみる

井戸掘りをしたあとの残土があります。 残土に関しては井戸掘り業者に処理してもらうこともできたのですが、その場合処理費用がか...

 
【畑改修工事】盛土に切土を繰り返し、傾斜地の平たん化を目指す。
【畑改修工事】盛土に切土を繰り返し、傾斜地の平たん化を目指す。

山林の朝は早いです。 6時には作業を開始しています。 車内温度が高くなるので起きてしまうんです。 冬場でもやっぱり...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2019 山林生活 All Rights Reserved.