山林生活

‐【コンビニ酒】ジムビームのブラックコーヒー割‐

【コンビニ酒】ジムビームのブラックコーヒー割

[更新日]

コンビニに立ち寄り、今日はどの酒を飲もうかと悩む日々。お酒を飲まなければ身体が壊れることもないし、次の日二日酔いで悩むことも無い。若いころはどれだけ飲んでも何の問題もありませんでしたがある程度の年齢になると、酒は悪であるというのがひしひしと身に沁みます。かといって酒をやめることもなく、体は朽ちてくわけです。

酒で人生を壊す人は多くいるようです。とある人は「裸になって何が悪い」と公園で叫び、人生を狂わせていました。所詮は薬物と変わりありません。そんなものが気軽にコンビニで買えるような環境なんです。

当方が悪いのではなく、社会が悪いのです。

こんなことを酒を飲みながら常々思っているわけです。

コンビニ酒。コンビニで買える手ごろなお酒だからこのように呼んでいます。しかしチューハイとかにはあまり興味がわかないんです。缶に入っているお酒はビールと日本酒のふなぐちくらいでしょうか。あとは冷えていない紙パックや瓶に入ったお酒ばかり。焼酎やウィスキーといった感じです。

なぜにチューハイってそこまで好きになれないんでしょう。お店ではレモンサワーとかウーロンハイとか飲むこともあるんですが、缶で買って飲みたいと思いません。

恐らく缶で売っているチューハイは、飲料メーカーが色々と研究して作ったのでしょう。だからこそ美味しいのだと思います。ただ当方はそれを受け付けないんです。甘いお酒は好きなのですが、果汁たっぷりの缶チューハイを手に取ろうとは思えません。そのためこの寒い時期は別に設けられたお酒コーナーに向かってしまいます。

お酒コーナーに置いてあるのは日本酒、ウィスキー、焼酎。そしてジンなどの蒸留酒。それとワインです。

この中から本日飲む酒を選ぶわけです。
選択肢はそこまで多くありません。昔であればとりあえず飲んでみてダメなら違うやつを飲めばいいといった感じだったわけですが、酒量が減っている今、むしろ酒選びは慎重になるわけです。
酒屋に行っても同じで、酒選びだけはかなり時間をかけてしまいます。たかがアルコール飲料。されどアルコール飲料。洋服を選ぶかのように、その時の気分にあったもの、またそれを飲んだ時の自身をイメージしながら酒選びをするわけです。

本日手に取ったのはバーボンのジムビーム。

当方は基本的にバーボンを好んで飲みません。
焼酎をジャパニーズバーボンと呼ぶのであれば、バーボンは米国焼酎。モルトやブレンデッドとはちょっと違います。アメリカのウィスキーだとジャックダニエルズ(テネシーウィスキー)を飲むくらいで、バーボンは好んで最近は飲まなくなってしまいました。

以前、当方が飲んでいたのは、高級路線だとブッカーズかI.Wハーパー12年。一番飲んでいたのはオールドクロウでした。オールドクロウはコンビニで取り扱っているのを見たことはありませんが、ハーパーであればゴールドメダルはコンビニで見ます。またメーカズマークも最近売り出しています。たしかオールドクロウはジムビームと製造元が一緒だったと思います。どちらもサントリー。そういえばカナディアンクラブもサントリー。メーカーズマークもサントリー。

もう、当方はサントリー無しでは生きていけませんね。

以前、アメリカに住んでいた人から聞いたことがあるのですが、ジムビームとかその辺のバーボンは、日本でいう大五郎的な扱いなんだとか。BARとかに置いてあることは少なく、大衆向けの安酒に分類されるもののようです。

まさに当方が飲むべき、出会うべき酒ということですね。

味とか香りとか、そんなのどうでもよいんです。
このジムビームの最大の魅力を当方はお伝えしたく、今回書くことにしました。

今回購入したジムビームスキットルボトルの一番の魅力。それは容器です。

ウィスキーは生ものです。
酒の天敵は紫外線。そのため劣化をするわけです。劣化をしないように瓶は遮光性の高いものを使用します。そのため緑色や茶色の瓶が主流でした。でも最近では保存庫や保存場所などがしっかりとしているため透明な瓶でも流通するようになりました。ただ高級感を出すためなのか、ウィスキーは瓶を使っています。

瓶だと重いし処分に困ります。

しかしこのジムビーム。まさかのプラスチック容器です。焼酎のペットボトルはありますが、ウィスキーは一部のものを除き、大体が瓶です。瓶で高級感を出すということをせず、味で勝負をしようとしているというのは何とも素晴らしいではないでしょうか。輸送コストも容器のコストも抑える。企業努力の賜物です。

味で勝負に出たのか、また勝負の勝敗などは一切知りませんが、このプラスチック容器、すばらしいです。
瓶だと重いため持ち運ぶのが難点。とくに登山やアウトドアなど大きな荷物を抱えて移動する人にとってはこの数グラムの重さの違いは重要です。それも考慮したのかはわかりませんが、もしそうなのであれば素晴らしいことです。

ジムビームの味に関してですが、バーボンです。それ以上でもそれ以下でもありません、バーボンです。

バーボンはストレートで飲む、ソーダで割って飲むなど色々な飲み方があります。本日はウィルキンソン炭酸で割って飲みます。でも当方が一番好きな飲み方は、アイスのブラックコーヒーをバーボンで割る飲み方です。この時期はホットコーヒーで割ってもよいのかもしれません。

バーボンコーヒーと聞いて、あまりおいしそうな感じはしないかと思いますが、これが意外にも美味しいんです。カフェインたっぷりアルコールたっぷり。まさに薬物のオンパレードといったところです。重要なのは甘くないコーヒーであること。多分甘いやつでもおいしいのだと思いますが、それではバーボンの荒々しさがなくなってしまいます。ここはブラックコーヒーが一番良いです。

コンビニだとタリーズブラックで割ってよく飲んでいました。なんだったらタリーズの容器に直接バーボンを入れて飲むというのもいいのではないでしょうか。

そんなことより、ジムビームはやっぱり容器が素晴らしい。ここであえてプラ容器ですからね。プラストローを廃止にする飲食店が増えている中、プラで攻める感じ、大好きです。味とか香りとかではなくポケットボトル容器、これが重要なんです。

本日はドライフルーツを酒の肴に。
ジムビーム。味ではなくこのポケットボトル容器に着眼点を置く。素晴らしい。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
カナディアンクラブを飲むための炭酸水自作を考察
カナディアンクラブを飲むための炭酸水自作を考察

ウィスキーが高くて手が出ない。というより日本のシングルモルトはもう販売してないんじゃないか?っていうくらい店に置いてありませ...

 
山林で酒盛りをはじめてみる
山林で酒盛りをはじめてみる

猿です。 この季節は人里近くまで降りてくるようです。 かなりの数当方の所有している山林にも表れます。 当方...

 
【自家醸造】日本酒を國酒と呼ぶためには法改正が必要
【自家醸造】日本酒を國酒と呼ぶためには法改正が必要

「ENJOY JAPANESE KOKUSHU(國酒を楽しもう)」プロジェクト 五年ほど前に国家戦略局が提言したもので...

 
【コンビニ酒】地元酒「燦爛 吟醸酒」を呑む【益子町】
【コンビニ酒】地元酒「燦爛 吟醸酒」を呑む【益子町】

代わり映えのしないコンビニの棚。酒はいつも同じ。 そのためいつも似たようなものを購入しがちです。しかしコンビニによっては少...

 
ウィスキーの値段が高騰している問題について
ウィスキーの値段が高騰している問題について

当方酒飲みです。 いわゆる「飲む」「打つ」「買う」を地で行く社会不適合者なのですが、最近のお酒の値段について「高いなー」と...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.