山林生活

【ミニマリスト】キャッシュカードすら持たないウォレットレスな生活

【ミニマリスト】キャッシュカードすら持たないウォレットレスな生活

[更新日]
[著作者]

高いものはいいものだ。

この考え方は私の基本原則となっております。値段が高いということは相応の素材を使っている、技術がある、そして名が売れている。私は物の扱いが雑です。そのため丈夫なものを買わないとすぐに壊れてしまうのです。Amazonでチャイナ系の商品を買ってもすぐに壊れてしまうんです。これは売っている商品が脆い、中国製品は粗悪というだけではありません。

私のものの扱いが雑なだけ。

そんなわけなので少しでもよいもの。少しでも丈夫なものを選ぶわけです。そうなると一番良い選択肢はブランド品になります。

こちらは私が使用している財布です。ルイヴィトン。
田舎モンがブランド品としてイメージするのがルイヴィトンの財布。まさに私は絵に描いたような田舎者です。でも丈夫に作られているため結構長く使ってきました。

ウチのばーちゃんからは「財布は毎年替えなさい。同じ財布だとお金が飽きてしまうから」と言われていましたが、毎年替えていたら財布に入れるお金が無くなっちゃいます。そんなわけで同じ財布をずっと使ってきたわけです。しかし長期に使ってきたのでだいぶボロボロになってきました。

なおして使い続けるか、はたまた財布を新調するか。
ここで私は一つの疑問にぶつかりました。

今の時代、財布って必要?

キャッシュレス化がどんどん進んでいます。実際に都心にいるときはカードか電子決済ばかり。現金を出すのは個人商店くらい。それであれば財布いらないんじゃないか?という疑問が生まれました。

財布が必要なくなれば身軽になる。まさに断捨離、ミニマリストの高みを目指せるわけです。

では財布の呪縛から解放されるため、持ち歩かないようにしましょう。とはなりません。やはり持ち歩かなければならないものがあります。

現在私の財布の中身は以下です。

■現金(お札)
■クレジットカード2枚
■クレジット機能付きSUICA
■免許証
■住基カード
■健康保険証
■銀行のキャッシュカード
■クオカード
■診察券
■ヨドバシカメラのカード
■ニッポンレンタカーのカード
■自宅カードキー

まずこの中で持ち運ぶ必要のないもの。
それはクオカードでしょう。必要な時が来るだろうということで持ち歩いていましたが持っていることすら忘れていました。そして診察券も行くときに持っていけばよいだけですので自宅に置いておきましょう。

ヨドバシカメラのポイントカードはアプリに切り替えました。アプリが不具合でポイントが貯められないこともあるようですがそんな頻繁に行くわけでもないです。とくに最近はネット通販が増えていますからね。このカードもいらないでしょう。
ニッポンレンタカーのカード。これもレンタカー借りる時に使うだけなんでその時に持ち運べばいいでしょう。アプリがあればいいんですが、調べたところニッポンレンタカーのアプリはあるんですが、カードの機能は含まれていないようです。そもそもこのカードがなくても口頭で番号を言えばいいだけなんで最悪カードがなくても借りれるんですけどね。カードがないとポイントが貯まらないくらいでしょうか。

そして住基カード。これも不要です。もともと住基カードを所有していたのは職務質問が多かったからです。私は以前より頻繁に職務質問を受けます。今年はまだ5回。このペースであれば10回以下に抑えられそうです。酷い時は一日に2回職質されたり、同じ警察官に職質されたりと散々でした。
この職務質問であるのが身分確認です。身分確認の際に運転免許証を出すと、警察は免許証情報の照会をします。照会が終わるまで待たなければならないわけです。それをこれまで何度も繰り返しやってきました。
身分の確認できる書類を提出できればよい。それであれば免許証じゃなくてもよいのではないか?このように散々な想いをしてきたためこの回答に行きつきました。その結果写真付きの住基カードを所持し、職務質問があればそれを提示する形を取っております。警察からは「免許証ないのぉ?」って言われますが、これも身分証ですと伝えれば何も言ってきません。照会できないため見て終わります。
でもそのためだけに持ち歩くというのも無駄ですし、住基カード自体もそろそろ有効期限が切れます。住基カードはマイナンバーが出来たため廃止されました。そのため更新はできません。もうこれからは免許証で職務質問に挑む形とします。

■現金(お札)
■クレジットカード2枚
■クレジット機能付きSUICA
■免許証
■健康保険証
■銀行のキャッシュカード
■自宅カードキー

だいぶ削れました。
あと削れるのは健康保険証でしょう。出先で大病、事故にあった時に必要だと思い財布に入れていましたが、まぁそのようなことはほぼ起きません。そもそも健康保険証を持っていなかった場合、持っていない旨を伝えれば後日持参するだけでいいわけです。そのため普段から持ち歩く必要もないのでしょう。そのため保険証も不要ですね。

クレジットカードはSUICA機能付きのを合わせて3枚あります。

3枚も持ち運ぶ必要あるのか?
SUICA付きのカードに関して、現在SUICAはスマホで使えるようにしました。オートチャージなので残高が少なくなればチャージしてくれます。そのためSUICA付きのカードの出番がありません。残りの2枚のカード、ブランドはVISAとMaster。これがJCBとかダイナースとかであれば違いがあるのですがVISAが使えるところはMasterも使えるためこの2枚持ち歩く必要がないんですよね。

ということはクレジットカードって1枚だけ持っていればいいんじゃないでしょうか。

とくに日常で使うカードなんて1枚あれば足りるんだと思います。不測の事態を考慮し複数持ち歩いていますが、これまで不測の事態に陥ったことがありません。

■現金(お札)
■クレジットカード
■免許証
■銀行のキャッシュカード
■自宅カードキー

いい感じじゃないでしょうかね。免許証に関して、まぁ車を運転するわけでもないんで持ち歩く必要もない気もします。ただ身分証として日本で一番信用性の高いものです。何かと身分を証明しなければならないことが多いためこれは持ち運ぶしかないのでしょう。出来ればデータ化してくれるとありがたいんですけどね。

そうなると削るのは銀行のキャッシュカードです。

現金はちょっとだけ持ち歩くため不要な感じもします。仮に緊急で現金が必要となったとしてもクレジットカードでキャッシングができます。そのためこの中で削るのであればキャッシュカードなんでしょう。でもキャッシングはしたくない気持ちもあります。私はこれまでニコニコ現金払いだったわけです。出来ればお金は借りたくない人なんです。借りたくない理由は、借りたらたぶんそれが崩壊の始まりだと認識しているからです。

キャッシングATMはボタンを押すとお金の出る魔法の箱。

そのような解釈のもと、際限なく借りてしまい破滅するのでしょう。それがあるからキャッシングはしたくないのです。緊急時であれば仕方ないのですが、それが避けられるのであれば避けたい。避ける方法は無いだろうか?と模索していたところ見つけました。

キャッシュカードがなくてもATMから銀行のお金を引き落とせる方法を見つけました。

じぶん銀行という銀行です。こちらはAUとUFJ銀行が共同で作ったネット銀行です。この銀行であればセブンイレブンのATMでスマホがあれば引き出しができるんだとか。つまりカードを持ち歩かなくてよいわけです。私のメインバンクはみずほ銀行。みずほではそのようなシステムは採用しておらず、そもそもスマホで引き出しができるのはじぶん銀行と地方銀行の一社のみでした。じぶん銀行をメインで使うつもりはありませんが、多少お金を入れておけば万が一出先で必要となった時にスマホ一つで引き出せるってわけです。

■現金(お札)
■クレジットカード
■免許証
■自宅カードキー

カードキーが邪魔なんですが、これはどうすることもできないですよね。でもこれで持ち歩くカードは3枚に絞れました。現金は1万円持っておけば大丈夫でしょう。いっそのことクレジット機能付きの免許証とか出ればいいのにって思ってしまいます。

ここまで削れたのであれば今の財布は不要です。スマホ一台でどうにかできそうです。

関連記事

【サブバッグ】モンベルのポケッタブルライトパックにしてみた
【サブバッグ】モンベルのポケッタブルライトパックにしてみた

ホテル滞在時はメインのバッグはホテルに置いておき、小さなバッグで街に出かけたいわけです。 出先のカフェでタブレットを使...

 
楽天モバイルの月額0円プランが終了。povoに移行すべきか
楽天モバイルの月額0円プランが終了。povoに移行すべきか

日常生活で必要となるスマートフォン。 スマホは現在、電気ガス水道と同じようにライフラインとなっています。 先日Googl...

 
【ミニマリスト症候群】ごみはゴミ箱へ。卒業アルバムを処分する
【ミニマリスト症候群】ごみはゴミ箱へ。卒業アルバムを処分する

最近不要なものをどんどん捨てるようにしています。 モノを大切にするのは重要です。 しかしタンスの奥底にしまったまま全...

 
【男のロマン】ビジネスホテルで有意義に過ごすために
【男のロマン】ビジネスホテルで有意義に過ごすために

静岡の端まで来ております。本日は浜松です。 静岡県は横に長い。だから遠いんだよねー。とよく言いますし、私もそんな感じで...

 
VAPEを四カ月間吸い続けてみた感想
VAPEを四カ月間吸い続けてみた感想

タバコのことを記事に書くと比較的Google先生からおしかりがあります。 そのため書くのを躊躇っていたのですが、たばこ関連...

 

Profile

Author:

山林生活

山林生活を目指す。
でも都市型生活、旅行を中心にブログを書いてます。⇒プロフィール

お気に入りRSS