山林生活

【ネット問題】中国を抜けるためにどうすればよいのだろうか【金盾】

【ネット問題】中国を抜けるためにどうすればよいのだろうか【金盾】

[更新日]

天竺に行きたい。

できれば東京から新幹線に乗って大阪か福岡あたりまで行って、そこからフェリーで中国大連あたりへ。そして海沿いをぐるっと回って香港、マカオと経由してベトナムに向かう。

こんな感じで考えていたのですが、船で中国入りは結構めんどくさそう。そして大連あたりは寒い。北京もまた寒い。そんなわけなので上海あたりからスタートすることで考えております。上海までいくのも飛行機で。

そうだ、天竺に行ってありがたい経典をもらいに行こうじゃないか
そうだ、天竺に行ってありがたい経典をもらいに行こうじゃないか

これまでいくつかの国(基本的にアジア)を巡りました。 とはいっても飛行機で現地に行き、ホテルでのんびりして

所詮天竺に行きたいとか抜かしてるのも、なんか適当な理由をつけたいだけ。

もうなんだっていいんです。しかし中国は行ってみたいという気持ちが強くあります。本当であれば洛陽とか長安とか内陸の古都を見てみたい気持ちもあるのですが、そこに行くだけのレベルにまだ達していない当方は安全そうな海沿いを公共交通機関を使用して通り過ぎるだけです。

ただ中国を横断するとなると問題となるのがネット環境です。

当然現地からブログを更新したり、ツイッターを利用したりするわけです。また何の知識も無いので全てGoogle先生頼み。地図を見るのもGoogleマップ。宿を探すのもGoogle経由。こんな感じでおんぶに抱っことなるでしょう。

しかし中国ではGoogleが使えない。

検閲ってやつですね。ツイッターも当然使えません。そしてGoogleサービス全般が使えないのでmapも使えないのでしょう。YouTubeも使えないんだと思います。そしてエロも厳しい。恐らく当方が使用しているほとんどのサービスが使用できないというわけです。

当サイトの更新は果たしてできるのだろうか?そしてエロはどうにかできるのだろうか?

ここが一番の問題点です。
この旅の目的はアフィリエイト収益アップを目指すため。リアルタイムとはいかなくともある程度コンスタントにアップすることが望ましい。それが一切できないとなるのはしんどいです。また中国だけでなくベトナムもネット規制があるんだとか。

なんだかんだで色々と面倒ですね。

中国でもツイッターなどを利用するためVPN(バーチャル プライベート ネットワーク)を使うというのが一般的なようですが、中国政府もそれで抜け道を作られるのは望ましいと思っていないためVPN業者が摘発されているようです。そして規制を強化しています。それでもどうにかして世界につながろうとしている中国人。やはりその先に求めているのはエロなのでしょう。

そこにエロがあれば困難な壁だって乗り越えられるはずなんです。

こんな感じでVPNを通せば規制を受けずにネットを利用できるのですが、そのためには契約してお金を支払わなければなりません。
中国国内に長期滞在するのであればよいのですが、そこまで長く居る予定もありません。また当局と業者のイタチごっこの状態でVPNも不安定のようです。そのためVPN業者と契約をするのは現実的では無い。そうなるとそれ以外の方法を探さなければなりません。

当方は今年ラオスに行きました。その前はタイ、インドネシア。基本的にアジアしか行きません。ネットに関しては現地でSIMカードを購入、それを利用していました。毎回空港につけばその作業となります。その作業が少しめんどくさいと思っていた中、Amazonでよく目にする商品がありました。

SIM2Flyというものでアジア国内で利用できるSIMカード。
発行しているのはタイにある携帯会社AIS。当方もバンコクに行ったときはお世話になっております。
そこがSIMカードを出しています。中国、香港、マカオ、ベトナム、カンボジア、ラオス、タイ、ミャンマー、インド...。

当方が行こうとしているほとんどの地域を網羅しているわけです。無いのはバングラデシュだけのようです。
つまりこれ一枚買っておけばSIMカードを買う手間が省けるということです。
そして、ローミングしてタイを経由してネットに繋げるため中国の規制を抜けることができるようです。ツイッターも使用できるんだとか。

当然別を介して接続するため速度は遅くなるようですが、そもそも中国のネット回線でつなげないのであれば意味がありません。

このSIMカードがあれば基本的にアジアのどこに行っても大丈夫ということです。
そしてアジア以外も網羅しているSIMカードもあります。

世界70か国でデータ通信が使用できるSIMです。これ買っとけば海外は楽ですよね。
とくに国境を越えて別の国に行くとなるとその都度SIMカードを買って、アクティベートしたりと設定変更が必要です。その煩雑な作業をなくせるわけなんで便利です。そしてこのSIMカード、日本でも利用できるってんだからいいですよね。

日本で利用できるため、海外に行く前に設定を済ませておくことができます。
向こうについた段階ですぐにネットが使えるわけです。トップアップすれば期間の延長もできるので旅行中ずっと使えるわけです。

当然ローミングという形なので思うようにネットにつながらないなんてこともあります。
それでもこれがあれば中国でもブログ更新が出来そうですよね。

そもそも当方のサイトは中国国内で観ることができるのだろうか?

これに関しては現地に行って確かめたいですね。
ちなみにラオスでもバンコクでもインドネシアでも見ることができました。中国の規制がどんなもんなのか、少し楽しみです。

Pocket
LINEで送る

関連記事

         
【ラオスの最終日】ワッタイ空港までの行き方【ビエンチャン】
【ラオスの最終日】ワッタイ空港までの行き方【ビエンチャン】

ホテルのチェックアウトは12時。しかし飛行機が出るのは20時過ぎ。8時間ほど時間を潰さなければなりません。本来であればレイト...

 
安全に海外に行くためのワクチン接種をしてみた
安全に海外に行くためのワクチン接種をしてみた

海外旅行の際に毎回気になるのが感染症についてです。特に東南アジアは発展したといっても地方都市はまだ昔のママ。衛生面なども好ま...

 
【ラオス】せっかくビエンチャン来たんだからメコン川を見る。
【ラオス】せっかくビエンチャン来たんだからメコン川を見る。

ビエンチャン三日目です。 とくに何かするわけでもないのでゆっくりとしたスタートです。 普通の旅行であれば朝ご飯を食べて朝...

 
【バンコク】AISのSIMを追加購入してLTE電波を掴む
【バンコク】AISのSIMを追加購入してLTE電波を掴む

おとといは色々とホテルでネット作業。 [nlink url="https://real-hunter.com/blog...

 
【バンコク滞在記】とりあえずバンコクへ。何の目的もなく。
【バンコク滞在記】とりあえずバンコクへ。何の目的もなく。

バンコク入り果たしました。 三年ぶりのバンコク。前回と特に変化は感じられません。 だいぶ発展していましたからね。もう都市...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2019 山林生活 All Rights Reserved.