山林生活

箱根峠から歩いて三島スカイウォーク、三島宿へ

箱根峠から歩いて三島スカイウォーク、三島宿へ

[更新日]
[著作者]

富士山が見れるそうですが昨日以上に景色は悪く、朝方は霧で何も見えません。

本日はこれより静岡に入ります。
今はこんな天候ですがたぶん晴れて富士山も拝めるのでしょう。

食事つきのプランを選択しました。普段はバイキングなんだと思いますが、コロナの影響で注文形式となってます。
GoToトラベルキャンペーンで予約する場合、素泊まりプランよりも食事つきプランの方がお得です。素泊まりプランにして外で食事をする場合、食事は値引き対象になりません。食事付きプランであれば食事代が35%安くなります。でもそれは朝ちゃんと起きれればの話です。起きれなければ無駄になります。
今回の旅は早い時間に動きます。そのため食事つきプランが最適なのです。

気温は21℃。日も雲に隠れているためこれくらいだと動きやすいです。

これより下りだと思ったのですがまだ登ります。

徒歩ルートだとこういうところも通ります。

箱根峠に到着。昔はバイクでよく通りました。バイクだと小田原から30分の距離ですが、徒歩だと一日かかりました。これより下りとなります。

ルートは車用の国道一号線と徒歩用の旧東海道があります。
せっかくなので徒歩ルートを選んだのですが、昨年の台風被害で道が壊れているようで通行止めとなっていました。
迂回ルートは400mほど戻らなければならないようです。

もっと手前に通行止めの案内があれば無駄な動きをせずに済んだのに...。

このように通行止め区間があるため、現状は「旧東海道のみで京都に向かう旅」はできないようです。

そもそもここに来るまでも別の道を使ったりしていました。そのため東海道で京都に向かうのではなく「ただ京都に向かう旅」になっています。

下りは上りより楽ですが、徒歩ルートは石畳に苔が生えています。そのため滑りやすいです。

石畳が敷かれていない部分はぬかるんでいるところも。雨が続くと歩きづらくなりそうです。

そもそも履いてくる靴が間違いでした。

日本橋から箱根まで来る道中、同じように箱根を目指す同志を見かけました。ただそういう人たちはしっかりとした装備をして靴もランニングシューズやトレッキングシューズを履いていました。

まさかサンダルで京都目指す人なんていないのでしょう。
一応スポーツサンダルです。このサンダルで海外も問題なかったですし、そもそも昔の人は草履だったのでしょう。つまりサンダルだと昔の雰囲気を味わえるのではないでしょうか。

ある程度山を降りると人家も増えてきて、大きな駐車場が見えてきます。
こちらには三島スカイウォークという歩行者専用つり橋では日本最長の全長400mの大つり橋があります。せっかくなので見ていきましょう。

入場料は1100円。ここから富士山が見れるんだとか。東海道五十三次と富士山は切っても切れません。霊峰富士を拝むことで安心して旅ができるわけです。

雲が出てて見えませんでした。

案内スタッフの話によると、富士山が見れるのは10日間のうち1日くらいなんだそう。運が悪いわけではなく今回は外れだっただけのようです。

とくにこの時期は空気中の水分が多いためくっきり見れないんだとか。富士山を見るなら冬場がよいそうです。

散々歩いてきたのに1100円払って橋を歩いて渡ります。

平日ですが夏休み期間のため結構人が多いです。カップルできている人もいますが、とくに子連れ親子が多いですね。おじさん一人ではここに来ないのでしょう。

幸せな家庭を築いた、または築くであろう人たちが1100円払って幸せの架け橋を渡るわけです。おじさんひとりでは1100円払っても何も生れないのでしょう。つまり橋を渡る前にすべきことがあるのです。

ラブラブな人たちがいる中を颯爽と切り抜け、三島方面に向かいます。三島スカイウォークを抜けたら三島市街はすぐそこです。

こちら、三島大社です。せっかくなんでお参りしますがちょうど12時です。お腹が空いたので先に腹を満たしたいと思います。

三島大社前にウナギ屋さんがありました。三島といえばウナギです。そのためこちらで食したいと思います。

しかしたまたま休みでした。
周りにもほかの店がありますが、ウナギを食べるつもりだったので切り替えることはできません。

そのため同じところが経営されている別店舗に行きました。

ウナギにありつけました。この先浜松とかでもウナギが食べられますが、浜松だったらウナギ以外にも名物があります。三島はウナギのイメージしかなかったのでこちらを選択しました。

お腹いっぱいとなったので三島大社にお参りしていきました。

この旅が問題なく達成できること。
新型コロナウイルスが終息すること。
株価が上がって儲けがでる、上がらなくてもなんらかの形で大金が舞い込んでくること。

これらを神様に願います。

この後も神社が多くあります。そのため御朱印帳を持ってきました。三島大社では感染予防対策のため御朱印帳に直接書くのではなく、御朱印の書かれた紙を貰う形にしているようです。この形も新しくていいですね。コロナが落ち着けば元に戻ってしまいます。この形でもらえるのは今だけです。

これより自転車を借りて沼津に向かいます。本日の宿泊先は沼津です。

ユーチューブ、はじめました
ユーチューブ、はじめました

山林生活チャンネルを開設しました。国内・海外旅行、車中泊や山林開拓などなど、様々なジャンルで動画をアップします

関連記事

【吉田宿】形を変え現存する豊橋の遊廓跡「小池遊廓」の今
【吉田宿】形を変え現存する豊橋の遊廓跡「小池遊廓」の今

シェアサイクルを藤枝で借りて16時前に吉田宿に到着しました。 これよりホテル探しとなります。豊橋駅前であれば何...

 
【東海道の難所】徒歩で関所・元箱根宿へ
【東海道の難所】徒歩で関所・元箱根宿へ

本日の目的地は元箱根。そこが箱根宿と呼ばれるところなんだそう。あと6kmちょっとらしいです。そしてこちらは近...

 
吉田宿から池鯉鮒宿へ。チャリと徒歩のハイブリッド旅
吉田宿から池鯉鮒宿へ。チャリと徒歩のハイブリッド旅

本日も良い天気です。ずっと晴れています。これより自転車で岡崎を目指したいと思います。自転車で30kmです。朝...

 
【川崎宿】コロナで消える川崎の繁華街
【川崎宿】コロナで消える川崎の繁華街

大森・蒲田と抜け川崎に向かいます。個人的にはこのあたりの街が好きなんです。同じ匂いのする人がいる街という感じ...

 
【神奈川宿】鶴見から国道駅前を通り横浜まで東海道で行く
【神奈川宿】鶴見から国道駅前を通り横浜まで東海道で行く

東海道五十三次の53とは宿場町を指します。日本橋と京を足すと55の宿場町があります。宿場町は等間隔にある...

 

Profile

Author:

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らし、土地持ちホームレスを目指し開拓中⇒プロフィール

お気に入りRSS