山林生活

【聖地巡礼】ラブライブの聖地、沼津宿は静岡の小京都

【聖地巡礼】ラブライブの聖地、沼津宿は静岡の小京都

[更新日]
[著作者]

三島大社の目の前のところにサイクルポートがありました。やっと徒歩移動から解放されます。ここまで34km歩いてきました。やはり徒歩と自転車では進む速度が全然違います。こちらで自転車を借りていきます。

これまで借りていた自転車とは少しサイズが違います。利用しているアプリはハローサイクリングというところが運営していますが、自転車の貸し出し事業をしているのは静岡の会社のようです。このように地域によって運営会社が違うため貸し出す自転車の形状も異なり、金額も異なります。
都内では15分70円、12時間1000円でしたが三島では15分100円、12時間1500円ということで若干高い設定となっているようです。でもそこまで高いわけでもなく徒歩よりも自転車の方が早く進めます。

三島から沼津までは6km、30分ほどでつきます。平坦な道なのでバッテリーもそこまで気にせず借りれます。6km走って返却。そして一泊して翌朝借りるという感じです。

今回のホテルにもサイクルポートがありました。こちらで返して明日再度借りる感じです。
ちょうどよい時間のためチェックインを済ませます。GoToトラベルキャンペーン対応ホテルではチェックイン時に検温と身分確認が必要のようです。検温に関しては発熱がないかを調べるため、身分確認は東京在住ではないか、外国在住ではないかを確認するためのもののようです。

普通のビジネスホテルです。一泊しかしないし寝るだけなんでこれで十分です。
今日は徒歩17km、自転車で6kmの合計23kmしか動いていません。とくに徒歩の部分は下り坂だったので体力の消耗は昨日よりも少ないです。そのためこれより外に出て街を見て回りたいと思います。

昔の人は小田原を出て一日で箱根を登って降りたんだそう。その降りた先で泊まるのが三島や沼津だったそうです。そのためこのあたりの宿場町は大きく栄えていたんだとか。当然そういったところは遊郭や花街というのが発展したのでしょう。沼津駅の南側にその手の街があったそうです。

しかし現状は住宅街となっていました。戦争で街は破壊されたのでしょう。何かしら残っているかと思って見に行ったのですが、一切遊廓の名残りというものはありませんでした。駅から離れているというのも残らなかった原因でもあるのでしょうね。

こっちのアーケード街の方が昭和な雰囲気があります。アーケードの骨組みだけで何の役にもたってません。

宿泊したホテルの入り口にもありましたが、沼津はラブライブの聖地なんだとか。アニメの舞台が沼津らしく各店舗がコラボレーションしてご当地スタンプなどを用意しているようです。

そのため駅前にはラブライブ!サンシャイン!!のカフェが設営されていました。

ミラーレスカメラを片手に沼津の街を歩いていたら「コイツ、ラブライバーだな!」と思われるかもしれないです。でもそんな奴らと一緒にされたら困ります。

そんな“キモオタ”と一緒にしないでほしい。

ラブライブを求めて街を回ってるんじゃない。
そもそもラブライブがどういったものなのかも知りません。街を回っている理由はこういうところを見たいからなんです。

さらにキモイ趣味のひと。

駅の脇にソープランドが二軒ありました。ここだけしかないようです。だいぶひっそりしています。条例の厳しい静岡県です。沼津で唯一の“オアシス”がここなのでしょう。

こちらの店なんか見た目は高尚な邸宅のような感じです。でも中身は低俗なことをしているところです。遊廓跡地にはこういう店を求めていたのですが全ての遊廓跡地がこういう店があるというわけではないです。

この雰囲気たまらなく好きです。ザ・昭和な雰囲気です。最近ショッピングモールのような複合施設タイプの店が増えてきていますが、まさにここは複合施設のもととなったところではないでしょうか。祇園小路という名前も表参道ヒルズに通ずるものがあります。

このごちゃごちゃしている感じがいいですね。
夜にゆっくり回れたらよいのですが、今回は外だけ見て我慢です。

こちらは京極街。祇園小路に京極街。まさにここは小京都といった感じでしょうか。京都まで行かなくても沼津駅南口を出れば京都が味わえるわけです。ぜんぜんイメージする京都とは大きく離れますが、祇園=飲み屋という感じで小京都っぽい名前を付けたのでしょうか。それとも祇園にある店のようにこじんまりしてひしめき合っている感じが京都っぽいからなのでしょうか。

こちらの雰囲気もたまらなくいいですね。
沼津はラブライブを生み出しました。沼津にはこのような飲み屋街があります。この飲み屋街があったからこそラブライブが生まれたというわけです。つまりラブライブの聖地巡礼するのであれば、この場所も行かなきゃダメってことですね。

外食をしようと思ったのですが、明日は少し早めに出たいと思います。そのためスーパーでご飯を買って夕食とします。
せっかく駿河湾の前にいるわけです。地物を頂きたい。ということはシラスを食べるべきでしょう。

しかし買ったシラスは愛知県産。愛知も静岡も漁場は駿河湾なのでしょう。そのためどちらで獲れても同じです。

でもせっかく静岡にいるんだから生シラスも購入。こちらは静岡県産です。

サトウのご飯の上に二つのシラスを乗っけてどんぶり飯にしてみました。
生まれて間もない小さな命。100℃の湯の中に入れられ殺された魚と陸にあげられ窒息死した死んだ魚を乗せたどんぶりです。命の数を考えるとけっこうエグイどんぶりですね。

個人的には窒息死生シラスよりも茹で殺しシラスの方が好きです。

今日はご当地ビールと甲類焼酎を。
甲類焼酎にしたのはホテルのドリンクバーに「塩ミカンジュース」というのがあったのでそれでカクテルを作りました。
この手のご当地ビールは都内でも流通しているのでわざわざ飲む必要はないのですが、せっかく静岡にいるわけですからね。

明日も自転車で出発するのですが次のサイクルポートは静岡市内まで行かなければ無いようです。約60kmくらいでしょうか。少し長旅となります。そして道中は峠道があるそうです。それ以外は平地だし自転車移動なのでたぶん問題は無いと思います。最低限静岡まで。もしくはその先に進みたいと思います。

関連記事

【ハイブリッド東海道五十三次】石薬師宿から土山宿へ
【ハイブリッド東海道五十三次】石薬師宿から土山宿へ

スーパーホテルは現在バイキングを辞めて弁当を配布しています。食堂で食べずに部屋で食べることができます。 そして...

 
【品川宿】生命の終焉の地「食肉市場」と「鈴ヶ森処刑場」
【品川宿】生命の終焉の地「食肉市場」と「鈴ヶ森処刑場」

日本橋から少し離れたところで自転車を借りれました。これより東海道で京都に向かいます。しかし借りた自転車のバッテリー残量が少な...

 
【東海道五十三次Z】これが現代の「七里の渡し」熱田宿から桑名宿へ
【東海道五十三次Z】これが現代の「七里の渡し」熱田宿から桑名宿へ

朝7時です。いつもより少し遅めの朝です。 GoToトラベルキャンペーンは楽天などを介して予約をすれば35%値引きとなります...

 
【神奈川宿】東海道で行く鶴見から横浜まで
【神奈川宿】東海道で行く鶴見から横浜まで

東海道五十三次の53とは宿場町のことを指します。日本橋と京を足すと55の宿場町があります。宿場町は等間隔にあるわけではなく距...

 
【バスできた】桑名宿にて名物ハマグリを食べる
【バスできた】桑名宿にて名物ハマグリを食べる

ついに禁断の移動手段であるバスを利用しました。しかしこのバスは桑名まで行かないようです。テレビの旅行番組などで見て知っていま...

 

Profile

Author:

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らし、土地持ちホームレスを目指し開拓中⇒プロフィール

お気に入りRSS