山林生活

‐三重は意外に大きい-車中泊の旅参日目-‐

三重は意外に大きい-車中泊の旅参日目-

布団で寝ることがなんてすばらしいものか!
エアコンで涼しい部屋で寝ることがなんて文明的なのか!

一日だけ車中泊をしただけなのにホテルの素晴らしさをひしひしと感じました。
今回泊まったのは三重県の志摩。そういえばこんなご当地萌えキャラで物議を醸していましたね。

エロいから公式キャラとして認めない。
エロい人は公に生活ができないなんて大変です。
でも非公式ながら頑張っているみたいです。

さて、本来であればもう和歌山に入っていなければなりません。
かなり遅れ気味ですが、時間は気にせずに進めましょう。

とりあえず本日は和歌山方面に向かいます。
和歌山は三重の隣と聞いたのですが、結構距離があります。
本当であれば渡鹿野島によろうかなぁ~と思っていましたが華麗にスルー。

渡鹿野島が一体どんなところなのか、どんな島なのかは当方一切知りません。
これまでふしだらなことなく、勤勉に励んできたわけですから渡鹿野島が何で有名なのかなんて知らないです。
知らないからこそ行くべきなんでしょう。これは知識を身につける、教養を身につけるためです。
例えどのようなことがあったとしてもそれに動じず受け入れる精神を養うために行くのです。

でも、最近の渡鹿野島は以前とは違うということです。
最近は中国籍の人ばかりでつまんないんだそうな。
そんなネット情報がありましたので「修業」は諦め、立ち寄らずに和歌山方面に走り出しました。

熊野古道があるからか行き先々で世界遺産の文字を目にします。
どうやら三重には世界遺産が多いようですね。一応道中見かけたところは立ち寄りました。

なんちゃらセレクション受賞

みたいな世界遺産があったような気もしましたが、伊勢神宮はじめ素晴らしい世界遺産でした。


これは三重県熊野市にある鬼ヶ城。高波のため奥まで行くことが出来ず…。


ここも世界が認めた世界遺産。中を見るとびっくり仰天です!名前は忘れました。

伊勢志摩、鈴鹿サーキット、伊勢えびと松坂牛、真珠、四日市ぜんそく、渡鹿野島…。渡鹿野島…。

三重には何もないと思いましたが羅列するといろんなものがあります。
車で旅行に行くんだったら三重はおススメです。

しかし、三重は大きいです。
和歌山に行きたいけれど和歌山に行けない。
和歌山についたのは17時過ぎ。これまでと同じように予定地までたどり着いておりません。

たどり着いたのは太地町。イルカ猟、クジラ漁で有名な街です。
太地駅の近くには2017年オープンした道の駅もあります。
オープンしてから数カ月ほどしかたっていません。
寝泊りするには適している?かも。

しかしまぁ、今日はこれまでと違い晴れ模様。日中は30度を超えていました。
現在の気温も25度。黒潮が温かい空気を運んでいるのかもしれません。

いやぁやっぱりこの地域は暑いなぁ~。山奥とかであれば車中泊もできるんだけど。
海の傍だったからかな。仕方ないけど今日は車中泊を諦めて宿を取るとするか。

連日ホテル泊です。

今日のは仕方がありません。車中泊をするといって一日しかしていないのは認めます。
ただ道のりは長いです。この三日間で走った距離は750キロほど。とくに最初は距離を多めにする予定でした。
三日で全体の10~15%しか進んでいません。このペースで進めたとしても3~4週間はかかります。
まだまだありますのでここで無理して車中泊をするよりも嫌にならない程度で進めていくのがよいと思います。
そのため今日の宿泊もご理解ください。

次こそは!!

和歌山から船で徳島へ-車中泊の旅肆日目-
和歌山から船で徳島へ-車中泊の旅肆日目-

車中泊の旅?も四日目となりました。 今回、太地町に立ち寄ったのはイルカを食べてみたかったからです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
西へ。-車中泊の旅壱日目-
西へ。-車中泊の旅壱日目-

本日より車中泊の旅をスタートしました。 今回は二人旅といことで、まず帯同者を迎えに行きます。 最初からつまづくのはよくな...

 
和歌山から船で徳島へ-車中泊の旅肆日目-
和歌山から船で徳島へ-車中泊の旅肆日目-

車中泊の旅?も四日目となりました。 今回、太地町に立ち寄ったのはイルカを食べてみたかったからです。 静岡など...

 
車中泊における給油、ガソリンについて(サンバー)
車中泊における給油、ガソリンについて(サンバー)

距離にして約6000キロ。日本を半周すると結構な距離が延びます。 走るということはガソリンも減るわけです。そのため定期的に...

 
車内で寝ると結露が…。サンバーの結露対策
車内で寝ると結露が…。サンバーの結露対策

山林に滞在しているときは車の中で過ごします。 小屋があるのに車中泊です。残念ながら小屋の中はまだ寒いです。 完全体ではな...

 
車中泊のため、サンバーに換気扇を取り付ける
車中泊のため、サンバーに換気扇を取り付ける

車中泊の旅までもう少し。 車中泊を快適に過ごせるようにサンバーに色々と工夫しています。 今回作成したのは換気扇です。...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.