山林生活

‐和歌山から船で徳島へ-車中泊の旅肆日目-‐

和歌山から船で徳島へ-車中泊の旅肆日目-

車中泊の旅?も四日目となりました。
今回、太地町に立ち寄ったのはイルカを食べてみたかったからです。

静岡など太平洋側ではよく食べられるイルカ。ここ太地町はアメリカの映画で有名になりました。
動物愛護がどうのこうのという映画でしたが、牛も食べれば豚も食べる。イルカだからという理由で問題にするのはおかしいです。
そのためイルカを食べたかったのですが…。

軒並み休みでした。

水曜日は休みのところが多いようです。
また着いたのは17時頃。かといって先に進まなければならないため昼まで待つわけにもいきません。
イルカは今度ということで諦めて先に進めることにしました。

本来であればすでに徳島にいて、今日高知入りをしている予定でした。
しかしたどり着いたのは和歌山県の入り口。
出来る限り前に進めようと今日は長距離移動をしました。

と思ったのですが太地町を出て次は串本町。
トルコの船の遭難事故があった街です。なかなかここまで来ることもないので寄っていきます。
車で周る旅の魅力は行かないところに行けることです。太地町や串本町にはなかなか行かないでしょう。


ここが事故現場らしい。

トルコの船の話、イルカの映画の話は知っていても、それでそこまで行く元気はありません。

今回は車で日本を周ります。そのため普段行かない、行くこともないようなところに行けるのです。
ただ、立ち寄り過ぎるとこれまでのように遅れてしまいます。
今回はできる限り前に進むということで自動車道、高速道路を利用しました。
本来であれば大阪、兵庫と周って徳島に入る予定でしたが、時間短縮のため和歌山より船を利用。

船で2時間ほど。二名と車で9000円ちょっと。
運転しなくてよいので気が楽です。

何とか夕方に徳島入りを果たしました。

本日こそは車中泊をする。そのために扇風機を購入したのです。
でもできる限り涼しい環境を作るため少しでも標高の高いところを選びました。

本日の宿泊場所は「道の駅 どなり」です。

駐車スペースはそこまで多くなく、また道路に面しているので車が通れば多少うるさいですがそこまで騒ぐほどではありません。
初日の時よりかは快適となりました。夏場の車中泊は海際よりも山の方が快適に過ごせますね。

問題はWIFIについてです。

今回、旅のために新たにWi-Fiを契約しました。格安のやつです。

サイト上では無制限利用となっておりますが、利用量が多いと制限がかかるようなのです。
二日目の時点で3ギガバイトを利用していました。全く動きません。LINEが何とか使える程度。

ホームページの閲覧、またサイトの更新ができません。
とくに画像がアップできないのです。制限がかかる前も遅かったのですが、制限がかかると通信していないのと同じ状態です。
仕方なくキャリアの携帯の電波を使って更新しました。MVNOは安いのですが、これで何とかするのは少し厳しいかもしれません。
安くていいんですけどね。

画像がないため次のホテル宿泊までお預けです。

徳島から高知へ-車中泊の旅伍日目-
徳島から高知へ-車中泊の旅伍日目-

初日の失敗があったからか快適な車中泊ができました。 まだまだ改善点は必要ですが、暑くて寝れないということに

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
車中泊便利グッズまとめ
車中泊便利グッズまとめ

初めての車中泊で何を用意すればよいかわからないためとりあえず使えそうなものを集めてみました。 ■お湯を沸かす機材 ...

 
【車中泊】道の駅「通潤橋」「佐俣の湯」「道の駅うき」とはしごする
【車中泊】道の駅「通潤橋」「佐俣の湯」「道の駅うき」とはしごする

熊本二日目です。 今回は遊びに来たわけでもなく車中泊に来たわけでもないのですが、せっかく熊本に来ているんだからというこ...

 
砂丘から天橋立。車中泊の際の銭湯-車中泊の旅弐拾参日目-
砂丘から天橋立。車中泊の際の銭湯-車中泊の旅弐拾参日目-

とりあえず沖縄以外の都道府県全てを周ったため達成感があり車中泊の旅のモチベーションが少し下がってしまいました。 でも、この...

 
木更津うまくたの里に車中泊
木更津うまくたの里に車中泊

実家から山林に戻る際、そのまま山林に行って寝てもなんかつまんないし夜で道も怖いということで別の場所に泊まることに。 せ...

 
車中泊における給油、ガソリンについて(サンバー)
車中泊における給油、ガソリンについて(サンバー)

距離にして約6000キロ。日本を半周すると結構な距離が延びます。 走るということはガソリンも減るわけです。そのため定期的に...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.