山林生活

‐【自作レンガ】レンガを自分で焼いて焼成煉瓦を作成してみる‐

【自作レンガ】レンガを自分で焼いて焼成煉瓦を作成してみる

[更新日]

先日某アイドルによる某番組の某島の開拓をするテレビを見ていたところ、ちょうどレンガのことをしていました。
某アイドルは溶鉱炉を作るためにレンガを作るみたいです。当方はそんな大それたことはしません。
単純に井戸掘りで出た使いようのない土を何とかして利用したいと考えていました。
その結果がレンガづくりです。

先日なんとなく焼いてみたのですが火力が弱く何も変わりありませんでした。
レンガを作るためには焼くための釜が必要。釜つくりには耐熱レンガが必要。
耐熱煉瓦はホームセンターに売っていますがこれのために購入するのは無駄遣いです。
色々と考えた結果、「焼くレンガを釜にすれば自然と焼けるのでは?」という発想になりました。

成型したレンガを積んでその中に燃えるものを投入。これを続けていれば時期にレンガができる(だろう)

しかし火力がやっぱり足りません。燃料となる木はあります。しかしかなりの量を使わなければなりません。
また火力を上げるためには空気を入れていかなければなりません。そのためブロワーを購入しました。
バッテリー式でどこでも使えるやつです。今後も利用価値があると思い購入したのですが…。

まさかの電池別売り。購入するときはしっかりと見ておくべきです。
当方の山林からホームセンターまでは片道20キロ。往復40キロあります。
田舎道とはいえ、行って帰ってくるだけで一時間以上かかります。
今回は諦めてただ燃やすだけになりました。

燃やしてれば勝手にレンガになるだろうと思ったのですが、残念ですがそれには程遠かったです。
案外熱伝導率が悪いようで火の当たっている側はレンガっぽい感じになっていますが外側は何も変わっていません。

素手で触っても熱くないんだから何も変わらないのも当然でしょう。
ちゃんとした土釜があれば作れそうですが、これのためにそれを作る元気はありません。
ほかにもこの山林でやる作業はたくさんあります。このせいで山林にいくとずっと土をこねることをしていました。そのため他の作業をしていません。

レンガはできそう。しかしそれを作っていくのは費用対効果や時間を考えると無駄なことだとわかりました。
無駄だと言ってしまうと山林を購入していること自体無駄なものではありますが、ほかの作業を考えるとこれを続けるわけにはいきません。
とりあえずこの作業は中止。残土は土嚢に詰めて使用することといたします。
今後レンガ造り熱が再発することも充分考えられます。その時はちゃんとした土釜か石窯を作って行おうと思います。
またその時はブロワーのバッテリーも購入しておきます。レンガづくりはとりあえずここで終了です。

【自作焼成レンガ作成】結局のところレンガづくりが楽しくて…
【自作焼成レンガ作成】結局のところレンガづくりが楽しくて…

千葉の南側だとしても冬になればやっぱり寒いです。早く小屋を完成させないと。 とりあえずスタイロフォームを天井、

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
ミリオン出版「GON!」によって人間形成された末路
ミリオン出版「GON!」によって人間形成された末路

当方が若いころ、ミリオン出版というところが出版していた「GON!」という雑誌を愛読していました。 いわゆるカストリ雑誌...

 
【売ってるウンコなら大丈夫】畑の改修工事に着手。
【売ってるウンコなら大丈夫】畑の改修工事に着手。

台風の影響は全くありませんでした。いつも通りの山林です。 セルフビルドで建てられた(当方が作ったわけではない)小屋だと...

 
70年生きた場合は76650食!限りある食事選び!
70年生きた場合は76650食!限りある食事選び!

人の一生は70年とも80年とも言われていますが、それよりも早くこの世を去る人もいます。当方もまたそれより早く去る可能性が極め...

 
山林に来たらとりあえず草刈りを強要される
山林に来たらとりあえず草刈りを強要される

長期滞在はできませんが山林に来ました。 数日だけですが滞在しまた戻ることにします。 いつものように山林についたらまず...

 
新宿しょんべん横丁(思い出横丁)に立ち寄る
新宿しょんべん横丁(思い出横丁)に立ち寄る

山林に行こうと思ったのですが仕事が立て込んでおり行けておりません。 というよりは寒くて行きたくないというのが本音でしょうか...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2019 山林生活 All Rights Reserved.