山林生活

自作レンガを焼いてみるの巻

自作レンガを焼いてみるの巻

[更新日]
[著作者]

作業がほかにもあるのにも関わらず、いまだにレンガづくりをしています。
前回はただ残土をこねただけで作りましたが、ネットの情報だと有機物と混ぜ合わせるのだとか。
そのため枯草を砕いたものを材料に足しました。また小屋にあった囲炉裏の中から石灰を持ってきて足してみました。
どうやらこれらを入れることによって粘り強く、また割れにくいレンガが作れるのだとか。

それはそうとレンガは焼くことによって強度を増すようです。そのため焼いてみよう!と思いました。
焼くためには石窯が必要。しかし石窯となるレンガはなく、これからレンガを作るつもり。そのレンガを作るためには石窯が必要...。
とりあえず敷地内に転がっている前所有者が残していったブロックなどを利用して簡易的な石窯を作ってみました。
とはいっても石窯のシステムや作り方がわからない。なんとなく入り口を一つ、排気口を一つ作って釜の中の温度を高めるとかそんな感じなのでしょう。
しかし、そんな密閉したものとはほど遠く、ただ周りに石があるだけの釜となってしまいました。

でもせっかく作ったんだからと日干ししたレンガを入れました。
日干し煉瓦に関してはまだ日も浅く強度はありません。持ち運びはできますが少しでも力を入れると壊れます。
壊れながらも何とか「なんちゃって石窯」に入れることができました。

私の山林の周りには木々が生い茂っており、また敷地内にも木があります。そのため枯れ枝などが転がっているため燃料は何とか手に入ります。
それらを材料にして火をつけたのですが、火力が弱い感じです。火はついているもののただのたき火をしているような感じ。さらには石窯としての機能を果たしておらず、手前は熱いが奥は冷たいといった状態。
とりあえず燃えるものを入れて数時間焼却してみました。

中身を見てみると、一部レンガになりかけのものがありましたがそれ以外は生焼けか入れた当時のままです。
こんなんじゃ残りのレンガを焼くことは難しそうです。レンガを焼く工程をスムーズにするためには温度を維持する石窯のようなものを作成すること。そして火力を維持するものが必要です。
石炭や木炭がよいみたいですがそれを購入してまでレンガを作るとタダで作っている意味が無くなってしまいます。かといって枯れ木を燃料にするのも集めるのが大変。また火力が弱いとなってしまいます。
ふいご等を使うことで火力を増せるみたいですがそれをまた作るか買うかしなければなりません。

焼く前と焼いた後で見比べると多少煉瓦っぽさがでています。

焼くことで元の状態とは大幅に強度が高くなっているのですが、それをするのは大変そうです。

まだレンガに使う残土は結構あります。とりあえずは全てレンガの形にしておき、日干しだけは済ませておこうと思います。
今後レンガを焼くために何とかしようかと思います。

関連記事

山林生活のための焼き場をつくる。
山林生活のための焼き場をつくる。

まだ寒い日が続いております。今年はまだ数える程度しか現地に行けておりません。 私よりも両親のほうが頻繁に行っているようです...

 
自分のウンコを肥料に変える画期的な方法
自分のウンコを肥料に変える画期的な方法

またうんこの話です。 あれから調べたところ、いろいろとわかったことがありました。 うんこはそのままではうんこ。 ...

 
山林小屋の天井について考える。
山林小屋の天井について考える。

まだ小屋の改修は続いております。 改修工事を始めてから一年半ほど経ったでしょうか。 今のところ終わる目途は立っておりませ...

 
【リサイクル】ゴミのガラス瓶を解かして新しいものを作る
【リサイクル】ゴミのガラス瓶を解かして新しいものを作る

先日山林小屋を掃除したところ大量の瓶がありました。 紙類は燃やす。燃えないゴミは持ち帰っていました。でも瓶や缶などのリサイ...

 
【外壁塗装】浸透塗料と造膜塗料のメリットとデメリット
【外壁塗装】浸透塗料と造膜塗料のメリットとデメリット

ホームセンターに来ております。 ホームセンターに来るとついつい無駄なものに手を出してしまいます。 別に必要が無いのに安売...

 

Profile

Author:

山林生活

山林生活を目指す。
でも都市型生活、旅行を中心にブログを書いてます。⇒プロフィール

お気に入りRSS