山林生活

‐【閲覧注意】山林生活は生き物と共存しなければならないらしい‐

【閲覧注意】山林生活は生き物と共存しなければならないらしい

ですよね…。いますよね….。

まさかの玄関口。小屋の入り口にGさんがいらっしゃいます。
しかしこれまでの人生で見てきたやつとはちょっと違う感じがします。

羽がない?だいぶ大きいし。
というよりもここまで近づいて一切逃げません。ドアの開け閉めをしても微動だにしません。

ゴキブリといえば人目を避け、気配を感じればすぐに逃げるというやつらですが、こいつはちょっと様子が違います。
あの動きをしないためちょっとかわいらしく感じることも。

以前新宿の繁華街に住んでいた時はまぁゴキブリの嵐って感じでした。
飲食店も近くにあったので仕方ないですよね。バルサンを炊いても効果なしという住まいでした。
もちろん見つければ全力で殺しにかかるという状態でした。
しかしこのゴキちゃんに関しては別に殺す必要はないかなーって感じになっています。
そもそも外です。家屋に入ってこなければ別に気にしません。

また家にいるゴキブリとは少し違う感じがします。
動きを見ていないのでわかりませんが、こいつがゆっくり動くのであれば何も怖くありません。

あとで調べたところオオゴキブリという種類のようですね。
自然の多い場所にいる。まぁ当然いてもおかしくないような場所です。
ちなみに千葉県のオオゴキブリは準絶滅危惧種のようです。
普通にペットとして飼う人もいるんだとか。一匹200~300円で取引されていますね。かといって捕まえる勇気は当方にはありません。

オオゴキブリだけでなくいろんな生物が多くいらっしゃいます。
虫嫌いの人にはちょっと辛いですよね。

蛙も普通にいます。蛇もにょろにょろしてます。
また毎度の如く蜂がいます。すでに三つほど巣を壊しました。
こんな感じで様々な生物がいますが、むしろ当方が部外者なわけです。

山にいる以上、虫に関しては仕方のないことです。
蜂は面倒ですが、危害を加える虫でなければ気にしなければよいだけです。
ゴキちゃんも翌日にはどこかにいきました。どこに行ったかはわかりません。

要は多様性です。受け入れましょう。

でも山林や田舎って静かでぐっすり寝れそー。とか言うじゃないですか。
夜は結構うるさいです。この時期はカエルと虫の鳴き声が酷いです。

夏の虫の声は風流とか言っている人は来世で虫にでもなればよいでしょう。
一匹であれば風情があるのでしょうが、大合唱は騒音です。

都心であれば電車は夜中走りません。しかし蛙の合唱は朝まで続きます。
窓開けて寝てるんですが、うるさくて眠れないのです。。。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.