山林生活

‐アルミ缶や鉄くずから伝説の剣の鋳造を考察‐

アルミ缶や鉄くずから伝説の剣の鋳造を考察

山林に入っておりません。年末ということで仕事も忙しく、山に籠ってられませんでした。
というのは嘘で寒いから山に行きたくないというのが本音。先日雪も降っていましたしね。
大掃除とかもしたいですが、所詮は山なんで放置でよいでしょう。

といいつつも今回は山林のゴミ問題について考えてみようと思います。

食事をすればゴミが出る。飲み物を呑めばゴミが出る。
普通に生活をしているとどうしてもゴミが出ます。山林でも同じようにゴミは出てしまいます。

紙類であれば燃せばいい。生ごみであれば埋めればいいのですが、プラスチックや空き缶などの鉄くずは燃やすことができません。
そのため出来る限りプラスチック製品や鉄製品は避けています。
納豆は発泡スチロールの容器ではなく紙のもの。包装が出来るだけ少ないものを購入しています。
ただ缶詰を使えば鉄くずが出て、ラーメンを食べれば包装紙がプラスチックごみとなってしまいます。
また、当方山林に行くとき缶コーヒーを買っていくわけですが、アルミ缶のごみが出てしまうのです。
自分でコーヒー淹れればいいのですが、缶のコーヒーの異常な甘さがたまに飲みたくなってしまうもので。
燃やすことができない、埋められないゴミは里に戻るときに持って帰ります。
ただ出来る限りその量を少なくしたいです。

そんな中アルミ缶を燃やして鋳造するという記事を見ました。そのためそれを今度やってみたいと思います。
アルミの融点は660℃のようです。この温度であれば比較的用意できるのではないでしょうか。

材料は耐熱レンガと木炭。
これらの材料で小さな炉を作ってそこで燃やしてみようと思います。
出来れば鉄も鋳造できるとよいのですが、鉄の融点は1538℃のようです。
木炭の燃焼温度は一般で800℃。最高温度は1200℃。つまり鉄を溶かすことができません。

そういえば車中泊の旅の島根に立ち寄った際にタタラを見てきたことを思い出しました。

燃料は製鉄所の周りに生えている木で山の中に炭窯を作って周りの木を木炭に変えて燃料にしていたそうです。
1200℃でも融点には達しませんが、アメ状の鉄は作れるみたいですね。空き缶で果たして作れるのでしょうか。
タタラでは砂鉄と木炭を一緒に入れて風を送って玉鋼を作り、それで刀を作るっていうことでした。
普通の鉄とは違い、日本刀はこの玉鋼が必要なんですが、その製造方法はタタラ式じゃないとできないみたいなんです。
日本では唯一、一軒だけタタラ製鉄をしているようです。日本刀を作るだけのための製鉄所ってことなんでしょうかね。

ということは当方がタタラ製鉄をしたら二軒目になるってこと?
しかも当方はゴミから何とかしようとしています。エコです。エコのたたら製鉄は世界初ではないでしょうか。

鋳造が出来れば当方は「はがねのつるぎ」を作成したいのです。

伝説のゴミのつるぎです。トラッシュソード。

中二心がくすぐられます。

鋳造は紀元前からあります。日本でも1500年前から行われています。太古の人にできて当方が出来ないわけがありません。
でもとりあえずは「はがねのつるぎ」の前に「アルミのつるぎ」ですね。まぁ石炭もホームセンターに行けば売ってるんで何とかなるでしょう。
今年中は無理ですが、年明けに伝説のつるぎ作成に挑もうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
山林生活のための焼き場をつくる。
山林生活のための焼き場をつくる。

まだ寒い日が続いております。今年はまだ数える程度しか現地に行けておりません。 当方よりも両親のほうが頻繁に行っているようで...

 
井戸掘りの際に出た残土の処理の仕方
井戸掘りの際に出た残土の処理の仕方

井戸掘りの際に出た残土が畑の中(将来畑になる予定地)に放置されたままです。 これまでこの残土でレンガ造りをして...

 
壁の穴を埋めて虫が入らないようにする
壁の穴を埋めて虫が入らないようにする

山林に住むと言いつつも住めるような状況にない小屋を修復し始めています。 ますは寸法を測ります。 当方どんぶり勘定なの...

 
山林生活をする上でのソーラー発電考察
山林生活をする上でのソーラー発電考察

当方の山林には電気が通っております。 前所有者が電気を引いてくれました。そのおかげで電気工具を使うことができ、作業がかなり...

 
余った石膏ボードの再利用のための実験
余った石膏ボードの再利用のための実験

小屋暮らしのため、小屋を改修しております。前オーナーは山林小屋の壁をOSB内装用合板を使っていました。個人で作成したため隙間...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.