山林生活

【自給自足】素人でもできる一番楽な枝豆の育て方

【自給自足】素人でもできる一番楽な枝豆の育て方

[更新日]
[著作者]

山林の来ました。
やっぱり暖かくなると重い腰も上がりやすくなるようです。これで実家の仮住まいよりもこちらに住んでいる方が長くなるのではないでしょうか。住んでいるといっても家はないためホームレスなわけですが。

一応言っておきますが乞食ではありません。
家がないのは法的に問題ないですよね?あれっ?ありましたっけ?

まぁ小屋があるのでクリアはしています。住居とは呼べませんが。
今回はできれば長期滞在がしたいです。どうしても仕事で戻ったりしなければならないため抜けることが多いです。
いっそのこと山林で稼げるようになればよいのですが、皆様の広告クリックだけではサーバー代になるくらいで、それで生計を立てるのは難しそうです。広告収入が50倍くらいあればなんとかなりそうですが。それを目指すためには単純にアクセス数が50倍ないといけないわけで。10年くらい続けていれば、もしかしたらそんな生活ができるかもしれませんね。

まだ先の話なので、とりあえずは今の生活を続けていくしかありません。

前回来たときは畑を耕しバジルと枝豆を植えました。昨年も同じ作物を植えたのですが、すべて害獣に持ってかれました。そのため今回は盗られないようにカバーをしました。

カバーごと壊されているのではないか!?という不安があったのですが、意外にもそのままです。

しかもちゃんと芽が出ているではないですか。
まだまだ小さいですがこのまま待っていれば作物として食べることも出来そうです。

前回の枝豆は肥料の少ない中かろうじて育った枝豆が数房。
ビールのつまみにはなるだろうと育つのを放っておいたら全てなくなっておりました。

恐らく獣にやられちゃったのでしょう。

お前ら。当方は資格を持っているのを忘れたのか!いつかは駆逐してやる!
そんな心持ちで昨年は過ごしました。しかし狩猟免許はあるとはいえ駆逐できる状態ではないのですが。

23000年前に農耕が始まり、人はいろいろな被害にあいながら生活してました。
獣の被害だけでなく、イナゴなどの虫被害も昔は多かったのでしょう。
そのような被害を経験し、様々は経験を人はしてきたのです。
今年はこれまで23000年間培った技術を全て投入した、100円ショップで買ったものでカバーしております。

自称、動物愛好家としては獣に刃物や銃器を向けるわけにはいきません。
危害を加えないのであれば、自分を守る手段を。そう!自衛隊のように!!
自衛隊は自衛をするもの。他者に危害を加えることは致しません。銃も刃物も捨て、万歳アタックをするのです。

9条!9条!

そんな感じでとりあえず虫よけ、獣除けをつけてみました。
今のところ効果があるようです。このまま秋を迎え収穫できればよいのですが...。

こんなに効果があるんだったらいっそのこと畑全部カバーかけたいくらいです。ハウス栽培みたいになってしまいますが獣被害に怯えることもなく、虫に食われることもなくなります。天候や害獣の被害に遭わないハウス栽培を選ぶ理由がよくわかりました。

関連記事

【収穫祭】秋の収穫、さつまいもとトウガラシの成果は?
【収穫祭】秋の収穫、さつまいもとトウガラシの成果は?

せっかく山林に来たのにあいにくの雨です。これが秋の長雨ってやつなのでしょうか。降ったりやんだりを繰り返し、そこまで大雨になる...

 
【畑改修工事】盛土に切土を繰り返し、傾斜地の平たん化を目指す。
【畑改修工事】盛土に切土を繰り返し、傾斜地の平たん化を目指す。

山林の朝は早いです。 6時には作業を開始しています。 車内温度が高くなるので起きてしまうんです。 冬場でもやっぱり...

 
【人類の知恵】除草剤は世界平和に役立つはず
【人類の知恵】除草剤は世界平和に役立つはず

人類は元々狩猟や採集で生きてきました。 しかし狩猟というのは簡単なものではなく、その時々で得られる獲物は決まります。時には...

 
【誰でもできるはず】秋植えジャガイモの育て方
【誰でもできるはず】秋植えジャガイモの育て方

雨が降っているため農作業ができません。天候が悪いと考えていた作業が行えないというところがあります。特に梅雨時期と秋雨の時期は...

 
【収穫祭】無農薬で有機栽培で自作したカブを食す【原始農法】
【収穫祭】無農薬で有機栽培で自作したカブを食す【原始農法】

当方が手塩に掛け、来る日も来る日も育ち具合を気にしながら、“丹精込めて”育てた蕪を収穫しました。 実際は蕪はたまたま種...

 

Profile

Author:

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らし、土地持ちホームレスを目指し開拓中⇒プロフィール

お気に入りRSS