山林生活

【魔法瓶】お湯を持つという選択。マグボトルはタイガーで決まり!

【魔法瓶】お湯を持つという選択。マグボトルはタイガーで決まり!

[更新日]
[著作者]

先日山に数日間滞在しました。山に滞在といっても小屋で寝泊まりをしているわけではありません。まだ小屋は出来上がっていないのです。そのため寝泊まりは車、つまり車中泊をしているんです。土地もあって小屋もあるのに車中泊をまだしてるんです。いつかは小屋に住めるだろうと思っているのですが、もうすでに三年の月日が経過しています。
なんだかんだでこの車上生活も楽しいもんです。非現実的な感じが味わえるというんでしょうか。キャンプみたいな感じです。特に不都合はありませんが、車ということでできないこともあるわけです。

車の中では火を使わない。

キャンピングカーのように安定していればよいのですが不安定なところで火を使うのはリスクがあります。実際に車の後ろでコンロ使ってガソリンに引火して車が燃えちゃったという話も聞いたことがあります。基本的に車内では火気厳禁です。そうなると料理ができません。そのため料理は小屋でしております。つまり小屋で料理をしてそれを持って車で食事をするか、または小屋で食事を済ませてから車に戻るという生活になっています。車の中でも火を使わない菓子パンとかであれば食べられるので調理が小屋でしかできないというのはそこまで不便ではないです。車の中では酒飲んで寝るだけですからね。

そうです。以前までは酒飲んで寝るだけでした。でも今年の当方は少し違います。お酒を少し控えているんです。ウィスキーもボトルで買わずにスキットルサイズのヤツを選んでいます。酒を飲まないわけではないがちょっとは控えなければならない。そんなわけで飲む量を少なくしているわけです。

減らすだけ、それで済むのであればよいのですが、スキットルサイズの量の酒なんて一瞬で消えてなくなってしまうのです。酒がないとなると別のものを口にしなければなりません。酒の代わりに水を飲むのは味気ない。酒の代用できるのはお茶とかコーヒーとかになるのでしょう。そんなわけでインスタントコーヒーを買ってきました。

自然が周りにある、緑に囲まれた静かな場所。

このような環境ならば、コーヒー豆を挽いて、時間をかけてドリップしたコーヒーを飲むっていうのができる男って感じでしょうが、そういうのはもう卒業しました。確かに淹れたてのコーヒーは美味しいのかもしれない。でもそういうの飲みたいなら喫茶店に行けばよいんです。道具があってもコーヒーを淹れる技術がなければ旨いものも作れないでしょう。それであればインスタントが一番なんです。
ということでインスタントコーヒーを買ってきたのですが、これがちょっと厄介なんです。

インスタントコーヒーはお湯を入れれば作れるんです。そうなんです。お湯用意しなきゃならんのです。お湯であれば水をコンロにかけて沸かせばよいだけなんですが、それがめんどくさい。いっぱいのために小屋で湯が沸くの待たなければならないんでしょ。たかだか数分の作業ですがそれをするのがめんどくさい。そして一杯飲んでもう一杯おかわりするとき、また小屋で湯を沸かす作業が必要になるわけです。それがクソめんどう。

じゃあどうすればよいか?色々と考えました。

一応車のシガーソケットのところでお湯を沸かせるヤツもあるんです。

でも沸かすのにこちらは時間がかかる。
それ以外にもアルポットという火気を使うが危なくないヤツもあり、それを所持していますが出すのが面倒。
色々と考え行きついたのが魔法瓶でした。

お湯を手に入れるためには沸かさなければならない。沸かさない選択をするのならばコンビニに行くしか方法はありません。それ以外は沸かす作業が絶対に必要です。冷たいまま飲むのもアリなのかもしれませんが、この時期は温かいものを飲みたい。そのため沸かす必要があるわけです。
お湯を沸かすことに関しては問題ありません。問題はそれを繰り返さなきゃならないってこと。であれば大量に沸かして保温しておけば良いのではないか?つまり魔法瓶です。
魔法瓶さえあれば一度沸かしてそこに入れておけば一定時間保温されるというわけです。この形であれば二杯目のコーヒーも飲めるし、夜遅くにお腹がすいたらカップラーメンを食べることだってできるんです。これまでは「今からお湯沸かすの面倒だなー」ということで諦めていたことができるようになるわけです。

ということで魔法瓶を買うためにAmazonを物色します。

ネットの情報ではサーモスがよいとかどこが良いとか書いてあります。メーカーによって保温できる能力に違いがあるようですが、そこまで大差なさそうな感じがします。ということで当方が選んだのはタイガー製の魔法瓶でした。

タイガー魔法瓶はガキの頃からお世話になっているヤツです。最近のは水筒ではなくただ入れるだけのヤツも増えているんですね。水筒ではなく「マグボトル」と言われるやつです。
容量は350ml、500ml、600mlとあります。350だとちょっと少ないので500をチョイスしました。カップヌードルで使うお湯の量が300mlくらいなので、これであればコーヒー一杯とラーメンくらい作れそうな感じがします。

こちらの商品は軽量モデルということだったので選びました。重さは191gです。サーモスだと209gなのでほかのやつよりかは幾分軽い程度です。軽いのを選んだ理由は旅行に持っていけるかもという期待を込めてです。海外を旅していた時、ボトルを持っている人が結構いました。お湯を入れといてコーヒー飲んだりお茶を飲んだりしている人、買った飲み物をボトルに入れて持ち運んでいる人。当方はペットボトルのまま持ち運んでいましたが、多くの人がマイボトルを持っていました。冷たい飲み物でも入れとけばぬるくならないのでよいのかもしれません。

別にぬるくても構わないのですが、ペットボトルで飲むよりもこういうやつで飲んだ方がなんだか旅してるって感じがするじゃないですか。ただ単にそれがやりたいだけです。まぁでも山でお湯が欲しいと思っていたのは事実です。これで車中泊もちょっぴりよくなりました。

断捨離したい、ミニマリストになりたいといっている一方でどんどん荷物が増える状況です。

あと、このマグボトルがあるとスタバで20円引きで買えるそうです。スタバでマイボトル持ってきてる人をたまに見ますが、ちょっとだけ安くなってるんですね。
今回購入したボトルの値段が2500円なので120杯ほど飲まなければなりませんが、ボトルを使えば環境にも優しいですからね。ただコーヒーをボトルに入れると洗うのが大変そうなので20円高くても普通に買います。
日常では不要ですかね。普段はできれば荷物を少なくしたいです。使うのは車中泊の時、旅行に持っていくかどうかは現在検討中です。
水を入れるだけだったら不要だし、暑い国に行くので暖かい飲み物を飲むこともありません。そう考えると旅行では不必要なモノっぽいですよね。でもせっかく買ったので車中泊以外の使い方を検討したいと思います。

関連記事

ミドルレンジスマホのGoogle「Pixel 3a」のスマホを購入してみた。
ミドルレンジスマホのGoogle「Pixel 3a」のスマホを購入してみた。

当方が使用しているスマホはSONYのXperiaXZです。購入したのは二年ほど前だったでしょうか。とくにスペックの問題もなく...

 
世界最小充電器「Innergie USB C Charger」を米Amazonで購入
世界最小充電器「Innergie USB C Charger」を米Amazonで購入

最近物を買うときはAmazonだけでなく楽天やヤフーショッピング、ヨドバシといった他の通販サイトを見ることが多くなりました。...

 
ペルチェ式冷却器で車中泊用自作エアコンを考察
ペルチェ式冷却器で車中泊用自作エアコンを考察

夏本番ですね。もう暑くて何もやる気が起きません。 当方、寒いのが苦手です。そのため山林を買ったのも寒い山梨や奥多摩ではなく...

 
嗅ぎ薬、ヤードムの魅力とは
嗅ぎ薬、ヤードムの魅力とは

先月末よりラオスに行っていました。 何もしない旅というのは疲れなくて本当に良いものです。普段と同じ生活を暖かいところで過ご...

 
速乾性のある衣類があれば海外旅行も楽になる
速乾性のある衣類があれば海外旅行も楽になる

旅行先でおしゃれしたいという考えが無いため、荷物の中でかさばる衣類はできる限り持っていきたくない。これは旅行だけでなく日常で...

 

Profile

Author:

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らし、土地持ちホームレスを目指し開拓中⇒プロフィール

お気に入りRSS