山林生活

‐サンバーに取り付けるソーラーパネル‐

サンバーに取り付けるソーラーパネル

サンバーに取り付けるソーラーパネルを購入しました。
第二弾です。前回のは早期に死亡。

エアコンも動かなくなり、ソーラーパネルもお釈迦となり…
エアコンも動かなくなり、ソーラーパネルもお釈迦となり…

当方の車にはエアコンがありません。 エアコンはありましたが、動きません。 先日エアコンが動かなくなり車屋

それを踏まえて第二弾を購入しました。
今回購入したのは普通のソーラーパネルです。
架台に載せるタイプではなく、貼って使えそうなやつです。

前回、風のあおりを受け、パネルが大破してしまいました。
その原因はパネルの下に隙間があったから。
隙間に風が入り風圧で負荷がかかる。それにより根元が引きちぎれるという事態に。
架台にねじ止めしてもこの可能性は充分あります。
架台に取り付けるのであればアルミの枠で囲ったパネルがよいのかもしれませんがそれでと重いです。
ただでさえ断熱材やらいろいろ組み込んでおり重くなっているサンバーです。
ここは少しでも軽いものをということで軽量なパネルを購入しました。

隙間がなければ問題ない。だったら貼り付けちゃえばいいじゃない。
ルーフキャリア?そんなのサンバーについてましたっけ??

ルーフキャリアはオプションパーツですよ。当方のはそんなものないと思います!

せっかく買ったルーフキャリアはお飾りのようなものです。
簡単につけるのであれば、ガムテープ、両面テープです。

い・つ・も・のガムテープ。ここでもやっぱりガムテープです。
やっぱ最強だなーガムテープって。扉も抑えられる、ソーラーパネルも抑えられる。
当方はサンバーを購入して買ったガムテープはすでに5本です。年2本。

普通、車運転しててガムテープを半年に一本消費しますか?しないですよね。
これがサンバーの魅力なんです。

ガムテープ。いいじゃないでしょうか。

購入したパネルは100Wです。重さは二キロほど。多少曲げることも可能です。
逆流防止のダイオードを内蔵しているのでプラグに直接挿して使えると思います。
ただMC4 コネクターを採用しているためDCプラグに変換するやつも用意しなければなりません。

これをつなげるだけ。
今回100Wのパネルでしたが、これを二枚並列につなげば200W発電できます。
でも、気になるのがチャージコントローラー。
逆流防止にはなっているものの、過充電とか過電流とかその辺の不安があります。
今回はこれでPowerHouseを充電するつもりです。PowerHouse自体に制御システムがついていると思いますが、大丈夫なのでしょうか。

これまでソーラーパネルはいろいろと失敗してきていますし。
またこれで壊れましたーは避けたいです。
でも、みんな「つかえるー」って書き込みもあるし…。

とりあえず物は試しに挿してみます。
これで壊れたらそれはご愛嬌ってことで。

挿してみます。。。。

動いています。これでとりあえずは充電できるってことですね。
こんなのでこわれるようなちんけなものではないでしょう。
あとは問題の設置です。

サンバーの屋根は凹凸があるんですよね。
恐らく強度を高めるためのものなんだと思いますが。
ほんの数ミリですがこれが命取りとなる可能背もあります。

凹凸に合わせるような何かを作り出す必要があります。
もしくはやっぱり秘伝のガムテープ補強でしょうか。すこし考えないとなりませんね…。

本来であれば試行錯誤して取り付ける予定でしたが、サンバーのエアコンが動かなくなりまして。。。
そしてまた車検も控えております。タイミングベルト交換、タイヤ交換、エアコン修理、錆びたマフラー交換…。

このサンバーにお金をかけたくない。

ちょっと車買い替えをしようかなー。どうしようかなーという状態です。そのため取り付けたとしてもすぐにはがすことになるかもなので….。
理想は新型ジムニーなんですが、納期が早くても半年後、現在一年先とも言われているので。恐らく別の車種になるでしょう。
多分またバンかワゴンになると思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
ソーラーチャージ付きモバイルバッテリーレビュー
ソーラーチャージ付きモバイルバッテリーレビュー

電動ファンを動かすためにモバイルバッテリーを購入しました。 当方の所有する電動ファンは電圧が5V、電流が0.3...

 
サブバッテリーにするか大容量モバイルバッテリーにするか
サブバッテリーにするか大容量モバイルバッテリーにするか

車中泊で一番重要となるのは電力でしょう。 電気があればなんでもできる。 車にはバッテリーがついてますが、直流12...

 
山林生活をする上でのソーラー発電考察
山林生活をする上でのソーラー発電考察

当方の山林には電気が通っております。 前所有者が電気を引いてくれました。そのおかげで電気工具を使うことができ、作業がかなり...

 
山林における電気のお話
山林における電気のお話

テレビもねぇ、ラジオもねぇ、車もそれほど走ってねぇ、信号ねぇ、あるわけねぇ、おらの土地には電気がねぇ。 と思っていたの...

 
ANKERのPowerPort Solarの使い勝手について
ANKERのPowerPort Solarの使い勝手について

もうじき夏というのに未だにソーラー発電システムに取り掛かれておりません。一応先日材料が届きました。 でもめんどくさい。梅雨...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.