山林生活

‐エアコンも動かなくなり、ソーラーパネルもお釈迦となり…‐

エアコンも動かなくなり、ソーラーパネルもお釈迦となり…

当方の車にはエアコンがありません。
エアコンはありましたが、動きません。

先日エアコンが動かなくなり車屋さんに見てもらいました。
とりあえず修理箇所を見極めるための作業を施し、エアコンは復活したわけですが、10日ほどで止まりました。

要はエアコンのガス漏れがどこかで起きてるっていうわけです。
先月も修理、今月も修理です。

ほんと不愉快です。

でも、これが直れば流石にもう修理箇所はなくなるでしょう。
散々直してきましたからね。

コンプレッサが焼き付き、シャフトドライブブーツが破れ、エアコンのガス漏れ。
なんやらマフラーが錆びてるので車検の時に交換しなければなりません。
あとタイミングベルト?でしょうか。何か交換しなければならないって言っていた気がします。

本当に手のかかるやつです。

それと、ソーラーパネルが壊れました。

わざわざキャリアまで買って取り付けたのに、一瞬で大破しました。
取り付け自体には問題ありませんでしたが、ソーラーパネルごと引きちぎれてしまいました。
風の強さは恐ろしいです。

そのためソーラーパネルはわずか数カ月でご臨終となったわけです。

まぁそもそも取り付けが強引でした。
車に取り付けるためのものではなかったわけですからね。
今回このように壊れてしまいましたが当方は諦めません。

ソーラーパネル、違うの買います。

このようにして人は成長していくのです。
今回壊れた理由は「風圧」です。
ある程度風圧は予想していましたが、予想以上の強さでした。
落下防止のワイヤーのおかげか周りの人に被害がなくてよかったです。
パネルとキャリア台に乗せると下から巻き上げた風が直に当たります。
今回その力でパネルが大破したわけです。

そのため風が受けないようにする。
もしくは風を受けても問題ないようにする。

この二つのどちらかを選ぶ形となります。
当然、風が受けない形でしょう。
要はキャリアに乗せるのではなく直に張り付けれな良いわけです。
そうすれば風の影響は受けません。

そうなるとキャリアが無駄になりますが、このキャリアは落下防止のために必要なのです。

先日消えてしまったソーラーパネルは落下防止のためにワイヤーをつけていましたが、その風圧はその次元を超えていました。
キャリアから外れて落ちないか?という不安があり、ワイヤーで固定していたわけですが、、。
壊れたのはソーラーパネル本体でした。そのためワイヤー云々の話ではなかったのです。

しかし次回作はこの大破したパネルのようにはなりません(その予定です)。
なんせ直付けを目指すわけです。そうなれば風の抵抗を受けません。
落下防止のためにワイヤーを装備。車体に直接ソーラーパネルを取り付ける。
これで風の影響は受けなくなるでしょう。

まぁどちらにしてもソーラーパネルが届くまで待つしかありません。
今度はちゃんとしたものを選びます。

またソーラーパネルも必要ですがエアコンも何とかせねばならんですね…。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
サンバー自作換気扇の再見直し。
サンバー自作換気扇の再見直し。

これまで車中泊に使っていた換気扇を先日改めました。 今度は取り外しが不要なタイプにしたわけですが、どうも換気扇の効果が低い...

 
ソーラー発電のためサンバーにルーフキャリアを取り付ける
ソーラー発電のためサンバーにルーフキャリアを取り付ける

ついに買っちゃいました。 サンバー用のルーフキャリアです。しかも新品。 いろいろとオークションとか見てたんですよ。入...

 
山林開拓をせず車中泊サンバーを改造中
山林開拓をせず車中泊サンバーを改造中

サンバーのテーブルに関してですが、先日作ったのではちょっと問題ありで結局ステーとかを買って補強しました。 まだ修復しなけれ...

 
【DA17V】新型エブリイを1000㎞乗った感想として
【DA17V】新型エブリイを1000㎞乗った感想として

エブリイをなんだかんだで1000㎞以上乗りました。 新潟の往復、山林への移動。こんな感じで乗っているとすぐに1000㎞...

 
【DA17V】タッチペンでエブリイの外装補修
【DA17V】タッチペンでエブリイの外装補修

当方のエブリイはクールカーキパールメタリックという色です。 どうやらエブリイの新色のようで、今回クールカーキパールメタリッ...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.