山林生活

後部座席との間にあるカーテンを「いい具合」にする

後部座席との間にあるカーテンを「いい具合」にする

[更新日]

マルチシェードは車中泊をする際に必要不可欠のものです。
自作している人もいるようですね。型さえわかれば比較的作りやすいです。
当方は不器用なもんで、購入しちゃいましたが。

サンバーの場合、側面が両面で6枚。フロントとリアで2枚。計8枚のマルチシェードとなっております。
最後部両脇は終始つけたままにしてます。そのほかは車中泊スポットについた段階で部屋作りのような感じで取り付けていくわけです。

しかしながらフロントガラスのところにマルチシェードを取り付けるのって面倒なんですよね。
大きいし嵩張るし。カーナビに使ってるiPadとか外して、車載カメラも外して...と取り付けようとするも、

左上に貼ってある法定点検のシールのせいで吸盤が取り付けられない!!と仕方なくいつも通りガムテープで補強。

そして出発するときは車載カメラとiPadを取り付け、ガムテープの剥げかけをきれいにしなければなりません。面倒です。また道の駅の車中泊とかだと中が見えないと警察も不審車両とみなす恐れもあります。

このようなことからフロントガラスはマルチシェードを取り付けていませんでした。
しかしそれでは車内が丸見えになってしまいます。公共の場でありながら唯一のプライベート空間です。
別に室内で悪いことや秘め事をしているわけではありません。でも寝てるときに人には見られたくはありません。
そのため出来る限り外からは見えないようにしたいです。

ということで運転席と後部座席の間にカーテンを取り付けているのですが、このカーテン、

あんまりよくないんですよね。。。

安物買いの銭失いという感じでしょうか。締りが悪いっていうか、すぐに外れるし、

こんな感じで遮光カーテンのくせに遮光する気がまったくありません。
朝になれば朝陽が入り、車が通ればヘッドライトの明かりで照らされてしまいます。

この「やや遮光カーテン」を何とかしなければということで100円ショップへ行きました。

当方の頭の中でイメージはできております。
サンバーには天板を止めるために留め具があります。
そこの隙間にフックを挟み、そこを通せばうまい具合に上が閉じるのではないでしょうか。

サンバーを買って三年です。なんとなくどうなるのかっていうのがイメージできるようになりました。
内装に関してはいろいろいじってますからね。

適当なフックを購入し取り付け。

いい感じじゃないでしょうか。無駄のない感じ。そしてしっかりと上をカバーできてます。

しかしながら上はカバーできたのですが、カーテンの尺が足りておらず、下が丸見え状態です。
一応軽バン専用というやつを買ったと思うのですが...。もともと上の部分はカバーしない仕様なのでしょうか。
ただ、下が空いているといっても助手席と運転席の間の真ん中の部分だけです。荷物でも置いておけば隙間を埋めることもできるでしょう。
まぁこんな中途半端なものを買うんだったら自作した方がよさそうですよね。
100円ショップの材料だけでもっと機能的なカーテンは作れそうです(作るとはいってない)。

関連記事

車中泊で必要なUSB扇風機。やはり首振りは重要ポイント
車中泊で必要なUSB扇風機。やはり首振りは重要ポイント

ついこの間まで寒かったのに気が付けば地獄のような暑さとなっております。日中の車内は50℃以上です。千葉の山林でもこれは同じで...

 
室内騒音(デシベル)を無料のスマホアプリで測ってみる
室内騒音(デシベル)を無料のスマホアプリで測ってみる

購入したエブリイは商用バンです。そのため装備も簡素です。かといってエブリイワゴンも商用バンをゴージャスにしただけです。内容は...

 
【自作】ヘルメットの内装リペアを目指す。
【自作】ヘルメットの内装リペアを目指す。

先日久しぶりにバイクに乗りました。最後に乗ったのは三年前、そしてその一回限りしか乗っていません。そしてその前は三年前。つまり...

 
電池の持ち時間を計算して電動ファンを動かす。
電池の持ち時間を計算して電動ファンを動かす。

車中泊の際にかなり重宝していた電動ファン。 今回換気扇開口部分を見直したためさらに使い勝手がよくなりました。 ただ車中泊...

 
不人気だけど低価格で壊れづらいスズキ・ボルティ
不人気だけど低価格で壊れづらいスズキ・ボルティ

バイク事故を経てもうバイクに乗るのはコリゴリとなっていたのですが、その当時移動手段がバイクしかありませんでした。車の免許は所...

 

Profile

Author:山林生活

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2020 山林生活 All Rights Reserved.