山林生活

‐【新橋筋商店街】元青線街、野田にある地獄谷を散策‐

【新橋筋商店街】元青線街、野田にある地獄谷を散策

[更新日]

大阪といっても一言で片づけられる場所ではありません。先日お伝えした西成地域のようなところもあれば新しく生まれ変わった梅田界隈などいろんな顔があります。粉モンと人情の街、それだけではないんです。とはいうものの当方は関西人ではなく、頻繁に訪れるものの大阪のことをまだ何も知らないわけです。知らないからこそ発見ができるという楽しみもあるのですが。

関西人からしてみれば普通の場所だとしても関東人からすれば異色の場所ってところもあるんです。

本日は福島区の野田阪神というところに来ております。

この界隈は戦時中空襲を逃れたそうです。そのため古い建物が多く、古めかしい日本家屋を見ることができます。文化財として保存されている京都の街並みとは違い、近代的なものもありながらも昭和大正の建物も混ざっているごちゃまぜの場所といった感じでしょうか。理路整然となっている街並みよりも雑多な感じがある大阪の方が人の血が通っているようで好きなんですよね。福島区はまさにそのようなところを見れる場所です。

たまたまネットで「地獄谷」と呼ばれる場所があるということで行ってみました。

場所は新橋筋商店街のアーケード街の一角にあるそうです。

アーケードは普通にこのあたりに住む人の為にスーパーや八百屋などがあります。多少シャッターが閉まっているところはありますが、シャッター街というほどでもなく皆さま頑張って商いをしている感じです。客の往来もある程度あるのでここがこの付近に住む人にとって重要なところなのでしょう。東京にも似たようなアーケード街がありますが、西と東ではなんだか違います。当方は西のアーケード街のほうが好きです。

話にあった地獄谷と呼ばれる場所はこちらです。
狭いわき道を入るとその中に地獄谷があるんだとか。道幅は50cmくらいでしょうか。歌舞伎町にも似たような通りはありますが、ここもヤバそうな雰囲気があります。

人一人がやっと通れるくらいの幅です。自転車で通ることは難しいくらいの道幅です。道というよりは建物と建物の間と言った方が正しいのではないでしょうか。

ここを通ると少し広がります。広がるといってもやはり中は狭いです。なんとなく新宿のゴールデン街を彷彿させるような場所です。後々調べたところ、ここもやはり新宿ゴールデン街と同じ道を歩んでいたそうです。

ゴールデン街は闇市を経て飲み屋街へと変わり、その後青線街となり、現在の飲み屋街へと変わっています。こちらの新橋筋商店街脇にある地獄谷も同じように闇市を経て青線へ。そしてスナック等の店が集まる飲み屋街になったそうです。

青線とは非合法の風俗店の集まる風俗街。非合法なんで入り口は狭く、警察のガサ入れにも柔軟な対応ができるようなつくりだったのでしょう。ゴールデン街も地獄谷も似たようなつくりになったんだと思います。

現在はスナックだけでなく居酒屋やバーなどの普通の飲み屋街となっております。

なぜ地獄谷と呼ばれるようになったのかは不明です。一度入ったら楽しくて出てこれなくなる、飛田新地などと違ってバケモノが出てくる、子供が近づかないように地獄という名を用いた、色々理由はあるのでしょう。この手の名称は大体そこに行く人が名前を付けます。飛田新地だと若い子がいるメインストリートを「青春通り」、年配の人が多い場所を「妖怪通り」と呼んでいます。これらも利用者が勝手に名前を付けたわけです。地獄谷も何かしらの理由で名前が付いたんだと思います。

比喩的な表現で「格の低い売春婦」のことを地獄と呼ぶそうです。普通の遊廓で働けなくなった人は非公認の岡場所で働くしかありません。つまり最下層の遊女ということから地獄と呼ばれたのでしょう。
地獄谷は昔、青線街だったこともあり、有名は飛田や松島と対比して「地獄がいる谷」でそれが由来となり地獄谷と呼ばれるようになったのではないでしょうか。これはあくまでも当方の見解です。実際のところはあっているかわかりませんが、大方こんな感じで名をつけられたんじゃないかと思います。

しかし今はそんな売春街のイメージはなく、普通のちょっと変わった場所にある飲み屋街となっております。飲み屋街のため日中はほとんどお店がやっておりません。そのため夜に出直すこととしました。

夜のアーケードはお店が閉まっており閑散としております。この静けさのあるアーケードっていうのも趣があっていいですよね。昼は活気があるが夜はさみしさがある。この対比がたまりません。

そして地獄谷の入り口です。日中よりもさらに不安を感じさせる入り口です。ここに入ったら本当に出てこれなさそうです。

夜は赤ちょうちんがぶら下がり、普通の飲み屋街に。結構繁盛している店が多いようです。地獄谷の餃子屋さんが有名なんだとか。
せっかくなんでどこかに入るべきなんでしょうがゴールデン街特有の雰囲気があるため、その重い扉を開けるだけの勇気が当方にはありませんでした。

恐らくその扉の向こうは“天国”なのでしょう。

勇気がないヤツは地獄をただ味わうしかないようです。
でもゴールデン街よりは比較的入りやすそうな感じの店構えの所が多かったです。

最後にかすうどんを食べて〆とします。東京だとかすうどんとかを出している店が少ないんですよね。わざわざ大阪に行ってまで食べるほどのものではないし、正直そこまで美味いとも思えません。でも関西に行かなければこの味に触れることはできません。油かすは一部の方のソウルフード。かすうどんの発祥は大阪府羽曳野市みたいです。あまり行く機会のない場所ですが、そこだったら旨いかすうどんが食べられるのでしょう。機会があれば立ち寄ってみたいです。

大阪もまだまだ色々と行きたい場所があります。今回たまたま地獄谷を知りましたが探せばもっと増えるのでしょう。これは大阪だけでなく関東でも面白い場所が探すとあるのではないでしょうか。どうしても住んでいると気が付かない場所も多くあります。そのため今度は都内でも楽しそうな場所を探したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
福島・茨城のソウルフード、シーフードレストラン「メヒコ」に行ってきた。
福島・茨城のソウルフード、シーフードレストラン「メヒコ」に行ってきた。

せっかく茨城・福島に来たんだからその土地の酒を。ということでワンカップかったのですが、ひとつは福島の酒ですがもう一つは岩手の...

 
【釜ヶ崎】ホームレスタウン西成の現在の姿【あいりん地区】
【釜ヶ崎】ホームレスタウン西成の現在の姿【あいりん地区】

本日は東京駅から大阪へ。いつもは駅弁屋で弁当を購入するのですが、東京駅には様々なお店があります。駅弁といっても種類が豊富です...

 
名古屋から中部国際空港セントレアに行ってみた
名古屋から中部国際空港セントレアに行ってみた

新幹線で名古屋に向かっております。しょっちゅう新幹線に乗るため弁当も色々と食べてきました。最近のお気に入りはこちらです。 ...

 
コリアンタウンとは言わせない。大久保の多国籍街。
コリアンタウンとは言わせない。大久保の多国籍街。

本日は大久保に来ております。 大久保といえばコリアンタウンのイメージが強くあると思います。 実際に職安通りより北側の...

 
【修羅の国】石堂橋より川向こうの千代散歩(ちよさんぽ)
【修羅の国】石堂橋より川向こうの千代散歩(ちよさんぽ)

博多に来ております。博多といえば中洲。 博多に来たら中洲で豪遊。 あの小さな島にすべてが詰まっているってところが中洲...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2019 山林生活 All Rights Reserved.