山林生活

玄関開けたら二分で私娼 マンションタイプの風俗店「香港141」

玄関開けたら二分で私娼 マンションタイプの風俗店「香港141」

[更新日]
[著作者]

日本は性に対し大らかな国。日本人はヘンタイ大国。諸外国からはこのように思われているのでしょう。
実際に日本国内には性風俗店が多くあります。売春は人類最古の職業と言われていますが世界的に見て良しとされていない職業。ヨーロッパや南米を除いてはその多くが違法とされています。ただ規制をすると生活が出来ない人もいるため必要悪として黙認しています。そう、黙認しているだけ。

日本も売春は違法です。しかし罰則がありません。そのためパパ活などが横行しています。そして繁華街に輝くピンク色のネオン。あくまでも自由恋愛だからという体のソープランド。これらが当然のように街にあるのです。日本人がヘンタイと言われるのもしょうがないです。
海外だとこのように「ウチは風俗店だよ」といった感じのところは少ないのではないでしょうか。実際は海外でも多くの性風俗店がありますが、表向きはわからないようになっています。それはここ香港でも同じようです。

香港では売春は合法。

これに関しては半分あってて半分間違っています。日本と同じように管理売春は罰則がありますが個人が客を取るだけであれば違法となならないんだとか。これが香港の性ビジネスが表に出てこない理由です。

個人であれば客がとれる。
そのため個人事業主としてマンションの一室を借りてそこで営業をする分には問題がない。ってわけで私娼窟マンションが香港には複数あるんだとか。

売春婦のご自宅に訪問しインターホンを押す。
これらの業種はピンポンマンションと呼ばれ香港では141って言われているそうです。

中国語では「一樓一鳳」と書きます。中国では妓女のことを鳳姐と呼ぶようで一つの楼に1人の女って意味です。そして英語でワンフロアワンなので141と呼ぶようになったそうです。ちなみに161ともいうようですが一樓一と161が同じ語感だからなのでしょう。

日本の性風俗店は出店エリアが制限されていますが香港の141はあくまでも個人宅。そのためお隣さんがそういったサービスをしていることもあるってわけです。こんな感じなので店がある場所はわからないんです。

だったらとりあえずピンポンするしかないですよね。

一軒ずつ回って「ここは141ですか?」って聞いて回るしかないでしょう。
有象無象の中から141を見つけ出す。そういったのも楽しいんじゃないでしょうか。

でもピンポンされた一般人には迷惑な話です。そんなわけでネット上にちゃんと探せるサイトが用意されています。

香港のマンゾク的なやつでしょうか。こちらのサイトであれば登録している141を見つけ出すことができます。

マンゾクと違うのは店ではなく個人なので個人のプロフィールが書いてあります。登録者は1000人ほど。顔が原形をとどめていないくらい加工されているためパネマジ必須ですが写真で選ぶことができるようになっています。

登録されている多くがデリバリー型、次いでマッサージ、そして141のようです。マッサージに関してはいわゆるマッサージパーラー的なところ。日本でいうソープランドにあたるのでしょうか。香港では樓上骨っていうらしくそれを提供する女性は「邪骨」と呼ばれるそうです。
日本でもエステ客がキャストに手を出したとかで強制性交罪で摘発があったりしていますが香港でもどうやら同じようで「特別な服務」のないマッサージ、つまり一般的なマッサージも存在します。正式なマッサージに関しては「正骨」と呼ばれているそうです。

141に関しては業態から考えると日本のちょんの間に近いのでしょう。でも営業するためにはマンションの一室を借りなければならずそのコストが負担となります。看板を掲げて営業できない業種ならデリバリータイプに転身する人が多いのでしょう。そのためデリバリーの割合が多めです。

デリバリータイプで多いのがロシア国籍の人。なんか生々しいです。
ロシアの宗教は主にロシア正教。キリスト教では売春は不道徳とされています。それにもかかわらず大盤振る舞い。
ロシア人が多いのは戦争以降に増えたのかそれとも以前からこんな状態だったのでしょうか。

また日本人もいました。日本人女性ってだけで興味を持つ殿方はいるようで外国では引く手あまたなのでしょう。そして円安により海外の方が稼げるようになっています。
今年初めにラスベガスに出稼ぎ売春させたとして管理売春経営者が逮捕されていました。香港で働く日本人売春婦もその手の類いの人なんでしょうね。まさか香港版マンゾクで日本の闇に触れるとは思いませんでした。

香港は個人での売春は合法ですがそれで就労ビザがとれるはずもなく売春ビザなんてものがあるはずありません。プロフィールには交換留学生と書かれた人もいました。ここで働くロシア人もそうですが、日本人売春婦も不法労働者なのでしょう。

ピンポンマンションは多くが中国籍のようです。
2003年に中国本土の人が香港マカオに旅行ができるようになって以来、多くの中国人女性が香港に売春に来たそうです。
その女性らは「北姑」と呼ばれていたんだそう。北姑とは北の女の子。文字通りだと香港の北側から来た女性なのですが、いつしか中国から来た売春婦って意味にすり替わり差別の言葉になったそうです。

141で働く半数が本土中国から来ているそうなんです。

141はかなりの数あり、一カ所にまとまっているわけではないため探すのは大変ですがひとつなぎの大秘宝を求めて街に繰り出します。

ピンポンマンションと呼ばれている通りそれらの店がマンションにあります。ごく普通のマンション。おそらく賃貸なんでしょう。マンションのオーナーがいるわけですが、一般的に考えて所有するマンションで性風俗営業をされるのを好ましいと思う人は少ないでしょう。そのためマンションの一室だけ性風俗店って形ではなく基本的にはビルごと性風俗店になっているようです。

「大厦」とはビルって意味。こちらは上環にある錦邦大厦です。同ビルには141があるんだとか。

まだ営業前だったようで店は閉まっていますがイメージしているマンションとは様相が違いました。
どちらかというとスナックなどが入居する雑居ビルに近い感じ。

全場700HKDとなっているのでそれがこのビルの相場なのでしょう。私娼ってことなので各人が値段を決めているのかと思っていましたが、価格暴落を避けるため値段を一律にしているのでしょうか。それとも元締めのような組織がかかわっているのでしょうか。なんとなく後者の可能性が高そうな雰囲気があります。

こちらは佐敦にある福樂大廈です。

福樂大廈は2階にフィットネスジムがありますが、上の階にも身体を動かせるスポットがあるようです。佐敦駅の目の前にあるマンション。

中はピンクのネオンが卑猥な感じを出しています。日本でも駅前にソープがあるのでそれと大差ないのでしょう。この手の商売が人気なのは世界共通のようです。

こちらは尖沙咀にある發利大廈です。

もう大廈って言葉が卑猥に感じてしまう。

發利大廈の141はクオリティが高いと定評のあるらしくマンションにもかかわらず男性がひっきりなしに出入りしています。
エレベーターも超混んでる。そしてビル内も男性だらけ。

雰囲気は飛田新地っぽい感じ。でも飛田新地は一応料亭街って体を成しているのに対し141はただの売春施設。ピンク色だし節操ない感じ。身体で稼ぐ女、それをもとめ群がる男性ら。141のあるマンションは神秘的でもなく美しくはない人間の欲望が満ち溢れています。でもこれこそが人間らしさってやつなんじゃないでしょうか。

マンションによって特色があるようで、現地の人は嗜好にあったマンションに行くのでしょうね。日本のように多様な風俗店があるわけではなく私娼しかない香港。141が流行っているのではなく手段がそれしかないのでしょう。

このように香港では141がメジャーのようですが、ネットの情報を見てみると台湾やタイにも似たようなビジネスがあり同サイトには国別で検索ができるようになっていました。

そして日本にも。

日本のはソープランドなどがサイトに登録されていましたが中には中国人専用のデリヘルもあるようです。ウェブサイトは中国語で書かれてあり日本人をはなから対象としていません。そしてウェブサイトには無店舗型性風俗特集営業を届け出ているかの判断ができません。一般的なデリヘルの場合は届出番号が記載されていますが、外国人向けのデリヘルにはそれがないのです。まぁ届出しているかどうかをウェブサイトに載せなければならない義務はないので法的に問題ないのですが、怪しさ満点です。

かつては言葉や文化の違いから外国人の入店を禁止している店が多かった性風俗業界ですが、若者の利用者が減ったためそんなことも言ってられなくなったのでしょう。異文化交流は一般的となりむしろ外国人の方が利用者が多いってところもあるのかもしれません。性感染症は挿入時にコンドームをつけていれば大丈夫というわけではありません。近年梅毒が蔓延しているのはパパ活が原因と言われていますが、事の発端は外国人を性風俗店舗で受け入れたのが原因なのかもしれませんね。現在はパパ活が日本のトレンドとなっていますが、近い将来141形式の店ができるかもしれません。これはピンポンしなければ!

関連記事

海外のコンセント事情。そのまま挿して大丈夫!?
海外のコンセント事情。そのまま挿して大丈夫!?

海外旅行に行くときは必ず変圧器と変換プラグを持って行きます。 日本のコンセントは100V電源です。しかし海外は220Vとか...

 
【手荷物軽量化】洗濯物を干すクリップ(洗濯ばさみ)の見直し
【手荷物軽量化】洗濯物を干すクリップ(洗濯ばさみ)の見直し

海外旅行に持っていく荷物の見直しを常々やっております。 できる限り軽量であること。そして機能的であること。この二つを兼...

 
ColumbiaのCastle Rock25Lは海外旅行に不向き?
ColumbiaのCastle Rock25Lは海外旅行に不向き?

旅行の際に荷物を運ぶのに必要なバッグ。トランクケースは便利なんですがそれをずっと持ち運ぶのは大変です。必ずしも舗装された道が...

 
【ミニマリスト旅行者】旅行の際の荷物の再編成
【ミニマリスト旅行者】旅行の際の荷物の再編成

昨年は移動の旅、今年は同じところに滞在する旅をしてみました。移動の旅は色々なところが見れて楽しかったですが、ずっと忙しなかっ...

 
手元に余った外貨コインを日本で両替してみた。
手元に余った外貨コインを日本で両替してみた。

外国の紙幣は日本のやつとは違いなんとなく人生ゲームの紙幣みたいな感じがします。海外だと日本に帰る際に空港で現地のお金は使い切...

 

Profile

Author:

山林生活

山林生活を目指す。
でも都市型生活、旅行を中心にブログを書いてます。⇒プロフィール

お気に入りRSS