山林生活

【ミニマリスト】必要なものを入れたらバックパックの重量は5kgに

【ミニマリスト】必要なものを入れたらバックパックの重量は5kgに

[更新日]

緊急事態宣言がとけたりとコロナウイルスで規制されていたものが徐々に緩和されるようになりました。とはいうもののまだまだ自粛という部分は変わりない模様。国内旅行ができるようになるのは来月以降といったところです。さすがに真夏の車中泊は死んじゃいそうなんで諦めます。では海外に行けるかというとこちらは年内は厳しそうです。中国は終息したという話ですがその話が信用できません。というより今の状態で中国に行くのは不安です。
昨年中国に行きそしてインドを目指す予定でした。

なか゛いたひ゛か゛ はし゛まる..。
なか゛いたひ゛か゛ はし゛まる..。

このページが更新されているころ、当方は中国のどこかの都市にいるだろう。 行くんだよ。天竺を目指すたびに。

しかし、所用ができてしまいミャンマーで断念したのです。わざわざインドのビザを取ったのに使えませんでした。そして今回のウイルス騒動でインドビザは停止となりました。
また行きたいですね。直接インドに行ってもいいんですが、できればまたビザを取得してミャンマーから陸路で天竺を目指したいです。結構めんどくさいことが多かったりしましたがやっぱり旅は楽しいもんです。でもそれがいつになるのかはわかりません。金銭的な問題などこちらの都合もありますが、そもそも渡航ができない状態です。ワクチンが出来上がっても量産までに時間がかかります。それができない限りは厳しいでしょう。まずは仕事などで渡航ができるようになって、観光はさらに先のお話になるでしょう。来年の夏にオリンピックを東京で開催するっていうのもかなり厳しい環境です。

【枝川一丁目】東京オリンピックとコリアンタウン【朝鮮部落】
【枝川一丁目】東京オリンピックとコリアンタウン【朝鮮部落】

豊洲に来ております。 来年2020年には東京オリンピックが始まります。このあたりは選手村や競技する場所などがあ

80年前に開催予定だった東京オリンピック。その時は戦争により中止となりましたが、今回は目に見えないウイルスにより中止となりそうです。まぁ招致の時点で色々と問題のありましたからこれでよかったんだと思います。利権やら賄賂やらなんだか気色悪い大人たちがオリンピックマネーを貪ろうと恥も外聞も捨てて金儲けをしようとしていましたからね。
慌てる乞食は貰いが少ないっていうじゃないですか。オリンピックってまさにこれなんだと思います。でもオリンピック利権の代わりにコロナ利権もできたわけです。日本は通常通り平和なようです。

話が逸れてしまいました。オリンピックとかどうでもいいし、むしろオリンピックは海外旅行チャンスだと思っています。日本で見るオリンピックは一生に一度あるかないかですが、日本でオリンピックしている中、海外旅行ができるというのも一生に一度あるかないかです。そのため旅に出ちゃうんでしょうね。そして次の旅はこれまで培ってきたものを最大限生かすつもりです。

そうです。旅行の際の荷物のお話です。

旅行には必ず必要な荷物です。
さすがにパスポートとスマホだけで旅をするという上級ミニマリストにはなれません。

必要なものはちゃんと持っていく。でもできる限り荷物を少なくしていきたい。
そんな感じで徐々に荷物を減らしたり、改良を重ねてきました。おそらく現時点で最適なパックとなっているはずです。

まずバッグはColumbiaのCastle Rock25Lという25Lサイズのバッグを選びました。

ColumbiaのCastle Rock25Lは海外旅行に不向き?
ColumbiaのCastle Rock25Lは海外旅行に不向き?

旅行の際に荷物を運ぶのに必要なバッグ。トランクケースは便利なんですがそれをずっと持ち運ぶのは大変です。必ずしも舗

当方はこれまで23Lバッグを使用していましたが重さが950gほどあったのです。
Castle Rockの重さは650g(実際の重さは674gでした)なので多少軽くなりました。

ただCastle Rockはジッパーの引手が紐でした。これでは盗難の危険があるため引手を金属に交換。

セキュリティアップのためチャックの引手交換をする
セキュリティアップのためチャックの引手交換をする

新型コロナウイルスにより海外旅行に行けそうにありません。落ち着くのは果たしていつになるのでしょう。そんな状況なの

それにより16g重くなり、さらにモンベルのモバイルギアポーチ M(50g)を取り付けたのでカバンの重さは750gとなりました。

バッグの中にはPC製品、衣類、生活用品の三つに分けられます。

まず衣類に関してはTシャツ1枚、パンツ1枚、靴下1足、ハーフパンツ1着だけです。服一着だけ?と思われるかもしれませんが、もう一着は着ています。着ているものとストックが一着分あれば十分なんです。結局洗うことになるので毎日洗濯をすれば良いだけです。
上記衣類とダウンジャケット、ポケッタブルパーカーが衣類として持っていきます。

衣類総重量:512g

【内訳】
下着、靴下、Tシャツ:180g
ダウンジャケット:130g
ポケッタブルパーカー:102g
ハーフパンツ:100g

ダウンジャケットはモンベルのヤツを購入しました。

【ユニクロより軽くて暖かい】モンベルのダウンが軽いから買ってみた
【ユニクロより軽くて暖かい】モンベルのダウンが軽いから買ってみた

海外旅行に行くタイミングは冬です。というよりこれまで夏場に旅行に行ったことがありません。その理由は日本が寒いから

春先に買い、その後外出する機会も少なくあまり着ていませんが軽くてある程度暖かいです。極寒地にいくのは厳しいですが東京の冬であればこれで過ごせそうです。

【パッカブル】パタゴニアのフーディニジャケットを買ってみた。
【パッカブル】パタゴニアのフーディニジャケットを買ってみた。

海外に旅に出たい。しかし世界中から日本人はばい菌みたいな扱いをされている状態では海外に行けそうにありません。飲食

ポケッタブルパーカーはパタゴニアのフーディニージャケットを選びました。軽量で持ち運びもしやすいです。防水性はありませんが多少の雨であれば大丈夫なようです。モンベルのダウンと合わせればかなり使えます。

速乾性のある衣類があれば海外旅行も楽になる
速乾性のある衣類があれば海外旅行も楽になる

旅行先でおしゃれしたいという考えが無いため、荷物の中でかさばる衣類はできる限り持っていきたくない。これは旅行だけ

靴下はモンベルの速乾性の高いものをチョイスしました。毎晩洗濯をします。そして翌朝にはカバンにしまわなければなりません。短時間でも乾く製品が望ましいのです。この製品はかなり乾くのが早いです。
Tシャツと下着は色々試した結果ユニクロのヤツが一番安くて便利でしたのでそちらを持ってくことに。

つづきまして生活用品です。
歯ブラシとか薬とか日常的に使うものをこちらに分類しています。

こちらはモンベルのトラベルキットパックです。
ほとんどの生活用品がこちらに入っています。

【手荷物軽量化】薬の入れ物変更でかさばる荷物を減らせる!
【手荷物軽量化】薬の入れ物変更でかさばる荷物を減らせる!

旅行時には爪も切るし耳もかくし髭も剃ります。お腹が緩くならないように整腸剤を持っていったり、頭痛が酷い時用に頭痛

薬はビオフェルミンとショコラBB、ロキソニン。それに高脂血症の薬です。ビオフェルミンとショコラBBは容器から出してカードサイズの収納パケに入れてます。こうすることでかさばらず軽量化できます。一応湿らないようにシリカゲルを入れてあります。ロキソニンと高脂血症の薬はそのまま入れてあります。

爪切り、耳かき、毛抜き、髭剃り、歯ブラシ。
これらは普通に市販されているものを持っていきます。歯ブラシは普段から使用しているヤツです。最悪これらは現地でも替えがきくものです。

こちらのフォークはユニフレームが出している折り畳みフォークです。

文明人はラーメンを手で食べずにフォークで食べる
文明人はラーメンを手で食べずにフォークで食べる

寿司は手で食べるのが粋である。回転寿司ではないところだと手で食べることを推奨しているところがあります。板前さんか

自炊などはしないため食器は不要ですが、ホテルでカップラーメンを食べたり屋台で買って帰ることもあります。
その際にフォークや箸が付いていないこともあるでしょう。こういうのがあると便利なので持っていくことにしました。

こちらは洗濯キットです。携帯ストラップの紐とクリップ、それにS字フックを使用します。
色々軽量化をして重さが27gになりました。

【手荷物軽量化】洗濯物を干すクリップ(洗濯ばさみ)の見直し
【手荷物軽量化】洗濯物を干すクリップ(洗濯ばさみ)の見直し

海外旅行に持っていく荷物の見直しを常々やっております。 できる限り軽量であること。そして機能的であること。

当初は結構かさばっていましたが紐を変えることで小さくまとめられました。

押すだけベープ、ニベア、目薬、カンファ―アロマオイル、空の容器。
こちらは虫よけやらスキンケアのものです。押すだけベープは蚊のため、カンファ―オイルは南京虫対策のためです。

トラベルキットパックの中に入っていませんがS字フック、ワイヤー、南京錠2個、延長コード、スマホ充電器、ポケッタブルバッグが日用品となります。
これらの物も厳選して選びました。

日用品総重量:1009g

【内訳】
トラベルキットパックM:50g
薬、爪切り、耳かき、毛抜き、フォーク、歯ブラシ、髭剃り:310g
小S字フック2個、紐、クリップ6個:27g
ニベア、押すだけベープ、目薬、カンファ―オイル、空容器:110g
ポケッタブルバッグ:163g
延長コード:171g
スマホ充電器:60g
ワイヤー:55g
S字フック15g
南京鍵:48g

つづきまして電化製品です。電化製品というのはタブレット関連のものです。

タブレットはsurfaceGOをタブレットケースに入れて持っていっています。
そのケースの中に入っているものです。軽量化のためにUSB typeCのコードに変換できるヤツを持っていく形にしました。

USBコードは何気に重い。いろんな機器に充電できる形を目指す
USBコードは何気に重い。いろんな機器に充電できる形を目指す

軽量化を目指すために新たなものを導入したり変えたりしております。今回は電子機器関連の見直しをしようと思います。

モバイルバッテリーは大容量のものを準備。

タブレットも急速充電できる「RAVPowerモバイルバッテリー」を購入
タブレットも急速充電できる「RAVPowerモバイルバッテリー」を購入

海外旅行にあるとよいのがモバイルバッテリー。容量が大きいとサイズも大きくなってしまいます。スマホもタブレットも充

海外でも電源は比較的確保できるのでここまで大きなもの入りません。バスでもUSBを挿せるところがありました。でも電力不足は不安なんです。安全に旅をするので重要なのは電波と電源です。これがあればとりあえずどうにか乗り切れるんです。そのため大容量バッテリーは持ってくこととしています。ここまで大きくなくても一回スマホを充電できるくらいのバッテリーはもっといた方がよいですよね。

PC製品総重量:1717g

【内訳】
surfaceGo:785g
ペンとマウス:98g
PC充電器:86g
PCバッグ:200g
モバイルバッテリー:400g
変換プラグ:50g
USBコード類:98g

あとはウエストポーチを持っていっているためそちらに荷物を入れてあります。
ウエストポーチの中身は

パスポート
財布
おしりセレブ
ノートとペン
扇子
手ぬぐい

以上となります。

ウエストポーチの総重量は600gです。

ウエストポーチは別腹として換算します。またスマホも別腹として換算しました。
それ以外を合わせるとバックパックの総重量は3988gとなります。

バックパックの重さは3kg台までいきました。
中国からミャンマーに行った際の荷物が5218g。
今年タイに持っていった荷物の量は4356g。
今回は3988g。

去年の荷物よりも1.2kg軽くなり、今年初めに行ったバンコク旅行よりも350g以上軽くなりました。

いやーだいぶ軽くなりました。移動の旅は終始バックパックを背負って移動します。山登りのように過酷ではありませんが長時間ずっと背負っているのならば1gでも軽い方がよいわけです。そんなわけで軽量なものを選んできました。とくに不便になるわけでもなく、むしろ機能的になったものもあります。こうやって人は成長していくんです。

でも、ひとつここで問題が起きました。

実は上記以外にも新たな荷物が増えたんです。それはミラーレスカメラです。

【ミラーレスカメラ】こんなご時世にSONYのα7IIを買うことにした
【ミラーレスカメラ】こんなご時世にSONYのα7IIを買うことにした

ブログを運営していく上で画像は重要な部分です。当初はできる限り画像なしで文章だけで表現したいという気持ちがありま

先日、ブロガーはやっぱりカメラだよな~といいながらネットでポチってしまいました。たしかにカメラの性能はよいのかもしれません。しかしこれを海外に持っていくとなるとまた荷物が増えるわけです。

カメラ機材総重量:1170g

【内訳】
カメラ本体:599g
レンズ:295g
備品(バッテリー2個、三脚、保護レンズ、レンズキャップ):370g

総重量はカメラ一式を合わせると5158gになるわけです。試行錯誤しながら軽量化を目指したのに、カメラを買ったことで初期の荷物と同じ重さとなりました。同じ重さになって手に入れられるのが綺麗な画質の画像だけです。たしかにブログでは写真は命ではありますが果たして手荷物を重くしてまで持っていく必要があるのでしょうか。

例えば写真を売ることができるのであればカメラを持っていくというのは有意義でしょう。カメラで飯が食えるわけですからね。しかし撮影技術の無いド素人がいくら頑張ってもよい写真が撮れるわけもなく、かといって今から撮影技術を上げようとする気概もないわけです。

なんとなくカメラ買ったんですが、結局はなんとなくだったわけです。
でもせっかく買っちゃったわけなんでやっぱり持っていくべきでしょうね。しかもカメラは盗まれやすいので防犯をさらに注意しなければならなくなりました。

今ではただのお荷物でしかありません。でもいつか「買ってよかった」と思える日が来るかもしれません。そんなわけで海外行くときは持っていきます。

つまり荷物の重さは変わらず5kgということです。
LCCの中には5kg以下というところもあるようです。現状だと5158gとポーチが600g。ポーチはどうにかこうにかできそうです。そしてオーバーしている158gもごにょごにょすればどうにかこうにかできそうです。でもやっぱりごにょごにょせずにクリアしたいですよね。そのため当面はこの158gをどうすべきか考えていきたいと思います。

ミニマリストの道はまだまだ始まったばかりです。

関連記事

そうだ、天竺に行ってありがたい経典をもらいに行こうじゃないか
そうだ、天竺に行ってありがたい経典をもらいに行こうじゃないか

これまでいくつかの国(基本的にアジア)を巡りました。 とはいっても飛行機で現地に行き、ホテルでのんびりして帰るという旅...

 
【ネット問題】中国を抜けるためにどうすればよいのだろうか【金盾】
【ネット問題】中国を抜けるためにどうすればよいのだろうか【金盾】

天竺に行きたい。 できれば東京から新幹線に乗って大阪か福岡あたりまで行って、そこからフェリーで中国大連あたりへ。そして...

 
レンタカーでANAのマイルを貯めて海外に行く方法
レンタカーでANAのマイルを貯めて海外に行く方法

当方、仕事で地方に行くことがあります。 北は宇都宮、西は清水あたりまでであればサンバーで行くのですが、それ以上遠くなると車...

 
【3kg台を目指せ】海外旅行の荷物軽量化計画
【3kg台を目指せ】海外旅行の荷物軽量化計画

ミニマリストになりたい。物欲の強い当方ですが時にはミニマリストになりたいと思うときもあるのです。出来る限り少ない荷物で生活し...

 
【液漏れ】海外旅行にVAPEを持っていかないワケ【飛行機】
【液漏れ】海外旅行にVAPEを持っていかないワケ【飛行機】

海外で一番の難点となるのがタバコ問題です。 日本国内では近年禁煙嫌煙となりつつありますが、日本だけでなく海外でも同じように...

 

Profile

Author:山林生活

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2020 山林生活 All Rights Reserved.