山林生活

‐湿度95%。サンバー荷室はほぼ水の中。‐

湿度95%。サンバー荷室はほぼ水の中。

蒸し寒いです。
当方の山林には小屋があります。しかし、残念なことに改装中のため寝泊まりはできません。
改装が始まって一年半経ちました。とくに作業は進んでおらず、終了の目途はたっておりません。
本当であれば今年の春に寝泊まりが出来るように…と言っていたのですが、ほぼ進まず。

このような状況なのは当方の不徳の致すところ。

かといって今後それの対策を講じることもなく、ただ単に「できていない」だけです。
まぁそんな感じで寝泊まりは車の中でしているわけですが、車内が快適ではないのです。

当方のサンバーは商用車の低ランク。
これを選んだのは安いからというだけですが、安かろう悪かろうで断熱効果はなく、防音効果もない代物でした。
そのため当方はホームセンターで買ってきた住宅用建材を隙間に埋め、快適な車内環境を整えたつもりでした。
そのかいあってか、移動時の騒音や温度変化には比較的対応できております。
しかし車中泊となると話は別です。

室温は日中に日が出ていると20℃くらい。湿度は60%程度。まぁ過ごしやすい感じです。
日が暮れるのは最近早くなってきているので17時には車内に籠ります。
動画を観たり、ラジオや音楽を聴いたり、またこのブログを書いてみたり。
酒を飲みながらダラダラと過ごします。

日が暮れれば急激に冷え込みます。
18時の時点の車内温度は16℃。室温は75%くらい。ちなみに外気温は10℃です。
まぁシェラフもあるので寝るのは苦ではありません。

20時。室温14℃。湿度95%。

湿度95%って。ほぼ水の中じゃないですか!?
そうなんです。これが今悩みの種となっているのです。
寒いため窓を閉める。そうすると湿度が上がる。かといって窓は開けたくない。

朝起きると鉄の壁は結露。
またパソコンが濡れています。紙類は湿っています。布もちょっと湿っぽいです。
これでは色々と問題が出てくるでしょう。

そのため除湿剤を購入。
荷室の広さは約800リットルほど。買ってきた除湿剤は一つ500リットルまで対応。
これを四つ使用します。これさえあれば完璧だと思ったのですが…。
一応除湿剤は機能しています。ただ間に合っていません。
除湿剤の仕様目安は二カ月ほど。当方、二日で塩化カルシウムがゲル状になっていました。
湿度は5%くらいは下がったでしょうか。これでは歯がたちません。

気密性を高めるために断熱材などを入れたのですが、気密性が高すぎて車内の湿気が外に逃げず。水浸しとなる結果になりました。
マルチシェードは室温を下げない、窓の結露を防ぐ点では効果がありましたが湿度は下がらないためこれでは意味がありません。
むしろ窓に結露が付かない分ほかのところが結露する、湿度が下がらない結果となってしまいました。

換気をするか、はたまた除湿器で何とかするしかないっぽいです。

除湿器には頼りたくない!

となると歯を食いしばり寒さに耐え続けるしかないっぽいです。

窓を開けて換気をすると湿度は70%以下まで下がります。もちろん温度は10℃以下まで下がります。
山林には炭も転がっているのでそれを利用しようとも思いましたが焼け石に水でしょう。
車中泊をしている人のブログなどを見ているとやはりこの問題に直面するようですね。

しかしこれといってよい解決策はないみたいです。
結局のところ窓を開けるしか方法は無いようです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
ガムテープの重要性-車中泊の旅弐拾弐日目-
ガムテープの重要性-車中泊の旅弐拾弐日目-

鳥取に入りました。当方これで沖縄を除くすべての県を訪れた形となります。 鳥取は仕事とかで行かない限り行く機会はないと思って...

 
なぜ、車中泊で旅をしようとしているのか
なぜ、車中泊で旅をしようとしているのか

なぜ、車中泊で旅をしようとしているのか? 最近では格安航空会社などもあり、海外に行ってもそこまで高い金額ではありません...

 
木更津うまくたの里に車中泊
木更津うまくたの里に車中泊

実家から山林に戻る際、そのまま山林に行って寝てもなんかつまんないし夜で道も怖いということで別の場所に泊まることに。 せ...

 
長崎から佐賀へ。車中泊における洗濯事情-車中泊の旅壱拾捌日目-
長崎から佐賀へ。車中泊における洗濯事情-車中泊の旅壱拾捌日目-

長崎について三日目です。 観光する場所が多すぎて長崎を出ることができません。 とりあえず朝7時から動きだしました。佐世保...

 
車中泊中の車の整備-車中泊の旅壱拾伍日目-
車中泊中の車の整備-車中泊の旅壱拾伍日目-

朝は寒くて起きました。 暑さ対策、防音対策としてサンバーのドアや天井に断熱防音材を入れましたが、エンジンを切って長時間...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.