山林生活

‐まずは山林の清掃から‐

まずは山林の清掃から

荒れた大地を開拓し、そこに小屋を建て畑を耕し自給自足な生活をしたいから山林を購入する予定だったのですが、買った山林にはすでに小屋が建っていました。また整地もされています。

当初の目的とは少し違いますが、まだやることは多そうです。
そもそも建築はおろかDIYすらまともにしたことがありません。
大工道具を握ったのは中学生の時の授業以来。いちから小屋づくりをしていたら途中で諦めていたかもしれません。そのあたりを考慮すると小屋ありで良かったのかもしれません。

どうやら土地の全所有者もわたくしと同じような考えの方だったようです。

手放した理由は高齢となり通うのがつらくなったからだとか。
そこには住んでおらず遊び場のような利用方法で、恐らく友人や家族とバーベキューをしたりしたのでしょう。
ちょっと違うところはありますが、山林を開拓したかったという気持ちは同じでした。

住むためではなかったのでいろいろと作らなければならないところ、直さなければならないところもありそうです。

当面の目標は水の確保、つまり井戸掘りです。
土地の中には小川はおろか湧き水もありません。
崖の下に農業水利はありますが、切り立った崖のため取水は難しそう。
ライフラインの一つである水の確保は急務なのでまずはこれから行っていこうと思います。

しかし井戸掘りなんて経験なし。機材なし。これに関しては業者に依頼をしようかと思います。

井戸のことはまた今度ということでまずは掃除からです。
内見のときはいろんな機材がおいてありました。
あわよくばその機材ももらえないかと思い

「いらないものがあったら置いてっていいですよ」

と全所有者には伝えておきました。
残してくれれば機材購入費が浮く!

と思っていたのですがほとんど持ってかれてしまいました。

残ったのは壊れたスコップと電気が必要な掃除機、そしてゴミです。

まずはこのゴミを片付けるところから始めなければなりません。

わたくしの出身地は川崎です。
「川崎の焼却炉は火力が強いから」という理由で燃えるゴミ、燃えないゴミという概念がありませんでした。
その後移り住んだ新宿もゴミの分別は緩いです。そのためゴミの仕分けが苦手です。

燃えるものに関してはその場で燃やしていこうと思います。あとは鉄くずとビニール、石材に分ければよいのでしょうか。。。一応管轄の役所のホームページを見つつ分けることにします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.