山林生活

‐山林で快適に過ごすために‐

山林で快適に過ごすために

寝るときはさほど問題ないのですが食事の時、コップが滑っていってしまいます。
山林のため傾斜地に停車。荷室は斜めっています。今日はこれを何とかしようと思います。

盛り土をして平らにするしかないかな。。。と考えていたらいいやつがありました。
前の所有者の置き土産です。

これを置けば多少は斜めから解放されるんではないでしょうか。

ただ置いただけですが比較的平行に近くなったのではないでしょうか。
これで寝床はオーケーです。

続いてトイレです。
山林を開拓している人の多くはコンポストトイレ的なものを作っているようですね。
当方もいつかはそんなものを作ってみたいです。まだまだそのレベルに達していないので簡易的なトイレを作りました。

【たった4ステップでできる!超簡単トイレの作り方】
1.スコップを用意します。
2.山林を見渡します。
3.掘りやすそうであまり通らない場所を選びます。
4.穴を掘ります。

穴を掘るだけです。トイレというよりもただの野グソですよね。
これまでは山林に滞在しても数時間程度。行き帰りの道中にトイレを済ませていました。
そのため小はその辺でしてましたが、大の経験はありません。ただ今後はここでしなければならないのです。

動物のフンなどその辺に転がっているので、郷に従うということでその変に転がしとけばよいのかもしれませんが、人糞です。
例え数秒前まで体内にいた我が分身だとしてもうんこはうんこです。ついうっかり踏んじゃったじゃシャレになりません。
そのため我が分身は地中の奥へ。母なる大地に帰すのです。

そうです。排泄は儀式そのものなのです!

そんな儀式のために穴を掘るわけですが、どうやら深く掘り過ぎると分解速度が遅いようです。
糞は菌やら虫やらによって分解され土になるわけですが、あまり深く埋めてしまうと分解する人たちがいなくなってしまうそうで。
かといって浅めにするのも産み捨てた我が子が見えるからいやですね。適度?な深さにして排泄したら土をかけるって感じでよいのではないでしょうか。

トイレ構想は山林を購入する前にいろいろと考えていましたが、机上の空論です。
うんこにお金はかけたくありません。
あちこちにするのは衛生上問題ですが、出しては埋めてを繰り返していればそのうち肥料にもなるでしょう。
とりあえず我が家のトイレは500坪あります。完成です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.