山林生活

‐サンバーの寒さ対策‐

サンバーの寒さ対策

寒いです。どんどん寒くなっていきます。そしていつものように雨。
クリスマスくらいの寒さということです。

子供のころ、秘密基地というのがありまして。
自宅の近くにある山の崖に周りの木などを集めて屋根を作り、基地にした思い出があります。
そこにはカピカピになったエロ本やら拾ってきたエロ本やらがあり、子供の勉強部屋のようなところでした。
いつものようにそこに行くとなぜか人サイズの人形が置いてありました。

妙に精巧にできた人形だな~。と小枝でつんつんしていたのですが。。。
たまたま雨風がしのげる場所だったためホームレスが行き着き、そこで凍死していたのです。

冬になると都市部でも凍死をする人がいるのです。
当方の山林はそこまで標高は高くありません。ただ都市部よりかは冷えるでしょう。
車の中といっても鉄の壁一枚で隔たれた空間。また気密性も低いため外で寝ているのと同じです。
屋根があるだけ。その時のホームレスとさほど変わりがありません。
変わったといえばエロ本がエロ動画になったくらいでしょうか。

現在、サンバーの中で寝ているわけですが、さすがに寒いです。
マットは車中泊の時に買った冷間マット。当然涼しく寝るためのものでしょう。
その下は鉄の板です。そのため床冷えします。なんとか床からの冷気を遮断したい。

スタイロフォームです。

今回使用したのは50ミリのスタイロフォーム。元々は天井につける予定で、

「薄いより厚い方が効果があるっしょ!」

という浅はかな気持ちで購入。無論サイズなどは測っておりません。
50ミリでは天井の枕木?よりも大きいため使用できませんでした。
つまり余った建材です。余っているのであれば使わない手はないということでサンバーにひきました。

サンバーの荷室の長さは1820ミリ。横幅は1240ミリくらい。
スタイロフォームは1820ミリの900ミリ。ちょっと足りないです。

そのため2枚のスタイロフォームを使い1240ミリ×900ミリを二枚。
1240×1800で作成しました。

本当はギチギチにした方が効果があるのかもしれませんが、ただ下に敷くだけでも効果があるみたいです。

これもまたホームレスの話ですが、比較的ホームレスの人は日雇いの仕事で建築現場に行くことが多いようです。
そのため建材についてある程度の知識があるようで。

「これ敷いておくと地べたでも寝れるんだよ」

という話を耳にしたことがあります。
ホームレスとなぜこんなに絡みがあるのかという点に関しては割愛しますが、スタイロフォームは底辺の味方です。

実際敷いてみた感想として、かなり使えます。
まず床が冷えません。むしろ自身の熱で床が暖かいです。

毛布
タオルケット

冷感マット
クッションマット
スタイロフォーム
鉄板

↑現在こんな感じです。
まさに床暖房。汗かくぐらいの温かさです。
これで寒さ対策はばっちりになったのではないでしょうか。
ワゴン車の人はスタイロフォームの利用を是非お勧めします。
ホームレス御用達の商品です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
車中泊で必要なもの。
車中泊で必要なもの。

予定通り車中泊の旅のための準備を進めております。人生初めてです。 仕事で車で寝ることはありましたが連日してそこに泊まるとい...

 
ドコモの料金を少しでも安くするために携帯料金の見直しをしてみた結果
ドコモの料金を少しでも安くするために携帯料金の見直しをしてみた結果

かねがね金がねぇ。 アフィリエイトの収益もたかが知れています。働かなければお金はもらえません。 しかし働く元気もなけ...

 
サンバー自作換気扇の再見直し。
サンバー自作換気扇の再見直し。

これまで車中泊に使っていた換気扇を先日改めました。 今度は取り外しが不要なタイプにしたわけですが、どうも換気扇の効果が低い...

 
【iPhoneでは土を耕せない】小屋暮らしはミニマリストには不向き
【iPhoneでは土を耕せない】小屋暮らしはミニマリストには不向き

スローライフな生活、ミニマルな生活をしてみたい。だから小屋暮らしとか山林暮らしとか憧れる!っていう人がなんだか周りに多いので...

 
【山林清掃】山は意外にゴミだらけ。不法投棄ゴミの掃除から
【山林清掃】山は意外にゴミだらけ。不法投棄ゴミの掃除から

荒れた大地を開拓し、そこに小屋を建て畑を耕し自給自足な生活をしたいから山林を購入する予定だったのですが、買った山林にはすでに...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.