山林生活

‐新宿しょんべん横丁(思い出横丁)に立ち寄る‐

新宿しょんべん横丁(思い出横丁)に立ち寄る

山林に行こうと思ったのですが仕事が立て込んでおり行けておりません。
というよりは寒くて行きたくないというのが本音でしょうか。今年もこのままいかず、年明けも行かず、年度が明けてから行く形になってしまうのでしょう。
山林に入っておりませんので、無論山林のお話ではありません。

当方、以前は新宿に住んでおりました。アジア最大級の繁華街?乗降人数は一日350万人という大きな街です。
新宿に住んでいた時はありがたみなど感じていませんでしたが、やっぱり便利ではありますね。家の近くに何でもあるっていうのはやっぱり楽です。
かといってそのために高い家賃を払うのはバカらしいですね。

そんな新宿に仕事の関係で立ち寄りました。
数カ月前に転居したばかりなのに店が変わっています。移り変わりもはげしいです。
久しぶりの新宿だから、仕事終わりに一杯一掛けようかと。

新宿で飲むとなると新宿三丁目、歌舞伎町、しょんべん横丁が多かったです。
三丁目はちょっとこじゃれた店も多いです。最近の三丁目は陰キャの当方が行くような場所ではありません。
歌舞伎町はちょっと大人な、大人といっても少し偏りのある、偏りがあるといってもすこし下世話なお店が多いです。
色々と迷った結果、しょんべん横丁を選びました。

しょんべん横丁というとそこで働いている人に怒られます。正式には思い出横丁、焼き鳥横丁です。
戦後物資が少ない中、闇市を行っていた場所なんだとか。そこには立ち飲み屋が点在し、焼き鳥や焼きとん、なんだかわからない肉を肴に酒を煽っていたそうな。
しかしそんな非合法の店舗が集まった場所だったため、トイレがない。
トイレがないためその辺で立ちションをしていたためしょんべん臭く、「しょんべん横丁」という名がついたのだとか。
現在は公衆便所が整備され、横丁内には小さな店舗が何軒かあり、駅近くということもあってか繁盛しているようです。
一時期この場所にビルを建てるなんて話もありましたが、その後どうなったのか定かではありません。

当方、横丁に来ると行く店は決まっています。
中華料理屋の「岐阜屋」、焼きとん屋の「うっちゃん」、うなぎ屋の「かぶと」。
この三軒です。ラーメン屋「若月」、そば屋「かめや」もたまに行きますが、大体決まったところを周ってしまいます。
もう10年近くこの店を順繰りと周っています。

新宿に住むようになった頃は「いろんな店に行ってみよう」という気持ちでした。
しかし街は常に変化します。またハズレも多いです。結果的に行く店も決まってしまいます。

そんな中本日は「かぶと」に伺うことに。

うなぎ屋と呼ぶべき店なのかは何とも言えませんが、ウナギを頭からしっぽまで出してくれます。
以前は横丁内にうな重を出す店もありましたが、そこは閉店。現在うなぎ屋と呼べるのは「かぶと」くらいでしょう。
一般的なうなぎ屋だと、ウナギのかば焼きがメインですが、同店はかば焼きはサブメニュー的扱い。
どちらかというと普段食べないような内臓系を出してくれます。闇市があった場所ですからね。「放るモン」を出してるってことなんでしょうか。
うなぎのエリや肝、レバーなどホルモン的なところが主です。串焼きです。飲み屋なんでご飯はありません。

飲み物はソフトドリンク的なものもありますが、酒、焼酎、ビールがメインです。
常連の人はキンミヤ焼酎にカウンターにある梅シロップをいれて飲んでいます。当方もそれに従い、飲んでいます。
※これがおいしいかどうかは個人的な意見が多いため当方は何も言いません。

店は10席程度しかありませんのですぐに混みます。でも飲んだらすぐに出るスタイルなんで回転は速いです。
また日中であれば比較的空いていることもあります。週末の夜は激混みなんで行ったことがありません。

隣にいた客が電話口でこんな話をしていました。

「先日の集まりで死んだのはカタギだったんですよ」
「それがカタギなんですよ」
「まずいですよね。カタギなんですよ」

…。

お宅様はお堅くないのでございますでしょうか?

これぞ新宿って感じですね。新宿で飯を食っているとよくある光景です。
堅かろうが柔らかろうが、手を染めていようが足を洗っていなかろうか呑んでるときは皆同じ。
平等に酒がふるまわれます。
隣にそんな人が座っていたとしても、「ボクハ、ナニモキイテナイ」と心の中で念じるだけでいいんですから。
危害を加えられるようなことはなく、普段と何ら変わりはありません。

当ブログは食べ□グ的なものではないため店の評価などは一切する予定もありません。
おいしいかどうかはご自身の口で確かめるのがよろしいかと思います。

新宿にはもっとディープなゴールデン街がありますが、10年住んでいて行ったのは数える程度です。
あそこは飯食うようなところじゃないですからね。所詮は元青線街だった場所なんで。

新宿を語りだすときりがないので今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
余った石膏ボードの再利用のための実験
余った石膏ボードの再利用のための実験

小屋暮らしのため、小屋を改修しております。前オーナーは山林小屋の壁をOSB内装用合板を使っていました。個人で作成したため隙間...

 
【太陽熱温水器】自作の朝日ソーラーじゃけん。
【太陽熱温水器】自作の朝日ソーラーじゃけん。

先日、シャワー室を作成しました。 [nlink url="/blog/b...

 
山林で酒盛りをはじめてみる
山林で酒盛りをはじめてみる

猿です。 この季節は人里近くまで降りてくるようです。 かなりの数当方の所有している山林にも表れます。 当方...

 
山林生活におけるラジオの重要性
山林生活におけるラジオの重要性

娯楽がない。もちろん山林なのでそんなのは当然です。あるのは木と土。そして獣と蜂くらいです。 どろんこ遊びも毎日は飽きち...

 
壁の穴を埋めて虫が入らないようにする
壁の穴を埋めて虫が入らないようにする

山林に住むと言いつつも住めるような状況にない小屋を修復し始めています。 ますは寸法を測ります。 当方どんぶり勘定なの...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.