山林生活

‐伝説の焼酎と言われた青ヶ島のあおちゅう‐

伝説の焼酎と言われた青ヶ島のあおちゅう

[更新日]

暑くなるとビールが飲みたくなってしまいます。
しかし山林ではビールは基本的に飲みません。
里に下りた時についでに買ってきて飲む程度でしょうか。

ビールは冷やして飲むのがよいのですが、当方の山林にはペルチェ式の冷蔵庫しかありません。
一応冷えるのですが、小さい冷蔵庫のためビールを入れる余裕がないのです。
またビールだと空き缶がどんどん溜まっていってしまいます。
それらを処理できる環境にいるわけでは無いので極力ゴミは少なくしています。

今後、ごみで出るアルミ缶を処理できるようになり、また冷蔵庫を大きく出来るようになればビール生活も。

しかしまだそれらの準備が整ってないのでもっぱら酒といえば常温保存が出来る蒸留酒になってしまいます。
さらには比較的安く手に入る焼酎です。

今回も焼酎の話題です。

コンビニで買える酒を。それをモットーに酒選びをしています。
あくまでも指針であって「絶対にコンビニで買えるもの」をというわけではありません。

コンビニで買える二階堂、いいちこ、黒霧島、白岳。
まぁこのあたりのラインナップで回しています。
最近は木挽なる芋焼酎もコンビニで売られるようになりましたね。
どれも大衆受けする無難な味。当方も大衆の内の一人なのでこれらの焼酎を愛飲しています。
しかし万人受けするように作られているだけあって、なんというかパンチがないんです。飲みやすく毎日飲んでいたとしても飽きないんですが、少しやっぱり物足りないところです。
でもコンビニで売っているわけですので、特殊なお酒を置くこともないのでしょう。これがコンビニ酒のデメリットでもあります。

先日、ホームセンターに寄った後、当方の所有する山林の最寄りにあるコンビニへ。
最寄りといっても山林から10キロほど離れた場所にあるのですが、そこでこんな焼酎に出会いました。

まさかの島焼酎です。普通であればコンビニで売っているようなものではありません。
島の焼酎と聞くと沖縄のイメージがありますが、これは東京都の焼酎になります。

青ヶ島という伊豆諸島の南の方。船かヘリでしか行けない人口200人ほどの小さな島で作られた焼酎です。そんな小さな島で作られた焼酎なので生産量も限られています。事実、プレミア焼酎とか言われていた時期もありましたからね。その焼酎がなぜかコンビニに売っていました。恐らくここのコンビニオーナーが置いたのでしょう。全ての店舗で取り扱っているとは思えません。
勝浦だから青ヶ島に近い?否、オーナーがただの酒好きなだけだと思います。
そもそも青酎を買う人も限られていると思うので…。

酒造りは酒造免許がなければ作れません。酒造免許なく作った場合、それは脱税となるわけです。島国のため酒を運べない。運べないなら自分たちで作ればよいじゃないか!?青ヶ島の人たちはそんな感じで自家醸造をしていたのでしょう。税務署も密造酒があることを認知していたものの、それを取り立てに行くにも渡航費がかかる。お金を徴収するためにそれ以上の費用をかけて渡航するのでは割に合わない。そんな感じで黙認されていたそうです。40年ほど前にやっと酒造免許を取得し、それにより島外にも出回るようになったのだとか。

当方、以前にこの焼酎は飲んだことがあり衝撃を受けました。

なんて臭いんだ。こんな酒、誰が飲むんだ。

当時はそのような印象でした。まだまだ若かったのかもしれません。
その当時は「度数が高くてきつい」という印象でした。
でも、年を重ねるうちに、「これくらいパンチが欲しい」という気持ちに。

そうなんです。この焼酎クセが強いんです。
度数が高いので結構きついかもしれません。
でも穀物の香り満載のためアルコール臭さはありません。
洗練された…という言葉は似合わず荒々しい。
オイリーな感じはアイラウィスキーっぽさも感じます。

まさに日本のアイランズ焼酎。

この臭い感じ。たぶん、これが焼酎の原点なんだろうなーと。
近年は蒸留技術も発達し、焼酎の臭みを抑えられるようになっています。減圧蒸留をすれば沸点が下がり、それによってにおいの成分を抑えられるのだとか。
穀物の香りを出来る限り抑えて、アルコールを抽出しているわけです。しかしそれではエチルアルコールを希釈して飲んだ方がよいですよねー。
穀物由来の香り、甘みがあるから個性ある焼酎ができあがるわけです。青酎はその個性の中で臭さを極振りした焼酎です。

ただ当方が若かったころはもっとクセが強い感じがしたのですが、これは年老いて味覚が変化したからなのでしょうか?
それとも青酎のちがうやつを飲んだのでしょうか。今回飲んだヤツよりももっと以前のはもっと強烈な印象があったのですが。

度数も高く、また焼酎の中では少しだけ値段も高いです。
気軽に飲むようなものではありませんが、クセが強いのが好きな方は是非ご賞味ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
山林で酒盛りをはじめてみる
山林で酒盛りをはじめてみる

猿です。 この季節は人里近くまで降りてくるようです。 かなりの数当方の所有している山林にも表れます。 当方...

 
ウィスキーの値段が高騰している問題について
ウィスキーの値段が高騰している問題について

当方酒飲みです。 いわゆる「飲む」「打つ」「買う」を地で行く社会不適合者なのですが、最近のお酒の値段について「高いなー」と...

 
Trois Rivieres1977を未開封で所持しています。
Trois Rivieres1977を未開封で所持しています。

ウィスキーの高騰問題の話をしていたら思い出しました。 某アイドルグループのテレホンカード。 「これを持っていれば...

 
【自家醸造】日本酒を國酒と呼ぶためには法改正が必要
【自家醸造】日本酒を國酒と呼ぶためには法改正が必要

「ENJOY JAPANESE KOKUSHU(國酒を楽しもう)」プロジェクト 五年ほど前に国家戦略局が提言したもので...

 
酒と尿-山林のトイレを考える-
酒と尿-山林のトイレを考える-

バーボンを片手に広大な山林を開拓する...。 嘘つきました。バーボンではなくテネシーウィスキーです。 嘘つき...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2019 山林生活 All Rights Reserved.