山林生活

‐あの臭いのするドライバー‐

あの臭いのするドライバー

車両のカスタムや小屋の改築でどうしても工具は必要となります。そのためホームセンターに行くたびに買いあさっているのですが、数を揃えるとなると金額も高くなってしまいます。何とか安くそろえられないかと考えていたところ思いだしました。以前当方はバイクを所有しておりました。というより現在も所有しています。ただいろいろな理由から乗っていません。昔は移動手段はバイク、どこに行くにもバイクという感じでしたが駐車監視員制度が出来てから路上駐車もできず、かといってバイク駐車場も街中には整備されておらずといった状態でそのまま乗る機会が減少。気がつけばバイク乗りではなくバイク持ちになっていました。バイクを購入した当初、自分の乗るものは自分で整備するつもりでした。そのためバイク整備用の工具を一式揃えていました。10年以上前のお話しです。そのまま実家の倉庫に押し込まれていましたが、やっと日の目を浴びる機会ができました。

そうだ、この使っていない工具を山林に持って行こう。と。

工具箱

工具箱一式セット、たしかバイク用品店のNAP’Sかなんかで購入したと思います。一定の工具が全て揃っているやつです。

素人は良い工具を使わなければならない。理由は安い工具だと壊すからということです。素人というより工具を使うことになれていない当方には必要な存在です。現状利用価値が無いものなので山林に持って行くことにしました。ただそのために工具箱を開けた時に思いだしました。この道具箱にはPBドライバーが入っているということを。

PB

PBはスイスのメーカーです。ドライバーの精度はしっかりしており、世界のトップメーカーです。しかし欠点が一つあります。それはドライバーの持ち手が臭いことです。理由はドライバーの樹脂素材が経年劣化で臭いを出すのですがその匂いはウンコのにおいがするのです。最近のドライバーは改善?されたようですが、当方が所有しているドライバーは以前のウンコ臭がするやつです。ツールボックスをあけるとこのにおいがしてきます。不快です。これは当方が所持しているドライバーに限らず、当時のものであれば全国共通の臭いです。しかもPBの本家サイトにも以下のような記述があります。

■時間の経過とともに異臭が発生するのが普通です。
■例外なく、ある程度の不快臭が発生するのが普通です。
■残念ながら、臭いの原因物質を取り除くことはできません。

臭いを消そうとファブリーズ的なものを吹きかけたこともありました。しかし臭いのもとが工具箱の中に入っている状態では効果はありません。しかもPB自ら「臭いはする」と開き直っている状態です。
この素材を使っている理由は「CAB 樹脂は、耐油性と耐ガソリン性、握ったときの抜群のフィット性、耐衝撃性などの特性に優れ、リサイクルに適しています。これらの優れた特性は、他のプラスチックでは得られません。」とあるのですが、実用性が高いといっても臭いがあれじゃあ実用性もなにもありません。においの出ないやつもあるようなのでそちらを購入しようと考えています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
携帯電話会社の見直しを検討してみる
携帯電話会社の見直しを検討してみる

SIMロック解除が思いのほか早く出来上がりました。 L-01GのSIMロックを解除するためドコモショップへ 話で...

 
ThinkPad13を車の中で充電してみる。
ThinkPad13を車の中で充電してみる。

当方が現在愛用しているのはThinkPad13です。 本当は国産のノートパソコンを買いたかったのですが、金額的に手が出...

 
セルラーモデルのipadの再利用方法。カーナビに利用してみた
セルラーモデルのipadの再利用方法。カーナビに利用してみた

サンバーバンを購入したわけですが、残念なことに何の設備もついていません。 当方、まだ山林に住んでおらず都内から定期的に...

 
ペルチェ式冷却器で車中泊用自作エアコンを考察
ペルチェ式冷却器で車中泊用自作エアコンを考察

夏本番ですね。もう暑くて何もやる気が起きません。 当方、寒いのが苦手です。そのため山林を買ったのも寒い山梨や奥多摩ではなく...

 
L-01GのSIMロックを解除するためドコモショップへ
L-01GのSIMロックを解除するためドコモショップへ

本日は雪がぱらついております。でも、山林にいません。 仕事の関係でまた俗世に戻ってまいりました。 一度離れるとやはり...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.