山林生活

‐千葉県での山林購入を目指すための道案内。‐

千葉県での山林購入を目指すための道案内。

[更新日]

山林を買いたい。できれば都内近郊で。
こんな感じで考えている人は多いです。当方もそんな感じで勝浦の山林を購入しました。
しかし、なかなかいいのが見つからない。いい物件だとしても金額が高くて手が出せない。
こんな感じで買いたいけれど買えず、どんどん日にちが過ぎている人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方のために役に立つ、いやちょっとだけ役に立つ、かもしれないことをお話ししようと思います。
ここんところ登記の話ばかりで見てくれる人が少ないです。でも山林売買の話になると極端に増えます。
また広告を見てくれる人もチラホラいます。これで生計は立てられませんが、サーバー代くらいは稼げそうです。

さて、都内近郊で山林を探すとなると伊豆、山梨の東側、奥多摩、秩父、そして千葉の南側になると思います。
伊豆の場合、バブル期の土地開発であまり良い物件がありません。またあったとしても少し高めです。
山梨に関しても西側、つまり北杜市などの長野寄りであれば比較的安くて大きな物件がありますが、東側は伊豆同様に高いです。
奥多摩と秩父がそんな中でも安い方ですが、市場には出回ってないので購入するのが大変です。

それに比べると千葉は比較的物件が多いです。アクアラインが出来たことで現地までのアクセスはしやすい環境です。
金額もほかの地域に比べると安いところもあります。そのため関東圏内で山林を探しているのであれば千葉がよいでしょう。

千葉の南側といっても広く、大きく分けると四つの地域に分けられます。

比較的都心に近い君津、富津、市原南部。
千葉の内房側にある鋸南町、南房総、館山。
千葉県内部および外房の夷隅、大多喜。
千葉県の南端の鴨川、勝浦。

富津、君津、市原は木更津を抜けてすぐの場所です。
そのためアクセスもしやすい場所です。ただ近いということは土地の値段も高いところがあります。
また住宅地も近くにあり、市街化調整区域に指定されていることも多いようですね。建物を建てるのにはあまり適しません。
ホームセンターとか大きなところもあるんで便利なんですけどね。便利ということはそれに比例して金額も高くなってしまいます。
テレビ番組「所さんのそこんトコロ」という番組で、東MAXこと東貴博さんがの所有する土地の開拓をしておりますが、その場所は富津でしたね。
お金持ちが所有するような場所ってことでしょうか。ここだとかなり都心と行き来しやすいんですけどね。
調べたところ、1000坪くらいの土地が100万円でありました。当方が探していたころからこの物件はあったような気がします。
当時はちょっと高かったですが値下げしたのでしょう。本当にこの物件が存在するか不明ですが、探せばこのあたりでも安い金額で手に入れられそうです。
山林の値段はあって無いようなものです。宅地にするのも造成が大変。かといって何かに使えるわけでもない。
そのため買う人もおらず、値段がどんどん下がるのです。いつが買い時かを見極めるのって難しいですよね。
保留していたら売れてなくなっちゃうことも。でも1000坪100万ならかなりお得ではないでしょうか。

続いて鋸南町、南房総、館山に関してですがこちらも館山道があるためアクセスしやすい環境です。
南房総と館山はリゾート地です。伊豆と同じような感じなんでこちらも金額は高めです。
そんな中、鋸南町は比較的土地単価が安く感じました。都心から近い千葉の山林で探すのであればこの地域は良いと思います。
当方も最初はこのあたりで物件を探していました。暖かいしアクセスもしやすいという理由で。
当時は鋸南町がどのあたりにあるのか全く知りませんでしたが、場所としてはベストです。
昨年、千葉に山林を購入したことで南房総あたりに行く機会も増えました。高速があると便利ですよね。
鋸南町は田舎っぽさがありますが、行きやすい場所です。
千葉で山林購入を考えている人はこの地域を探すのをお勧めします。

続いて夷隅、大多喜です。
高速を降りて30キロくらいでしょうか。下道で延々と進まなければなりません。
信号は少ないのですが、基本峠道のようなところを通らなければなりません。そのため結構時間がかかります。
またお店が周りに無いのが難点です。どうしても山林で作業をするとなると資材が必要です。
ホームセンターが近くにあるとよいのですが、この付近は大きな店舗がありません。
いすみ市の海際まででればカインズがありますが、ちょっと遠いですね。
ただ物件は結構あります。値段もお手頃です。
近くがゴルフ場とかのところもありますが、周りに何も無いような山林もありました。実際に現地で物件を確認したこともあります。
当方は最初、いすみ市の山林に決めていたのですが、いろいろありまして現在の物件を購入することとなりました。

最後に鴨川、勝浦です。
鴨川、勝浦といえばホテル三日月があります。栄えているのは海際です。御宿とかはサーファーのメッカみたいなところです。
ただ少し内側に入ればそこは山林です。このあたりは都心からのアクセスも悪いためゴルフ場もありません。
また比較的安い金額で購入できる物件も多いです。ホームセンターに関しては鴨川にあるカインズくらいでしょうか。
鴨川のカインズとイオンの100円ショップは良く行きます。
勝浦には資材を売っているホームセンターはないです。当方の所有する山林からホームセンターまでは往復40キロ。
遠いですが、こればかりは仕方がありません。また高速からも結構な距離があります。基本的に下道に降りて一時間ほど。
結構しんどいですね。

お金があれば理想の山林が見つけられますが、資力がないため妥協すべきところは妥協するしかないのです。
個人的にはもう少し都心に近い方が良かったかな?と思っています。
山林にずっといるつもりなのであれば遠くてもよいのでしょう。しかし所用で都心に戻らないといけない時もあります。
都心に帰るのは苦ではないのですが、一度戻ると行く気力がなくなってしまいます。

鋸南町でもう少し探せばよかったと思っています。あそこであればアクアラインに行きやすいです。
また金谷から横須賀方面にカーフェリーもあります。横須賀のホームセンターで買い物をしてフェリーで行くなんてこともできます。
千葉に山林を持つ者として、お勧めしたい地域の一つです。ぜひこのあたりで山林を探してみてください。

ただ千葉の山林のデメリットとしては河川が少ないということです。河川はあるのですが、千葉は高い山がありません。
山林といっても低い山ばかり。奥多摩とかであれば川の水が飲めるような渓流、清流がありますが、千葉は少ないです。
そのため川の水を使って…というようなことはできません。当方が所有する山林にも川が目の前にありますが、農業用水です。
他の河川も流れが緩やかのため、きれいな水とは呼べそうにありません。

河川はそこまできれいじゃない。アクアラインが通行止めになることがある。土日は渋滞。いろんなデメリットが千葉にはあります。

で、でも千葉は暖かいんだから。

探すとなるとまずはネットを駆使して不動産屋を当たるしかありません。
ただ不動産屋は客寄せ物件、おとり物件が存在し、山林に関しても同じように存在しない物件をサイトに載せているところがあります。
理想の物件があり、電話で問い合わせ。そして実際に不動産屋まで二時間以上かけて行ったのに「その物件売れちゃいました」と言われました。
電話で問い合わせた時に話せることをなぜわざわざ会ったときに、なぜこのタイミングでその話をするのかと声には出しませんでしたがずっとイライラしてました。
過去にも賃貸で部屋を借りるとき同じような扱いを受けました。そのため当方は不動産屋に対してあまり良い印象を持っていません。
もちろん良い不動産屋も存在するのでしょう。しかしこのように一部の業者によって悪い印象になってしまうのです。

このようにクソの役にも立たない不動産屋があるのは事実です。それでも現地を見てみなければ山林の良さは判断できません。
そのような不動産屋情報も共有したいのですが、名誉棄損とかになるのでここではお伝えすることはできません。
そのためよさそうな物件があればダメもとで不動産屋を尋ねてみてください。実際に存在するようであればほかの物件も聞いてみるべきです。
ネットには載らない、ネットには載せられないような物件も多々あります。とくに山林関係は金額が安いため不動産屋も力を入れていません。
良い物件を探すためにはパソコンの前で眺めるよりも現地に行って判断がよいでしょう。

外房の山林の魅力とは-山林を探す際の参考に-
外房の山林の魅力とは-山林を探す際の参考に-

外房で山林を買いたい。小屋を建ててそこで暮らしたいという人へ。外房の魅力をお伝えいたします。

ちなみにこの時期の山林は千葉でも寒いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
神奈川県で山林物件の購入を考えている方へ
神奈川県で山林物件の購入を考えている方へ

山林を探すのであればやはり都内近郊が望ましい。 距離が離れればその分地価は安くなるものの通うのはちょっと不便です。いっ...

 
山林を維持するために必要な費用とは
山林を維持するために必要な費用とは

先日は固定資産税の件についてお伝えしました。 [nlink url="/...

 
山林を低価格で入手する方法を考える
山林を低価格で入手する方法を考える

山林不動産は適正価格というのがありません。言い値です。実際に同じ地域でも値段のばらつきがあります。市場が安定しないからこのよ...

 
山林購入への道案内
山林購入への道案内

この山林生活ブログにはGoogleアナリティクスを入れています。 閲覧者がどれくらいいるのか、またどのページをよく見るのか...

 
それでもやっぱり神奈川で山林を買いたいって人は
no image

当方は千葉に山林を購入しました。しかし、もともと出身は神奈川です。 そのためできれば神奈川である物件を見つけたかったのです...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.