山林生活

‐【路地裏】上海小吃(シャンハイシャオツー)に行く【歌舞伎町】‐

【路地裏】上海小吃(シャンハイシャオツー)に行く【歌舞伎町】

[更新日]

新宿の歌舞伎町では以下のようなアナウンスが流れております。

歌舞伎町にお越しの皆さん。

女性と最後までできますよ言われ、ついていくとサービス内容が違っていた。
いい子紹介しますよと言われついていくと別人が出てきた。

このような被害があります。客引きには絶対についていかないようにしましょう。

歌舞伎町ではキャッチによる被害が多く、このような街頭アナウンスで注意喚起されております。
「キャッチは200%ぼったくり」、「やつらはカス」とか歌舞伎町内で少し過激なアナウンスが流れているわけですから、そんなキャッチには騙されないでしょう。キャッチについていく方がバカなんです。小学生ですら「知らない人にはついていっちゃダメ」ってことを理解しています。健全なお店で健全な遊びをすれば良いのです。ついていくのがバカ。そんな奴はもう一度小学校通いなおすべきです。

当方「言っていたことと全然違うじゃないか!!」

店員「うちはキャッチの人とは関係ないんでwww」

当方「このボッタクリが!最後までって言っくぁwせdrftgyふじこlp!!」

当方は過去、こんな感じでひと悶着した経験があります。
キャッチを見つけ出して警察を呼んで返金という形でその時は難を逃れたわけですが、バカみたいに騙されるやつというのがいるもんです。

あの頃はまだ若かった―。お金返ってきたんでノーカウントですよね?

当方のホームグラウンドである歌舞伎町です。
ホームでありながらこんな洗礼を受けているわけです。むしろホームだからこそそんな危険な橋を渡ろうとしたのだと思います。今になればよい思い出でこんな感じでブログのネタに出来るわけです。

ここは、新宿歌舞伎町。

煌々と輝くネオン。暗闇の中で艶やかなドレスに身を纏う女性。道の脇で酔いつぶれている男。喧嘩するホスト。
ありとあらゆるものがありながら、皆が皆一人で生きている虚無感がある街。

ホスト、キャバ嬢、ヤクザに中国マフィア。チャイニーズ、コリアン。最近では六本木から流入してきた黒人。観光で来ている白人。様々な人種が集まる日本の中心にありながらどこか日本とは少し違う感じの場所。

本日はそんな歌舞伎町のごくごく一部の場所をご紹介します。

場所はヤクザなイメージが強い風林会館の向かい。「思い出の抜け道」というところです。

新宿にも「センター街」があるんです。でも渋谷のセンター街とは少し様子が違います。

歌舞伎町に何度か来たことがある人は一度は目にしているでしょう。小汚ーい感じの一角です。バラックが立ち並ぶ昭和レトロという感じでしょうか。さすがに当方はその時代には生きていないのでそんな思い出はありません。

当方の歌舞伎町の思い出は前述の通り「ボッタクリ被害に遭った(未遂)」だけです。そんな思い出は忘れ去りたい。そんな気持ちで抜け道を通るわけです。

見てください。この抜け道。
明らかに抜けたらヤバそうな感じですよね。入ったら最後。もう元には戻れない。そんな魔境のような場所の感じがしますが、実際はそうではありません。かなりボロ...少し年季のはいった建物が建っているだけでごく普通?の飲み屋街です。

飲み屋街といっても抜け道自体の規模はかなり小さいです。店がどの程度あるのか不明ですが、恐らく10軒程度くらいでしょうか。本日は思い出の抜け道に隣接する店、「上海小吃(シャンハイシャオツー)」に行ってきました。

行ってきたといっても当方は長年通っています。常連を名乗れるほどは通っておりませんが、気が向いたときに行く。そんな感じでしょうか。看板の見た目はかなりヤバそうな感じで、中もヤバそうな感じです。でも普通の料理店です。

名前の通り上海料理です。当方は上海に行ったことはありませんが、ここに来ると上海を感じられるのでしょう。いわゆる中国料理から、サソリとかカエルとかのゲテモノ料理まで。メニューはかなりの数あります。

どれを頼んでよいかわからないんですが、当方はいつも「空心菜炒め」と「甘いパンみたいなやつ(揚げパン)」と「紹興酒」です。

紹興酒はホットに限ります。瓶のまま温める感じ。チャイナクオリティですね。

この甘いパンみたいなやつがおいしいんですよね。作り方不明、材料不明。小麦粉っぽいものが揚げてある食べ物。頼んでないのに出てくることもあります。
空心菜炒めも美味しいです。基本的に大皿料理が多いので、一人だと頼めないものが多数あります。いつも同じ料理。そのため当方は上海小吃のほんの一部しか知りません。

店内では中国語と日本語が混ざった言葉が飛び交っています。岩井俊二監督のスワロウテイルの「円都(イェンタウン)」、大友克洋氏の「AKIRA」に出てくるネオ東京のような世界感があります。店員には日本語がダメな人もいるんだとか。ちなみに店長は玲子ママという方で、出前とかで近隣店舗に配達するみたいで歌舞伎町の店に詳しいです。その辺の客引きに声をかけるより、ママに聞いた方が良い店紹介してくれるかもしれません。

本日はこんな感じで不夜城、歌舞伎町の一角に訪れました。
歌舞伎町って大きな街のように感じますが、一丁目と二丁目しかない小さな街なんです。そんな小さな町に小さな店舗がひしめき合っているんですよね。いろんな店があるものの、出来ては潰れの繰り返しです。そんな中で長く続けられている上海小吃は良い店なのでしょう。

ということでここは歌舞伎町です。
知らない人が~♪おいでおいでしてるわけです。
当方は男の子です。そして冒険者です。そのためそれについていくわけです。

「最後までって言っくぁwせdrftgyふじこlp!!」

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
【山陽小野田】干潮のときに行けるくぐり岩を見に行く【山口観光】
【山陽小野田】干潮のときに行けるくぐり岩を見に行く【山口観光】

山口に来ております。山口には車中泊で西日本を周る旅で立ち寄りました。立ち寄ったといっても帰るために通り過ぎた感は否めません。...

 
【藤沢新地】遊廓の跡形もなくなりマンションだけとなった辰巳町
【藤沢新地】遊廓の跡形もなくなりマンションだけとなった辰巳町

鎌倉に来ております。 神奈川県の小学校に行っていたのであれば必ず来るであろう古都鎌倉です。所用で訪れました。 ...

 
御苑内は撮影禁止!?200円から500円に値上げになった新宿御苑
御苑内は撮影禁止!?200円から500円に値上げになった新宿御苑

暖かい季節となりました。当方は冬が嫌いです。理由は寒いから。寒いと何もやる気が起きません。人間が冬眠できるのであれば冬場は活...

 
一人でブルーシート敷いて花見してたら、それはホームレスではないか?
一人でブルーシート敷いて花見してたら、それはホームレスではないか?

また名古屋に行くこととなりました。前回は滞在時間も短かったのですが、今回は宿泊するためとんぼ返りではありません。 とい...

 
リバーサイドシティにあるブルーハウス多摩川という建物
リバーサイドシティにあるブルーハウス多摩川という建物

多摩川の河川敷に来ております。 本当であれば川崎駅の方まで行こうと思っていたのですが、夏の日差しは当方のやる気と元気を奪っ...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2019 山林生活 All Rights Reserved.